2016/12/31

3946:空白  

 先週のクリスマスウィークはインフルエンザに罹患して悲惨な1週間を過ごした。その間、ジムでのトレーニングは当然行けなかった。

 月曜日になって仕事には復帰したが、まだ体調が悪く、水曜日まではジムでのトレーニングはできない状況であった。

 結局10日間穴が空いた状態となった。既に5年ほどの期間継続している「一日置き作戦」は空白の10日間を初めて迎えた。

 そして木曜日になってからジムへ行った。いつものように着替えを済ませ、エアロバイクに跨った。そして漕ぎ始めた。

 最初の5分間はウォームアップ。その後負荷を上げる。10日間の空白だけでなく、インフルエンザの影響もあってか、負荷を上げて20分もすると、その負荷に体がついていけなくなった。

 20分を経過して、負荷を下げた。その後の35分間は負荷を下げたまま漕ぎつづけた。どうにか60分のトレーニングタイムが経過した。消費カロリーは650キロカロリーと表示された。普段の負荷であれば800キロカロリーであるから、同じ60分であってもその負荷は8割ほどである。

 「かなり、影響があるものだな・・・」と思った。「少しづつ戻していくしかないか・・・」シャワーを浴びながら考えた。汗の量は負荷を2割ほど下げてもそれほど変わらないような気がした。

 翌日の金曜日もジムへ行った。そして、同じことを繰り返した。30分ほどは強めの負荷にも耐えらえたが、その後は負荷を弱めざる得なかった。

 同じく60分間のトレーニングを終えた。消費カロリーは720キロカロリーであった。普段の消費カロリーの90%である。

 心肺機能はまだまだ元には戻らない。エアロバイクを漕ぎながら咳が出ることも数回あった。「昨日よりはましだけど、まだまだかな・・・」そう思いながら、大量にかいた汗をシャワーで流し去った。

 そして今日、2016年の最後の日にもジムへ行った。これで10日間の空白の後3日連続でのトレーニングとなる。

 5分間のウォームアップを終わって、負荷をいつもの基準に合わせた。前半は1〜25まで段階的に設定できるペダル強度を「17」に合わせる。

 その状態でスピード表示が「27.0km/h」以上になるようにペダルを回す。5分間のウォームアップの後25分間、タイマーが30分を表示するまで、この負荷を維持する。

 結構しんどい。どうにかタイマーの表示が30分を示した。残り半分である。後半はペダル強度を最高の「25」に上げる。

 当然ケイデンスはぐっと下がる。スピード表示が「22.0km/h」以上になるようにペダルを回し続ける。

 時間が経過するのがひどく遅く感じられる。体力はまだ元には戻っていないようで、酷く疲れてくる。

 スピード表示をちらちらと見てチェックしながら漕いだ。気を抜くとすぐさまその数字が基準よりも低くなってしまう。

 60分がようやく経過した。消費カロリーは780キロカロリー。負荷はおおよそいつもの負荷に戻りつつあったが、体の疲れ方はいつもよりもはるかに激しいものであった。

 シャワーを浴びているときも時々両手を膝にあててしまうほどの消耗度であった。「まだ、体調は戻らないな・・・戻るまでもう少し続けてみよう・・・」

 期せずしてインフルエンザによってもたらされた「空白の10日間」は、私に大きな教訓をもたらしてくれた。それは「継続することの大切さ」とでもいうものであろうか・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ