2017/2/28

4005:252ワット  

 「数馬」までは隊列をキープして無理のないペースで走ってきた。「数馬」にある公衆トイレでトイレ休憩をしてから、ゴールである都民の森の駐車場を目指す。

 距離は4.5km程で、もう下りが挟まることはなく、しっかりとした斜度の上りが最初から最後まで続く。

 このコースを目一杯で走るとタイムは18分ほど。今日も平均パワーに着目して、イーブンペース走行で行く予定であった。

 前々回の時坂峠、前回の山伏峠と平均パワー走行で上ってみた。大体いつも目安は250ワットである。

 サイコンにはラップ機能がある。ラップボタンを押すと、押してからのタイムや距離、そして平均パワーをチェックできる。

 その平均パワーに着目しながら、序盤からしっかりとした負荷をかけて走る。ペースは途中で変えることなく、最後まで走り切る。いたって簡単明快なヒルクライムである。

 250ワットで走行できるのは20分程度が限界であろう。Mt.富士ヒルクライムでは1時間半ほどの時間を走る。その場合は220ワットぐらいの平均パワーであろうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 スタートした。「数馬分校前」という看板が掲げられた信号機の下を通った際にサイコンのラップボタンを押した。

 ここから負荷を少しづつ上げていった。サイコンの小さな画面に表示されるラップパワーは徐々に数字が大きくなっていった。ラップパワーのすぐ左側には瞬間パワーが表示される。こちらは数字がころころ変わる。

 前半を経過した。ラップパワーは250ワットまで達した。序盤は皆ペースを抑えるためしばし私が先頭を引いていったが、途中から3名のメンバーがペースを上げて前に出ていった。

 その3名の先頭集団から少し遅れながら私ともう一人のメンバーが続いた。途中道路工事の為片側一方通行になっているエリアがあった。

 ガードマンが一人立っていた。先頭集団の3名は通行できる右側のエリアに入り込んでいった。急がないとそのガードマンに止められるかもしれないと思い、ペースを上げた。

 幸い止められることはなかった。ここで止められるとリズムが狂う。そのエリアを抜けてまだまだ続く上りを走った。

 視線の先には上っていく道が見える。鬱蒼とした木々に覆われた峠道の場合、道の先はよく見えないことが多い。

 しかし、都民の森までの坂道は広く、視界が開けている。結構先まで見通せる。体が疲れてくると、「まだあんなにの上るのか・・・」とその景色が少々心に重くのしかかることがある。

 今日もそんな気分になった。ラップパワーは後半に入っても予定通り250ワットほどで推移していた。それを落とさないようにする事を唯一の心の支えにしながら、後半の厳しい上りを走った。

 道は終盤に入った。残り1kmの看板が頭上に見えた。ここからが頑張りどころ。3名の先頭集団も縦に少しばらけていた。

 まだまだ差があるが、視界の先にはしっかりと先頭集団の背中が捉えられていた。上級者は今はオフシーズンであるので調子を落としている。

 ようやく、都民の森の駐車場が視界の先に入ってきた。この段階でダンシングに切り替えた。すぐ前を行くメンバーには追いつけそうにはなかったが、鍋料理の締めにうどんか雑炊をいただくかのように、約束事としてラストスパートした。

 駐車場の入口に到達して、ラップボタンを再度押した。数馬分校前の信号機から都民の森駐車場までの距離は4.33km、タイムは18分9秒、そして平均パワーは252ワットであった。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/2/27

4004:トルティーヤ  

 冬は空気が夏に比べて重い。空気抵抗も夏よりも10%程度増えると言う。9両編成のトレインは数キロごとに先頭交代する。先頭を引く順番が回ってくると、同じスピードであっても心拍数が隊列の中にいる時よりも上がる。

 玉川上水に沿って西へ走っていくと、いつもの休憩ポイントである拝島駅近くのファミリーマートが見えてきた。

 ここで、コンビニ休憩をした。トイレを済ませ、補給食を摂った。ロードバイクで走っているとお腹が空く。適宜エネルギー源を補給しないとガス欠になってしまう。

 セブンイレブンでは「ブリトー」という商品名であるが、ファミリーマートでは「トルティーヤ」という商品名で出ている「トルティーヤ ハム&チーズ」を選択した。

 セブンイレブンの「ブリトー」も美味しいが、ファミリーマートの「トルティーヤ」も頑張っている。

 ボリューム感は「トルティーヤ」の方が上か・・・味はそれぞれ個性があり、個人的な好みで勝敗を分けそうであるが、「トルティーヤ」の方がチーズの主張が強め。

 全体のバランスの良さでは「ブリトー」が勝っていて、チーズの主張度では「トルティーヤ」が勝っている。まあ、引き分けというところか・・・

 コンビニ休憩を終えて、睦橋通りを走っていった。睦橋通りに入ると、ローディーの姿を見る機会が増えるのであるが、今日はほとんど見かけなかった。

 睦橋通りでは赤信号でのストップ・アンド・ゴーを何度も繰り返しながら走った。武蔵五日市駅まで辿りついてその前を左折した。

 檜原街道に入っていくと周囲の風景はより鄙びたものに変わっていく。市街地はすぐに果て、周囲は緑が覆ってくる。

 檜原街道の公衆トイレでのトイレ休憩を挟んで、さらに檜原街道を進んで行くと、「橘橋」のT字路交差点に達する。

 この交差点を左折すると目的地である「都民の森」までは21kmである。この「橘橋」の交差点から都民の森の駐車場までの「21kmタイムトライアル」は、一度チャレンジしたことがある。

 60分が目標であったが、その時は残念ながら60分は切れなかった。また、いつかチャレンジしてみたい。

 チームで走る時には、「数馬」までは隊列をキープして無理のないペースで走っていく。「数馬」からゴールまでの4km程はバトルモードで走る。

クリックすると元のサイズで表示します

 「橘橋」からは上り基調のアップダウンが続く。「21kmタイムトライアル」の時にはここも高速で駆け抜けていく。しかし、アップダウンエリアで脚を使い過ぎると「数馬」からの厳しい上りで息切れしてしまう。初めてのトライアルの時は、最初から飛ばしてしまい終盤で失速してしまった。

 「数馬」までは無理のないペースで走ると言っても、上り基調であるので脚は確実に疲れていく。「数馬」にある公衆トイレで一息入れる頃には、思わず「疲れた〜」と声が出た。

2017/2/26

4003:気分転換  

 ロードバイクで定期的に走っていると、季節の進み具合が肌で感じられる。昨日の土曜日は、暖かかった。

 天気予報では今日も昨日同様に暖かい一日になると伝えていた。今日走ると所々で「春」を感じるシーンに出会えそうである。

 先週は仕事が詰まりすぎていた。そのためチームでのロングライドへの参加は断念して一日仕事に精を出さざる得なかった。

 状況はそれほど改善されたわけではないが、今日はロードバイクで走ってから、たんまりと溜まっている確定申告業務をすることにした。

 ロードバイクで走ると、体は疲労するが、忙しい仕事をこなしていくなかで蓄積されたストレスは発散される。気分転換のためにも、ロードバイクで走ることは良いことであるとの判断である。

 しばらくの間静かに眠っていたKuota Khanを起こして、朝の7時に自宅を後にした。走り出して体に受ける早朝の風には、もはや真冬の厳しさはなかった。

 多摩湖サイクリングロードを走っていった。その沿道に植えられている桜の木はまだまだ冬枯れのままであるが、散見される梅の木には赤や白の梅の花が美しく咲いていた。

 集合場所であるバイクルプラザに着いた。今日の参加者は9名であった。行先を話し合った。その結果、定番コースである「都民の森」に行くことに決まった。

 標高が高い都民の森は真冬の時期は気温が氷点下になるので年が変わってからはまだ行っていなかった。寒さも緩んできたので、今年初めて都民の森へ向かうことになった。

 9台のロードバイクの内訳はORBEAが4台、RIDLEYが2台、BH、LOOK、Kuotaが1台づつであった。9両編成のトレインは緩やかに走り出した。

 真冬の寒さが多少緩んだと言え、朝のうちはまだまだ寒いのでウィンドブレーカーをしっかりと着込んで走っていった。

 天気は快晴である。冬の快晴時の空の色合いは明晰な青である。風は今のところ吹いていなかった。2月のロングライドのコンディションとしてはこれ以上ないほどに快適なものである。

 玉川上水に沿って西へ向かった。玉川上水の両岸には木々が整然と並んでいる。それらはしっかりと手入れがされている。 

クリックすると元のサイズで表示します

2017/2/25

4002:DAC祭り  

 まずはGoldmundの純正組み合わせであるMIMESIS39AとMIMESIS12で聴いた。かけたCDはいずれも大川さんが持参したもので、モーツァルトの弦楽四重奏曲第11番 変ホ長調の第1楽章と、ブラームスのクラリネット五重奏曲ロ短調の第1楽章であった。

 大川さんはクラシックの室内楽が大好きなようで「あまり大きな編成のものは聴かないんです・・・」と話されていた。

 曲はこの2曲に固定し、順次DACを切り替えて聴き比べを行っていった。まずは一つの「基準」としてGoldmundの純正組み合わせで聴いた。その音の記憶を頼りにそれぞれのDACの特徴を捉えようと、耳をそばだてながら、モーツァルトとブラームスの室内楽を聴いた。

 この一つの「基準」となったGoldmund純正の組み合わせは、スピーカーがLANCASTERからCHATSWORTHに変わっているせいか、前回よりも、よりコンパクトでシャープなサウンドステージであった。

 静謐感溢れる清涼感のある音はこの時代のGoldmundの製品の佇まいとも共通する。繊細でカチッとした質感で、理知的な音楽の構成美をしっかりと見せてくれる。

 「基準」で聴いたうえで、ラックの上から下に向かって順次DACを切り替えていくことになった。今回はLINN NUMERIKの出番はなかった。

 ラックの右側の上段にはWadia12が置かれていた。ブラックではなくシルバーである。シルバーの方がどことなく知的な感じがする。

 フロントパネルはシンプルである。黒い瞳のようにも見える二つの黒いボタンがあり、その近くにインジケーターが幾つか並んでいる。

 フロントパネルの左上にはWadiaのあの独特のマークが刻まれ、その脇に「WADIA12」と型番が表示されている。

 その音の色合いは「基準」に比べると 濃いめ。エネルギー感がアップするように感じられる。音情報の細やかさは「基準」の方があるように思えるが、ためらい感のない思い切りの良さが感じられる。

 「良いですね・・・勢い感があるます・・・」私がそう呟くと「これはコストパフォーマンスが高いですよね・・・相当前の製品ですから、中古でしか手に入りませんが、時折中古市場やヤフオクに出ています。大体8万円ほどが相場のようです。私もそれくらいで入手しました。デザインも好きなんです。DACに嵌るきっかけになった製品です・・・」と大川さんは表情を崩した。

 続いて聴いたのは、JOB DA48。これはまさしく「小箱」である。このコンパクトな躯体の中によく納まったものだと感心する。

 JOBはGoldmundのセカンドブランドである。なりは小さいが、フロントパネル右下に小さく刻まれた「SWISS MADE」は伊達ではない。

 SWISSの空気感を思わせる清涼感のある音である。音場は比較的コンパクトに出る。さらっとした拘泥感のない音の出方は、肩に力が入っていない。良い意味でさりげない。

 JOBの製品はこのDA48以外も全て小さな躯体を有している。「さりげなく上質でコンパクト」そんなコンセプトで製品開発が行われたのであろう。

 そういえばJOBって今はどうなっているのであろうか・・・なくなったのであろうか・・・それとも日本への輸入が他の多くのブランド同様停止されているだけなのであろうか・・・

 最後に聴いたのが、Zanden DAC5000である。Zandenの造形美はただものではない。大川さんは「私が買ったDACのなかで最も高価なものです・・・」と話されていた。

 「価格は一体どれくらいなのであろう・・・きっと現代ハイエンドの高価なDACと肩を並べるようなびっくり価格なのであろう・・・」そのただならぬ佇まいを前にして、そう思ってしまった。

 さて気になるその音であるが、音の微粒子感が桁違いである。さらさらとした微粒子が音の表面に隙間なくコーティングされているかのような独特な爽やかで柔らかい音の手触り感に少々驚いた。
 
 これ見よがしな高解像度とは全く向かっているベクトルが違う。音の微粒子の堆積に中に体が沈み込んでいくような快感を味わえる。

 弦楽器の質感も柔らかくたおやかである。実際の演奏の場合、時にきつく感じられるであろう音であっても、ZandenのDACを通ると鼓膜にはソフトランディングするような感じである。

 「これって独自の世界がありますね・・・全く孤高の世界が・・・」私はどのように評すべきか適切な言葉が見つからず、そう呟いた。

 「これは嵌ると抜け出せなくなる魔法の機械です。見た目も魔法がかけられているようでしょう・・・Zandenは魔法を使えるのです・・・」大川さんの目は笑っていた。

 「魔法ですか・・・」

 「そう、魔法です・・・」

 今日は4種類のDACを聴いた。それぞれ独自の音世界がしっかりとあった。「DACはデジタル時代のカートリッジのようなもの・・・」という意見はあながち間違っていないようだと思った。

2017/2/24

4001:Zanden  

 オーディオショップ・グレンの大型ラックには普段並ばないような機器が数多く集結していた。この木製の大型ラックには全部で九つのオーディオ機器が設置された。

 左側の三段には普段から見慣れたものが集められていた。一番上はROKSAN XERXES10。今日は残念ながら出番はなかった。

 そして中段はLEAK Point One Stereo。コンパクトで良い雰囲気を醸し出す、いかにも英国製と思わせるプリアンプである。そして、下段にはLEAK Stereo50。シンメトリックに並んだ真空管が美しい空間を形作っている。その真空管の隊列は衛兵が並んでいるようである。

 真ん中の三段には、前回聴いたデジタル系の機器が並んだ。上段にはGOLDMUND MIMESIS39Aが、中段には同じくGOLDMUND MIMESIS12が置かれ、下段にはLINN NUMERIKが置かれた。これらはすべて小暮さんの個人的なコレクションである。

 そして、今日の主役たちといえる大川さんが持参された3台のDACが右側の三段に並んでいた。それらは大きさも色も様々で、実に個性的なオーディオ機器たちであった。

 上段には、現在は低迷しているようであるが、以前はデジタル機器のメーカーとして確固たる地位を築いていたWadiaのDACがあった。

 型番をよくよく確認してみると「Wadia12」であった。比較的コンパクトなDACであり、きっとWadiaとしてはエントリー的なポジションの製品であろう。Wadiaというと黒のイメージが強いが、このWadia12は、シルバーであった。シルバーのWadiaもなかなか良い感じの印象を受けた。

 中段には、とても小さな機器があった。それはJOBのDACである。フロントパネルは青にグレーを混ぜたような微妙な色合いをしている。この色合いは実に繊細で美しい。少し和のテイストも感じる色味である。

 そしてそのコンパクトでそっけないともいえる躯体からは、何かしらぎゅっと凝縮された高度な美意識が放出されていた。

 フロントパネルにはスイッチの類は何もなく、二つのインジケーターが淡い光を放っていた。フロントパネルの左下にはブランド名である「JOB」が、そして右下には「SWISS MADE」と小さく刻まれている。大川さんに型番を確認すると「DA48」ということであった。

 そして、下段には見慣れないDACがあった。今まで一度も見かけたことがないメーカーのものである。これがまた飛び切りに美しい意匠を身に纏っている。

 どう表現するのが適切かわからないが、クラシックでありながら実にゴージャスとでも言うのであろうか、フロントパネルの一部は金色でその他はプラチナシルバー。ノブの造形もたおやかで、高級感のある仕上げとなっている。

 大川さん訊くと「これはZandenという日本のメーカーのDACです。型番はdac5000。アメリカが主な市場で、向こうでは高い評価を受けているのですが、日本ではほとんど販売されていません。私が持っているDACのなかで、もっとも高価なものです・・・」との返答が返ってきた。

 「日本製・・・?」大川さんの返事を聞いて、目を疑った。そのデザインセンスはどう見ても日本製には思えなかったからである。

 フランスの真空管アンプメーカーに「Jadis」というメーカーがあるが、そこの製品のデザインにも共通する色合いと風合いである。

 華麗で上品・・・ヨーロッパ的なセンスを感じさせるdac5000は、きっとこの日のハイライトになるであろう予感がした。

2017/2/23

4000:CHATSWORTH  

 脇道に入り、少し行った先にあるコインパーキングにVW POLOを停めた。1台当たりに割り当てられるスペースは、多くのコインパーキングがそうであるように、それほど余裕のあるものではない。コンパクトなPOLOはこういった場合でもすんなりと納まり嬉しい。

 二つのオーディオ機器を両手で抱えて少し歩いた。そして、例の古いビルの階段を上っていった。4階まで上がると息が切れた。

 エアパッキンで厳重にくるまれた2台の機器を一旦床に置き、息を整えてから、「オーディオショップ・グレン」と書かれた小さな看板が掲げられた金属製のドアを3回ノックした。

 中指の第2関節を鋭角的に曲げてその先端でノックすると、その古ぼけたドアはやや調子っぱずれな音をたてた。

 「どうぞ・・・」とドアの向こうから声が聞こえた。ドアを開けて中に入った。リスニングポイントに置いてある黒い革製のソファには一人の男性が座っていた。

 小暮さんはいつものようにソファの斜め後ろに置かれているイージーチェアに座っていた。そのイージーチェアは、グレーテ・ヤルクがデザインしたものである。

 女性デザイナーらしく、アームの曲線が実に優し気で繊細である。身体をやさしく包んでくれるクッションの表面はチャコールグレーの生地、クッションの裏面が濃紺の張り生地になっていて、その色合いのコンビネーションが実に美しい。

 背面の脚が、背からすっとまっすぐに降りているので、すっきりと洗練された印象を受ける。こういう北欧ヴィンテージのイージーチェアは、大きさのわりに見た目的な軽快感があり、圧迫感がない。

 「こんばんわ・・・」私が挨拶すると、小暮さんが「こちら、大川さん・・・」とソファに座っていた男性を紹介してくれた。

 お互い挨拶をかわして、ソファに腰をかけた。実は今日はある企画が持ち上がっていた。一言で言うと「DAC祭り」である。

 数日前に小暮さんと電話で話した時に、Goldmund MIMESIS39AをCDトランスポートとして固定して、DACの聴き比べをしようという話になった。

 小暮さんはDACを二つ持っている。MIMESIS39Aとは純正組み合わせと言えるGoldmund MIMESIS12としばらく我が家に滞在していたLINN NUMERIKである。

 「実はDACマニアの知り合いがいてね、自宅に六つもDACを持っているんだ。トランスポートはOracle CD2000を使っていて、DACを取り換えて音の違いを楽しんでいる人でね、その人に言わせると、DACはカートリッジのようなものだって・・・まあ、そういわれるそうとも言えるかもって気になるよね・・・六つ全部は無理だけど三つぐらいは持ってきてくれると思うよ・・・高円寺に住んでいるから近いしね・・・」

 そのDACマニアが、大川さんである。大川さんが持参したと思われるDACがリスニングポイントから見て右側のラックの上に幾つかあった。

 小暮さんはMIMESIS39AとNUMERIKをエアパッキンから手早く開放して、オーディオラックに設置した。

 今日は出番がないであろうROKSAN XERXES10は一番左端に置かれていた。プリアンプは前回同様LEAK Point One Stereoで、パワーアンプはLEAK STEREO50であった。電源は既に投入されていて、オレンジ色の淡い色合いを放っていた。

 壁の両コーナーには前回はTANNOY LANCASTERが置かれていたが、幸福なオーナーのもとに旅立っていったようで、今日は別のスピーカーが置かれていた。

 それはTANNOY CHATSWORTHであった。珍しいコーナーキャビネットである。濃い色合いの茶色のキャビネットはすっきりとしている。

 「珍しいですね・・・コーナーですか・・・12インチのREDですか・・・?」私はあまり見かけることのないCHATSWORTHのコーナーキャビネットに目を輝かせた。

 「そう・・・状態の良いものが英国で見つかったんだ・・・キャビネット、綺麗でしょう・・・ネットにも汚れがないし・・・」小暮さんは嬉しそうに話した。

2017/2/22

3999:シトロエン  

 穏やかな日であった。この2月は暖かくなったり、寒くなったり、強風が吹いたり、日替わりで天候が大きく変化していたが、それも一段落したのであろうか・・・

 VW POLOの後席には2台のオーディオ機器が置かれていた。それらはエアパッキンで厳重にくるまれていた。

 Goldmund MIMESIS39AとLINN NUMERIKはしばらくの間、小暮さんから借りていた。それらは我が家のリスニングルームに滞在して、なかなか良い音を聴かせてくれていた。

 しかし、それらは「オーディオショップ・グレン」の売り物ではなく、小暮さんの個人的なコレクションであったので、返却する必要があったのである。

 VW POLOの1.2Lエンジンは6年経過しても快調である。今では小排気量のエンジンは珍しくはないが6年前はまだ少数派であった。

 その時比較検討の対象となったシトロエンのC3は1.6Lのエンジンを積んでいた。その後他のメーカーもコンパクトなエンジンに変わっていき、今ではC3も1.2Lのエンジンを積んでいる。

 シトロエンC3は癒し系の独特の雰囲気があり、かなり心を惹かれたが、その当時は1.6Lのエンジンに4速ATという旧態依然な感じの組み合わせであり、1.2L直噴エンジンにDSGという先進的な組み合わせであったPOLOの前では少しくすんで見えた。

 そのシトロエンC3が2017年の1月にヨーロッパでフルモデルチェンジした。その写真を見て驚いた。シトロエンはもともと突拍子もないことをするメーカーであるが、現行型のC3と全く脈絡のない斬新な意匠を身に纏っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 斬新である。斬新すぎるとも言えるような気がするが、目が慣れていないだけかもしれない。デザインにはスパイス的な感じでSUV風のアイテムが所々に取り入れられている。

 その内装もかなり気合が入っている。フランスのエスプリと言える感じでまとめられている。この新たなC3、今年の後半には日本にも入ってくるであろう。

 現行型の癒し系から一気にアクティブ派に変身したシトロエン C3は日本で受け入れられるであろうか・・・「それなりに売れるのでは・・・」という気がしないでもない。

 VW POLOは順調に走っていった。新青梅街道から青梅街道に入ってその大きな道をしばし走っていくと、いつもの脇道に入るポイントが近づいてきた。

2017/2/21

3998:トレーニング  

 最初の5分間はウォーミングアップである。軽めの負荷で漕ぐ。ウォーミングアップが終了すると負荷を上げた。

 出力は200〜210Wほど。この負荷で漕いでいると、10分ほどで汗が流れ始めた。その後はパワーの数値やケイデンスの数値を時折確認し負荷が落ちないようにした。気を抜くとすぐに体は楽をしようとする。

 タイマーは自動的に60分に設定されている。ボードには残り時間が表示される。歳をとっていくと時間の経過する速さは若い頃に比べとても速く感じられるが、この時ばかりは遅々として時間がなかなか進まない。

 「普段の時間もこんなにゆっくりと進んでくれればいいのに・・・」と思ってしまうような遅さである。

 タイマーの残り時間が30分になったので、ペダルの重さを最高の「25」まで上げた。当然ケイデンスは下がる。

 ケイデンスは下がるけれど、負荷を下げるわけでない。やはり出力を示す数値が200Wを下回らないように気をつけながら、より重くなったクランクを回し続けていった。

 汗はとめどなく流れる。流れ落ちた汗が床に小さな水たまりを形成し始めた。漕ぎ始める前にジム内の自販機で買った500mlのスポーツドリンクも残り少なくなってきた。

 残り時間が10分を切った。なんだか少しほっとする。「もう少しで終わる・・・」と思えるからであろうか・・・

 そして、なかなか進まなかった時間もようやく60分に達した。するとペダルの負荷が自動的に下がっていった。そして「クールダウン」という表示がボードに現れる。

 クールダウンは5分間。軽くなったペダルを静かに回し続けていく。パワーの数値はすっと下がった。

 ウォ―ミングアップが5分、負荷を上げて55分、そしてクールダウンで5分、合計で65分。それほど追い込むわけではないが、それなりにつらいトレーニングが終わった。

 汗は文字通りびっしょりとかく。それをシャワールームで洗い流した。トレーニングを終えて、暖かいシャワーを浴びる時、なんだか妙な満足感がある。とりあえずやるべきことをやったというような満足感であろうか・・・

2017/2/20

3997:一日置き作戦  

 「一日置き作戦」は、2日に1回ほどの割合でジムにいって、エアロバイクで汗をかくという単純なもの。「作戦」と名を付けるほどのものではない。

 忙しい仕事や稀には行わないといけない家族サービスの合間を縫ってどうにかこうにか継続している。もう何年になるのであろうか・・・3年以上は続いているはずである。

 日曜日は普段はチームのロングライドに参加する。翌月曜日は体が疲れているのでお休み。火曜日と水曜日は連荘でトレーニング。木曜日には疲れが溜まるのでお休み。そして金曜日はトレーニングして、土曜日はお休み。

 厳格にこの通りという訳にはいかないが、大体がこんな感じである。最初のうちは自宅でロードバイクを固定式ローラー台に取り付けて、トレーニングしていたが、音のうるささや汗臭さが家族から不評で、最近はもっぱらジムへ行くようにしている。

 数年前に事務所のそばにAnytimefitnessができた。できてしばらくしてから入会した。トレーニングはもっぱらこのジムで行う。

 Anytimefitnessは年中無休24時間営業のジムである。マシーンしかなく、プールやスタジオはない。そのため会費が安い。

 この手のジムは最近増えているようである。スタッフは10:00〜18:00までしかいない。それ以外は利用者のみである。防犯カメラがしっかりと設置されていて、運営上の問題はないようである。

 会員になるとICカードがもらえ、それを入口のセンサーにかざすと入口のカギが開く。私は国分寺店で入会したが、その他の店舗も利用可能である。

 なかなか合理的である。アメリカ発のジムのようで、日本国内でも相当数の店舗を展開している。

 私は予定していた仕事を終えて、8時過ぎにジムに入っていった。コートを脱いで所定の位置にかけて、ロッカールームで着替えた。

 マシーンは筋トレ系と有酸素系に別れている。日曜日の夜、利用者はまばらである。私は有酸素系のマシーンが並んでいる方向へ歩いていって、エアロバイクに跨った。

 店内にはBGMが流れている。有酸素系のマシーンには画面がついていて、様々な情報が表示される。さらにテレビも観ることができる。

 跨って「クイックスタートボタン」を押した。そしてペダルの重さを調整するボタンで負荷を「17」に設定した。最初の5分間はウォーミングアップである。

2017/2/19

3996:休息  

 自宅の庭の梅の木は満開となっている。その赤い小さな花の群集を眺めていると季節が確実に移ろっていることが実感される。

 今日のチームのロングライドは、江の島ライドである。海を眺め、シラス丼などの海鮮グルメを楽しむのが恒例となっている。

 いつものようなヒルクライムエリアがないので、比較的軽やかな気分で走れるコースである。ただし風が強く吹くと、その気軽さが吹き飛ばされることがある。

 何年か前に江の島へ行った時のことであった。強い北風が吹いた。南へ向かう往路は追い風であり、ロードバイクの隊列は帆に風を受けたヨットのように滑走していった。

 その時は「江の島ってこんなに近かったんだ・・・」と思った。しかし、大変だったのは帰路である。帰路は北に向かう。

 強い向い風は行く手を阻み続けた。道は平坦なのにヒルクライムをしているのかと勘違いするかのような負荷に脚は疲労していった。

 「行きはよいよい帰りは怖い・・・」わらべ歌のようなロングライドとなった。その時の記憶は鮮明に残っている。

 今日の江の島ライドには参加したかったが、Kuota Khanはサイクルラックに掛けられたまま、一日惰眠を貪っていた。

 私も同様に惰眠を貪っていたわけではなかった。確定申告が始まったので、仕事に忙殺されていた。

 気分転換のためにもロードバイクで風を切って走りたかったのであるが、今日までにある程度こなしておかないと、今月の終盤が大変な状況になりそうだったので、Kuota Khanには「じゃあ・・・行ってくる・・・」と静かに挨拶して朝早くから事務所へ向かった。

 天気は最高に良かった。風は吹いていなかった。「これなら江の島も大丈夫かな・・・」と思った。

 今日の予定をほぼこなした後、夜の8時過ぎになってからジムへ向かった。「一日置き作戦」は随分と長い間継続中である。

 日曜日はいつもロングライドに参加するので、トレーニングデイではないが、今日は諸々の事情により、ジムで汗を流すことにした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ