2017/4/15

4051:クールグレーカーキ  

 SUBARUの新型XVは、4月6日に正式発表を済ませ、5月24日より発売開始になる。 先行予約は3月8日から受付を開始している。すでにかなりの数のオーダーが入っていて、今予約しても3ケ月〜4ケ月ほどの納車待ちになるとのこと。

 人気が出るであろうことは、発売前から分かっていたことである。カテゴリーは、今一番の成長が望まれる「コンパクトSUV」であり、べースとなったのは、昨年日本カーオブザイヤーを受けたインプレッサである。

 そのイメージカラーは「クールグレーカーキ」。正式発表の場となったジュネーブモーターショウでもその色の車がメインで展示された。
 
 そして「好奇心を忘れない大人たちへ。」というメッセージとともにテレビ画面に流れるCMでも同じ色合いのXVが登場する。

 この「クールグレーカーキ」という色・・・淡くグレーが入った水色という表現でいいのであろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

 日本車でこの色合いをイメージカラーとして前面に押し出してくるというのは、かなり珍しいのではないか。

 この色合い、私は好きである。マットブラックと組み合わせるととてもシックである。優しい表情をしながらも、どこかしらキレも秘めているといったイメージを受ける。

 車のボディーカラーに関して日本ではホワイトがダントツで一番人気である。その順位とシェアは、1位:ホワイト(31%)、2位:ブラック(19%)、3位:シルバー(14%)、4位:グレー(9%)、5位:ブルー(8%)となっている。

 SUBARU XVのイメージカラーである「クールグレーカーキ」は、この分類としては「ブルー」に入るのであろうか、あるいは「グレー」か・・・

 色合いとしては「水色」に近いから、大まかな分類としは「ブルー」のような気がする。しかし色合いの名称には「グレー」と入っている。

 この「クールグレーカーキ」、不動の人気色のホワイトに対してどれほど善戦するのであろうか、ちょっと応援したくなるような色合いである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ