2017/4/20

4056:帰路  

 柳沢峠を上り終えて、しばらく休息した。普段はほとんど飲まないが、体が疲弊しきっているとコカ・コーラを飲みたくなる。

 峠の茶屋に設置されている自販機でコカ・コーラを購入した。500mlのペットボトルで160円であった。

 がらがらとコカ・コーラが落ちてくる音がして、それを下の口から取り出した。そして東屋に座ってそれを一気に飲んだ。美味しかった。疲弊した細胞の一つ一つに染み込んでいくかのように感じられた。

 メンバー全員が上り終えてから記念撮影を済ませた。峠の上では風が吹いていた。その風にずっと当たっていると少しばかり肌寒くなってきたので、ウィンドブレーカーを取り出した。

 下界は暑いが、標高が1472mである柳沢峠の頂上は涼しかった。これから長い下りである。柳沢峠の下りでは一度落車したことがある。

 体が疲弊している時は注意力も散漫になりがち、安全運転で下らないといけない。気を引き締めて下り始めた。

 しばらく下ったところでバイクが転倒事故を起こしていた。パトカーが停まっていてバイクからはガソリンが漏れ出ていた。そのバイクのそばでライダーは座り込んでいた。その脇をスピードを落としながら通り過ぎた。

 今日はここまでノントラブルできている。パンクもない。最後までトラブルなしで走り切りたいところである。

 下りはほとんど漕がないので脚は楽であるが、上半身は結構疲れる。スピードもかなり出るので気も張る。18kmを下って往路で休憩した「道の駅 たばやま」を通り過ぎた。

 ここからは下り基調の道を進んだ。古里駅そばのセブンイレブンまで一気に走り切って、休憩をした。

 ここまで来るとほっとする。体の疲労感はかなりの高濃度である。スタミナには比較的自信がある方であるが、今日は相当に疲れていた。やはり昨日のテニスの疲れが効いているようであった。

 ここで補給食をしっかりと摂った。そしてリスタート・・・お尻が痛かった。結構な距離を走ってきたので、座骨とサドルが接触する箇所が痛い。

 時折腰を浮かせてその痛みを軽減させて進んだ。皆疲れているはずであるが、先頭を引く番になると頑張る。
 
 帰路のトレインのスピードは落ちることなく、快速で走り続けた。ようやく道は東大和市に入った。皆と別れるポイントが近づいてきた。

 旧青梅街道沿いのセブンイレブンで私は本隊から分離された。「お疲れさま〜」と挨拶して、単独ですぐ近くの自宅へ向かった。

 自宅に帰りついた。ずっしりと体にへばりついた疲労感は重かった。久し振りに疲弊しきった。今日はもう何もしたくない気分であった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ