2017/8/16

4174:正丸丼  

 「正丸丼」は売り切れてしまうことがある。今日は人数も多かったので少し心配であったが、「11人分大丈夫ですか・・・?」と女将に確認すると「大丈夫です・・・」との返答であった。

 ほっと一安心して「奥村茶屋」の中に入っていった。店のなかは広い。天気のせいか客の姿は少なかった。

 店内は風が吹き抜けていき涼しかった。窓からはやや霞んだ山々の風景が広がっていた。しばし待っていると順番に11人分の「正丸丼」が運ばれてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「これ・・・これ・・・」と心の中で呟きながら、テーブルに置かれた「正丸丼」を眺めた。サラダ、お味噌汁、お新香も付いてくる。

 甘辛い味噌で炒められた豚肉は実にご飯に合う。意味もなく「ご飯に合う・・・ご飯に合う・・・」と心の中で繰り返しながら、豚肉と白いご飯を咀嚼していった。

 一旦止んだ雨はまた降り出した。その雨が降る様子を眺めながら、「しかしそれにしても8月は天候が変だ・・・なんでこんなに雨ばかりなんだ・・・」と思った。

 猛暑ライドは辛い。それは確かである。例年であればこの時期は「猛暑ライド」になることが多いが、今年の夏はその点は助かっている。

 しかし、雨も嫌なものである。これで私は3回連続で途中から雨に降られたことになる。ロードバイクと雨の相性は決して良くない。

 昼食休憩を終えて、帰路についた。雨の中下るので、ウィンドブレーカーを着込んだ。路面が濡れているので、慎重に下っていった。

 山王峠・笹仁田峠を経由して帰るコースを選択したので、二つのミニバトルポイントが待ち構えている。

 どちらも上る距離は短いが、短いがゆえに瞬間的にかかる負荷は重い。300ワット以上のパワーで、どちらも上っていく。

 そしてどちらもゴール前でさらに負荷を上げて350ワット以上のパワーでスパートする。両脚の筋肉はそのパワーを発するために、じりじりと発熱する。

 二つのミニバトルポイントも無事にやり過ごした。最後までだれることはなかったので、スタミナ的にもまずまずのようである。

 2週間後は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」である。不順な天候が続いているので天気が少々心配である。

 20km以上の坂道を上り続けるので、スタミナが必要になる。脚も体もきつくなる後半に入ってもだれることなく、走り切れることを願いたい。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ