2018/1/7

4317:初ロング  

 「きっと、寒いだろう・・・相当に・・・」それは事前に分かっていたことである。この真冬の時期に、ロングライドに参加するために朝の6時にベッドから抜け出すには、それなりの踏ん切りが必要である。

 ベッドの中は暖かい。このままベッドの中でぬくぬくと惰眠を貪るほうが、ベッドから飛び出すよりも明らかに天国度は高い。

 しかし、ベッドからこのまま抜け出ないと、それはそれできっと後悔するであろうということも分かっている。

 ということで、「えいやっ・・・!」という感じでベッドから一気に抜け出た。そして1階のリビングに降りて行って、サイクルウェアに手早く着替えた。

 朝食を摂って、歯を磨き、顔を洗った。そして6時半から8チャンネルで放送されている「早く起きた朝は・・・」をゆっくりと観た。

 その番組が終わるのは7時である。その番組が終わると同時に自宅を後にした。Kuota Khanにまたがり、走り始めた。

 当然のことのように寒かった。手の指はやがて痛みを発した。これはあらかじめ分かっていたことであったので、それほど辛いとは思わなかった。

 「真冬だからね・・・寒いのは当然・・・」といった開き直りが身についていた。そうでないと、こんな寒い空気の中をロードバイクで走ろうとは思わないであろう。

 集合場所のバイクルプラザに到着した。チームでのロングライドは今年初である。その「初ロング」の目的地は奥多摩湖に決まった。

 チームで行くコースとしては比較的緩めのコースである。正月休みで体はどうしても鈍りがち。しかも、正月休みの後はやや体重が重くなるもの。ということで、ハードなコースは選択されなかった。

 今日の参加者は7名であった。Kuotaは私の1台のみであることが多いが、今日は2台であった。最近加入したメンバーのロードバイクはKuota製のものであった。ちょっとうれしかった。

 多摩湖サイクリングロード、青梅街道、岩蔵街道と走っていった。気温は低いままで走れど走れど体は暖まらなかった。

 特に岩蔵街道に入ると風はしっかりとした向かい風が吹いてきた。寒いうえに向かい風・・・それは真冬の風物詩といえるのかもしれない。

 圏央道の下をクランク上に潜り、「今井馬場崎」の交差点を左折して青梅方面へ向かった。JR青梅線の踏切を渡ってから、JRの線路に沿って道をひた走った。

 周囲の風景は徐々に移り変わっていき、鄙びた雰囲気が辺りを支配するようになっていった。このコースを走る場合の休憩ポイントは御岳駅近くのセブンイレブンである。

 上り基調の道を進んでいくと、ようやくそのセブンイレブンが見えてきた。その駐車場にはオレンジ色のロータス エリーゼが停まっていた。コンパクトで背の低いその姿はカッコいいが、乗り込んだり降りたりする際には相当苦心しそうなプロポーションをしていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ