2017/4/14

4050:新型POLO  

 事務所の営業車として活躍しているVW POLOは納車からもうすぐ丸6年が経過する。走行距離はまだ30,000km程であるのでまだまだ現役で頑張れるはずである。

 そのPOLOは本国ドイツでは今年にフルモデルチェンジの時期を迎えるようである。インターネットでは今年の夏ぐらいに、新型POLOが正式に発表されるであろうという情報が入ってきている。

 そしてつい最近のことであるが、その新型POLOの写真がインターネット上にリークされた。その写真がこれである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 「えっ・・・ほとんど現行型と違わないんじゃない・・・フルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジみたいに感じられる・・・」というのが、その写真を見た第一印象である。

 注意深くその写真を検証するともちろん変更点はあるのであるが、ぱっと見は実直なまでのキープコンセプトである。

 フロントライトの形状は確かによりシャープになっている。リアビューも少しばかり若返っている。

 しかし、その受ける印象が大きく変わるということは全くない。現行型のオーナーにとってはある意味嬉しいフルモデルチェンジと言えるかもしれない。

 それだけ現行型POLOのデザインが相当煮詰まっていて完成度が高いという証明になるのかもしれない。

 同じBセグメントに属し、ヨーロッパではPOLOと良いライバル関係にあるシトロエン C3が新型になってがらっとそのデザインを変えてきたのとは好対照である。

 C3の大幅な刷新ぶりなどと比較すると新型POLOは新鮮味に欠けるとも思えるが、本来VWは極めて保守的なメーカーであるので、今回のPOLOのフルモデルチェンジは、いかにもVW流のフルモデルチェンジと言えるのかもしれない。

 新型のインテリアの情報はまだ入手していないが、インテリアも計器類がデジタルディスプレイにはなるであろうが、全体の印象は大きく変わらないであろう。

 本国で今年の夏頃のモデルチェンジであれば、日本に新型POLOが入ってくるのは来年の早々であろう。その時期には私のPOLOも7年目が近づいてくるので、新型POLOは相当気になってくるはずである。

 新型のリーク写真を眺めながら「やっぱり次もPOLOかな・・・・いやそれではあまり新鮮味がないから、思い切ってC3という選択肢もあるかな・・・」そんなことを考えていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ