2016/12/16

3931:Xperia XZ  

 画面にひびが入ったSONY製のスマホは全く反応しなくなった。しかし、ショップに立ち寄る時間はなかったので、最寄り駅まで歩いてから、西武新宿線の電車に乗った。

 電車の中でも何度かスマホを取り出して、右手の人差し指で操作しようと試みたが、何回試してみても結果は同じであった。

 スマホというものは、中毒性というか依存症とでもいうべきか、手元になかったり正常に機能しないと、その所有者に対して心理的な不安をもたらす作用があるようで、なんだか落ち着かなかった。

 私が使用していたXperia Z1は3年ほど前に購入した。「修理するのではなく、新機種に変更するしかないか・・・」と思っていた。

 「何に変えるか・・・iPhone 7・・・?7になって、防水仕様になったし、バッテリーの持ちも良くなったと聞く。さらにコードレスイヤホンはスマートである。ディスプレイの鮮明さもさらにアップしたようである・・・」

 「操作方法は最初は慣れないかもしれないが、これは慣れの問題。妻がiPhoneを使っているから、分からないことは教えて貰えるであろう・・・」

 「Xperiaの最新モデルのXZも良さそうだ・・・Xperia Z1を使っていたから操作方法も慣れているし・・・ディスプレイも相当良くなっているはず・・・」

 「Xperiaの良いところは、画面での操作以外にも側面の小さなボタンを長押しするとカメラ機能が立ち上がり、同じボタンをさらに押すとシャッターが切れる。ロードバイクに乗りながら風景をカメラで撮る時、この機能は実に便利である。やはりXperiaにするかな・・・」

 そんなことを漠然と考えながらチューバホーンさんのお宅まで行き、さらにタクシーでNaruさんのお宅まで向かった。そして素晴らしくおいしいカルボナーラをいただき、豪華なオーディオ装置の音を楽しんだ。

 グルメ&オーディオの「おいしいOFF会」を終えて、締めに近くの中華料理屋さんに向かって、夕食をいただくことになった。

 たまたまその中華料理屋さんのすぐそばにauの店があるとのことであったので、私はその店に行って機種変更を済ませてから合流させてもらうことにした。

 「15分程度で済むかな・・・」と思っていたが、考えが甘かった。五つあるカウンターはすべて埋まっていて、私の前に一人待っていた。

 カウンターに呼ばれるまでに約1時間ほど待たされた。ようやく呼ばれてから手続きが完了するまでさらに30分ほどかかってしまった。

 思っていたよりも時間がかかったが、最新機種のXperiaがジャケットのポケットに納まって、なんだか妙にほっとした。

 Naruさんとチューバホーンさんには予想外に時間がかかったことを謝ってから合流した。Naruさんお薦めの中華料理屋さんはさすがに美味であった。

 今日は実に長い一日であった。スマホを落として操作不能に陥るというアクシデントがなかったらドタバタしなくてよかったのに・・・と少々後悔したが、後悔先に立たずである。

 Xperia XZには画面に貼るフィルムと本体を覆うカバーをしっかりと装着した。これで不注意から道に落としたぐらいでは、画面が割れることはないであろう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ