2017/9/4

4193:神戸岩  

 拝島駅そばのファミリーマートに到着した。ここでいつものようにコンビニ休憩をした。トイレを済ませ、補給食を選択した。

 選択した補給食は「ベーコンレタストマトサンド」。このサンドイッチに使われているパンは耳が残されている。パッケージには「耳まで美味しい!」と得意げに印刷されていた。

 少し値段は高いが、なかなかクオリティーの高いサンドイッチである。これは確か今年になってから発売されたもので、「定番」にしてほしいサンドイッチである。

 コンビニ休憩をしていると、1名のメンバーが合流した。これで7名となった。7両編成のトレインは先へ進んだ。

 睦橋通りを走り、そして檜原街道を走った。天候が良いからであろう、ローディーも頻繁に見かけた。「スポーツの秋だからな・・・」と心の中で思った。

クリックすると元のサイズで表示します

 市街地を抜けると、道はやがて「陰地」に入っていく。ひんやりとした空気の中を疾駆していくと、檜原村役場が右手に見えてきた。

 村役場の少し先の「橘橋」のT字路交差点を右折して、檜原村の有名な豆腐屋さんである「ちとせ屋」の前を通り過ぎた。

 しばし上り基調の道を走ると、青い欄干を持つ橋が見えてきた。その橋の手前を右に曲がった。そして道は徐々に「秘境感」を増していった。

 「ロッジ 神戸岩」を左手に見ながら先へ進むと、道の周囲の木々は高くなり、その密度も増してきて、走る道はとても趣のある林道になった。

 そして、「神戸岩」に着いた。その巨大な岩の構築物を見上げるようにした。古びた橋の欄干にロードバイクを立て掛けて、そのパワースポットでしばしの時間を過ごした。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここから「大ダワ」までは6kmほど上らなければならない。ここから先は道の状況はあまり良くないようで、斜度もしっかりとあるとのこと。

 しっかりと上り切れるように神戸岩からパワーを貰おうとしたが、脚はやはり疲れて重いままであった。

 「今日はペースが上がらないだろうな・・・」

 そう思いながら橋のすぐ向こう側の小さく暗いトンネルを通った。トンネルの中は真っ暗で少々怖い・・・実はこのトンネル、心霊スポットだったりする。

 いろんな意味でひやっとする暗いトンネルを抜けると、しっかりとした上りが始まる。道は事前に聞いていたとおり、結構荒れていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ