2017/1/23

3969:鎌北湖  

 鎌北湖まで行き、奥武蔵グリーンラインを走って顔振峠まで行くコースは、稀に選択される。私は、これで3回目である。

 最初に行ったのは5年ほど前であったであろうか。チームでのロングライドに参加するようになって間もない頃合いであった。

 ヒルクライムもほとんど経験がない時であった。鎌北湖から顔振峠までは上り基調のアップダウンが続く。5年前はそのコースを走ると体が重く、酷く辛かった。

 そんな淡い記憶を頭の片隅に思い浮かべながら走り始めた。多摩湖サイクリングロードを抜けて、多摩湖の堤防を渡った。

 多摩湖の堤防から見える景色はいつのように素晴らしかった。湖面は静かである。遠くに見える山々は青く厳粛に佇んでいた。

 多摩湖の向こう側はもう埼玉県である。アップダウンのある道を8台のロードバイクは進んだ。飯能方面に行くコースの際によく寄る飯能市内のセブンイレブンでコンビニ休憩をした。

 気温はまだまだ低い。コンビニ休憩で店内に入っていくとまずはトイレである。バイクルプラザRTのチームジャージを着た数名がトイレの前で行列を作った。

 すっきりしたとところで、補給食を選び始める。バナナを1本手に取ってレジへ・・・レジで「カレーチーズまんとホットコーヒーのレギュラーを・・・」と店員に告げた。

 それらをコンビニの駐車場で胃袋の中に納めていった。陽が当たっているとはいえ、やはり寒い。暖かいカレーチーズまんとコーヒーで体の中から少し暖めた。

 さらに先に進んだ。やがて道は埼玉県道30号に達する。その緩やかにうねる道を進んでくと道の両脇にいくつものゴルフ場の看板が見えてくる。

 それらの中には私が何度がラウンドしたゴルフコースの名前も見える。もちろんゴルフに行く時には、これらの看板は車のウィンドウ越しに見る。

 ロングライドに参加する前は、これらのゴルフ場の看板をロードバイクで風を切りながら目にするようになるとは想像すらしなかった。

 県道30号をしばし走ってから、鎌北湖へ向かう道に向かって左折した。その道の左側には埼玉ゴルフクラブがある。

 年に1回ぐらい行くゴルフコースである。その埼玉ゴルフクラブをやり過ごしすと道は上り基調になる。

 緩めの坂を上っていった。その先に鎌北湖はある。鎌北湖に着いた。人の姿はなく、湖は静かであった。その静けさをいやましするかのように。湖面の一部、日陰になっている部分はすっかりと凍っていた。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ