2016/12/7

3922:牛筋煮込み  

 メンバー全員が走り終えた後、都民の森の売店である「とちの実」へ向かった。お目当ては、「牛筋煮込み」である。
 
 一皿300円。汁はかなり濃い目の茶色で、これでもかといった感じで牛筋が入っていた。一緒に炭火で焼かれた大ぶりな団子である「みとうだんご」も購入した。こちらも300円。

クリックすると元のサイズで表示します

 「とちの実」の店内にあるテーブルと椅子に座って、食した。「牛筋煮込み」はしっかりと煮込まれていて、味がじっとりと染み込んでいた。

 皆、笑顔で完食した。この季節、「とちの実」では「牛筋煮込み」の他に「けんちん汁」も売られている。こちらも美味しい。

 しばし、まったりとした後、長い下りへ向けてスタートした。上りの時には外していたネックウォーマーを装着し、ウィンドブレーカーを着込んだ。

 20km以上の下りを走った。ところどころ路面が濡れているので慎重に下っていく。最初のうちは冷たい風に筋肉が強張ったが、標高が下がっていくとそれも薄らいでいった。

 「橘橋」まで下り切って、右折。檜原街道を延々走っていくと道は武蔵五日市駅まで繋がる。駅前を右折して睦橋通りを6両編成のトレインは駆け抜けていった。

 そして、往路でも休憩した拝島駅前のファミリーマートで昼食休憩した。ここで補給食として迷わず選んだのは「カレーうどん」。

 先々週のロングライドの時にはセブンイレブンのカレーうどんを食した。ファミリーマートのカレーうどんはどうであろうか・・・

 その味わいはセブンイレブンのものと比べるとさらにスパイシー。食べ続けるうちに辛み成分が舌に集積してくる感じ。

 セブンイレブンは和風だしが前面に出ていて「お蕎麦屋さんのカレーうどん」感が強かったが、ファミリーマートのカレーうどんはご飯を追加投入しても立派にカレーライスになるような印象であった。

 ガソリンタンクがほぼ満タンになってから、残りの帰路を走った。玉川上水に沿って走る道は陽光が降り注ぎ、暖かかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 家に帰りついて走行距離と消費カロリーをサイコンで確認した。走行距離が118kmで、所費カロリーは2,232キロカロリーであった。牛筋煮込みもみとうだんごもカレーうどんも走るための燃料として消費されたであろうか・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ