2018/2/12

4353:伊豆箱根鉄道  

 3両編成のトレインはその身軽さを活かして、軽快に走り出した。走り出してすぐに西武多摩湖線の踏切に捕まった。

 その踏切はすぐそばに駅があり、白地に青いラインが入った電車が止まっていた。その車両は伊豆箱根鉄道で普段は走っている車両であるとチームメンバーが先日ツイッターに写真をあげていた。

 少し前には通称「赤電」と呼ばれる、古い時代の塗装を施した車両を走らせて鉄道マニアの話題を集めたが、今度は同じグループの伊豆箱根鉄道の開業100周年を記念してのコラボレーションのようである。

 玉川上水に沿って西へまっすぐに進み、天王橋の手前で左へ折れた。今度は南へ向かった。道は所々ウェットで、こういう路面状態の時にはタイヤが跳ね上げた泥がロードバイクについて汚れる。

 多摩大橋を渡った。滑らかな曲線を描く赤い橋梁が印象的な大きな橋を渡るとき、空が晴れ渡っていれば富士山が見えるが、今日は雲に隠れていた。

 橋を渡り終えて2度ほどアップダウンを繰り返した後、いつものセブンイレブンでコンビニ休憩をした。

 今日は暖かいので、補給食に合わせる飲み物はホットコーヒーではなく、ヨーグルトドリンクにした。

 ここでウィンドブレーカーを脱いだ。その後ウィンドブレーカーは着用することがなかった。2月のロングライドとしては異例のことである。

クリックすると元のサイズで表示します

 セブンイレブンの店舗の壁面にはKuotaが2台仲良く並んだ。今日はもう1台のORBEAもブラックであり、色合いが統一されていた。

 コンビニ休憩を終えて、リスタートした。甲州街道まで達して右折、大和田橋を渡った。渡り終えたところで浅川サイクリングロードに入った。

クリックすると元のサイズで表示します

 浅川サイクリングロードは浅川に沿って延々と続いている。この道を終点まで走り終えて、再度甲州街道に出た。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ