2017/8/14

4172:COLNAGO  

 今日のロングライドには初めてチームのロングライドに参加する女性メンバーがいた。その彼女のロードバイクは、COLNAGO Mondo。色は赤である。

 そして、2名のチームメンバーがCOLNAGO V2-Rを発注済みとのこと。今、バイクルプラザR.T.ではCOLNAGOがきているようである。

 実は私もCOLNAGOに乗ったことがある。初めて購入したロードバイクがCOLNAGO CLXであった。コンポーネントはShimano 105が装着されていた。

 COLNAGO CLXに乗っていたのは3年間。その間は、週末に1時間かけて多摩湖のサイクリングロードを2周していた。

 COLNAGO CLXに乗っている時には、長い距離を走ることはなく、ヒルクラムに挑戦することもなかった。その後、ORBEA ONIXに乗り換えた際にチームに入れてもらった。

 ということで、COLNAGOには多少思い入れのある私としては、チーム内でCOLNAGOが急に注目を集め始めたことは、嬉しいところである。

クリックすると元のサイズで表示します

 山伏峠の上り口までは上り基調の道が続く。空を覆う雲の色合いはやや灰色が濃くなってきていた。

 やがて見慣れた山伏峠の上り口に到着した。公衆トイレでトイレ休憩をした。しばし脚を休ませた後、3名のメンバーが先行スタートしていった。初めてロングライドに参加したメンバーも先行スタート組に含まれていた。

 普通5分ほど経過してから後発メンバーがスタートするが、先行メンバーがスタートして5分ほど経過したので、「そろそろ行きますか・・・」と走り出そうとした時に、雨が急に降り出してきた。

 そこで、後発スタートメンバーは引き返して一旦雨宿りをすることに・・・雨が小止みになるのを待った。

 8月に入ってから天候がおかしい。ぐずついた天気が続いている。まるで梅雨のような気候である。

 少し雨が弱くなってきたので、後発スタート組も重い腰を上げることにした。雨に濡れながらヒルクライムのスタートである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ