2016/12/31

3946:空白  

 先週のクリスマスウィークはインフルエンザに罹患して悲惨な1週間を過ごした。その間、ジムでのトレーニングは当然行けなかった。

 月曜日になって仕事には復帰したが、まだ体調が悪く、水曜日まではジムでのトレーニングはできない状況であった。

 結局10日間穴が空いた状態となった。既に5年ほどの期間継続している「一日置き作戦」は空白の10日間を初めて迎えた。

 そして木曜日になってからジムへ行った。いつものように着替えを済ませ、エアロバイクに跨った。そして漕ぎ始めた。

 最初の5分間はウォームアップ。その後負荷を上げる。10日間の空白だけでなく、インフルエンザの影響もあってか、負荷を上げて20分もすると、その負荷に体がついていけなくなった。

 20分を経過して、負荷を下げた。その後の35分間は負荷を下げたまま漕ぎつづけた。どうにか60分のトレーニングタイムが経過した。消費カロリーは650キロカロリーと表示された。普段の負荷であれば800キロカロリーであるから、同じ60分であってもその負荷は8割ほどである。

 「かなり、影響があるものだな・・・」と思った。「少しづつ戻していくしかないか・・・」シャワーを浴びながら考えた。汗の量は負荷を2割ほど下げてもそれほど変わらないような気がした。

 翌日の金曜日もジムへ行った。そして、同じことを繰り返した。30分ほどは強めの負荷にも耐えらえたが、その後は負荷を弱めざる得なかった。

 同じく60分間のトレーニングを終えた。消費カロリーは720キロカロリーであった。普段の消費カロリーの90%である。

 心肺機能はまだまだ元には戻らない。エアロバイクを漕ぎながら咳が出ることも数回あった。「昨日よりはましだけど、まだまだかな・・・」そう思いながら、大量にかいた汗をシャワーで流し去った。

 そして今日、2016年の最後の日にもジムへ行った。これで10日間の空白の後3日連続でのトレーニングとなる。

 5分間のウォームアップを終わって、負荷をいつもの基準に合わせた。前半は1〜25まで段階的に設定できるペダル強度を「17」に合わせる。

 その状態でスピード表示が「27.0km/h」以上になるようにペダルを回す。5分間のウォームアップの後25分間、タイマーが30分を表示するまで、この負荷を維持する。

 結構しんどい。どうにかタイマーの表示が30分を示した。残り半分である。後半はペダル強度を最高の「25」に上げる。

 当然ケイデンスはぐっと下がる。スピード表示が「22.0km/h」以上になるようにペダルを回し続ける。

 時間が経過するのがひどく遅く感じられる。体力はまだ元には戻っていないようで、酷く疲れてくる。

 スピード表示をちらちらと見てチェックしながら漕いだ。気を抜くとすぐさまその数字が基準よりも低くなってしまう。

 60分がようやく経過した。消費カロリーは780キロカロリー。負荷はおおよそいつもの負荷に戻りつつあったが、体の疲れ方はいつもよりもはるかに激しいものであった。

 シャワーを浴びているときも時々両手を膝にあててしまうほどの消耗度であった。「まだ、体調は戻らないな・・・戻るまでもう少し続けてみよう・・・」

 期せずしてインフルエンザによってもたらされた「空白の10日間」は、私に大きな教訓をもたらしてくれた。それは「継続することの大切さ」とでもいうものであろうか・・・

2016/12/30

3945:ブリティッシュサウンド  

 MERIDIAN 207 MKUのトレイには、ブラームスの歌曲集のCDがセットされた。演奏は白井光子(ソプラノ)、ハルトムート・ヘル(ピアノ)。1987年のドイツ録音である。

 6つのリート Op.86 第2曲「野の寂しさ」が流れ出した。ゆるやかなピアノ伴奏に続いて、河の流れのようにソプラノが響き渡る。

 その深い表現の見事な歌唱が聴く者を強く惹きつける。言葉の持つの重みを噛みしめ味わうように歌う白井光子のソプラノに、歩調をしっかりと合わせて寄り添うハルムート・ヘルのピアノが実に音楽的で、格調の高い演奏を聴かせてくれる。

 そのCDを聴き終わり、CDを入れ替えた。次にMERIDIAN 207 MKUのトレイの上に乗ったのはハイドン:チェロ協奏曲 ハ長調である。チェロはミクローシュ・ペレーニ。ヤーノシュ・ローラ指揮のフランツ・リスト室内管弦楽団の演奏である。1979年、ハンガリーでの録音である。

 ペレーニのチェロは味わい深い演奏である。奏法や音色についてはっとするようなところは少ないかもしれないが、実に奥ゆかしい印象を持つ。

 伴奏のオーケストラも、淡々とした表情ながら、ソリストをしっかりとサポートをしている。ぺレーニにもオーケストラにも強い自己顕示欲が見当たらない。どこかしら澄み切った潔さとでも言うべきものを感じる。

 CDを2枚聴いた。ある意味「これぞ英国!」というシステムである。MERIDIAN 207 MKU、MERIDIAN 205、Spendor SP-1というラインナップが聴かせる音は、やはり英国的であった。

 濃密な音とでも評すべきであろうか・・・Sprndorのスピーカーは、HARBETHに比べるとやや音調は暗めである。

 アコースティック楽器の響きを美しく表現する。箱の響きを抑え込むのではなく、上手く調整することにより活かす方向のスピーカーである。

 低域にはきりりとした表情はなく、聴く者をふんわり包み込むような感じでやんわりと迫ってくる感じである。

 音の密度は高く、変なバランスでの強調感が少ないので、飽きることはない。良質なブリティッシュサウンドと言った感じである。
 
 「良い感じで纏まっていますね・・・」

 私は呟くようにそう言った。ふと漏れ出るように口を出た言葉であった。視界の右側に置かれたMERIDIAN 207 MKUはとても小さなオーディオ機器であるが、キラキラと光って見えた。

2016/12/29

3944:MERIDIAN  

 「オーディオショップ・グレン」では、リスニングポイントから見て右手に横長の三段のラックが置かれている。メイプルの色合いの木製で清潔感があるラックである。メーカー製ではなく特注の物のようである。

 普通のオーディオ機器のサイズであれば全部で九つのオーディオ機器が収納できる。いつもはそのラックが満杯になっていることは少ない。

 「うちは在庫はあまり持たないんだ・・・ほとんどが依頼されてから、英国で探すので、店にあるのはほんの一時だけって感じだから・・・」

 小暮さんはよくそう話していた。今日、そのラックの最上段には、Roksan XERXES10が左端に置いてあった。アームはRoksan ARTEMIZ。カートリッジはMC20であった。

 さらに中段の真ん中にはLEAKのPoint Oneがあり、そのすぐ下にはLEAKのSTEREO 20が置かれていた。

 しかし、XERXES10のターンテーブルは回転していなかた。さらにLEAKのペアにもオレンジ色の灯りはついていなかった。

 ラックの最上段の右端にはMERIDIAN 207 MkUが置かれていた。二つの躯体に別れていて、背面を一本のケーブルが繋いでいた。

 MERIDIAN 207 MKUはCDプレーヤー。そのデザインセンスの秀逸さには唸らずにはいられない。プリアンプ機能も有しているので、パワーアンプに接続すれば、駆動系が完成する。

 そのMERIDIAN207 MKUが置かれている下の段にはMERIDIAN205が置かれていた。小ぶりなモノラルパワーアンプである。

 横幅は普通の機器のちょうど半分ほど。縦長の躯体を二つ並べて置くと、ちょうど普通のサイズのオーディオ機器1台分のスペースを占有することになる。

 そのフロントパネルは全面がヒートシンクになっていて、モダンな造形である。このシンプルにしてモダンな造形は潔い。QUAD405にも通じるデザインである。

 「MERIDIAN 207 MKU・・・MERIDIAN 205・・・そして、Spendor SP-1・・・このシステムは、どなたから依頼されたものですか・・・?」

 「そう・・・今チェック中・・・イギリスからは2週間ほど前に着いてね・・・207と205はいつも頼んでいる業者さんに頼んでレストアしてもらって、電圧も100Vに変更してあってね・・・業者から戻ってきたばかりなんだ・・・」

 MERIDIAN 207 MKUを操作するとトレイがすっと開いた。CDをセットしてPLAYボタンを軽く押した。トレイはスムースに戻り、CDが回転する音がかすかに漏れ聴こえてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/28

3943:Spendor  

 「Mimizuku」でしばらく過ごしたのち、私は同じビルの4階に居を構える「オーディオショップ・グレン」に向かった。

 事前に小暮さんにスマホでメールしてみると、「今日は何もない日でね・・・店にいます・・・」との返答を得ていた。

 階段で4階まで上った。この古いビルは5階建てである。1階は「Mimiuzuku」、2階には「光通商」という名前の正体不明の会社が入っている。

 3階は空いているようで、なんの看板や表札もかかっていなかった。そして4階が「オーディオショップ・グレン」である。

 5階には上ることはないが、1階の階段脇にある集合ポストには「高橋法律事務所」と表記されていた。

 4階まで上がると息が切れた。インフルエンザでダメージを負った体には少々厳しめ負荷であったのであろうか・・・

 ドアをノックした。金属製のドアは硬質で濁った音を発した。「どうぞ・・・」ドアの向こうから声がした。

 中に入るといつもの風景が広がっていた。黒い革製の3人掛けソファに座った。腰を掛けるとシュッと音がして、その牛革の表皮は軽く沈んだ。

 スピーカーは1セットだけいつもの位置に置いてあった。そのスピーカーはSpendor SP-1であった。SP-1は専用のスティール製のスタンドに乗っていた。

 「オーディオショップ・グレン」では、TANNOYの古いスピーカーを多く扱っているが、時折SpendorやHARBETHの古いスピーカーも英国から入ってくるようであった。

 「Spendorは日本ではそれほど人気はないかもしれないけど、一部には愛好家がいてね・・・これはSP-1のオリジナルで、1983年の発売・・・」

 「良いプロポーションですね・・・」

 「なんだかほっとするよね・・・この姿・・・専用スタンドも良い感じだし・・・」

 SP-1はBC-1の音の思想を継承しつつ、1980年代に入り急速に普及し始めたデジタルサウンドに対応するために開発されたスピーカーである。

 低域には20cmコーン型ウーファーを、高域には3.8cmドーム型ツィーター、さらに超高域にはドーム型スーパーツィーターを搭載している。

 エンクロージャーは、Spendorの代表作ともいえるBC-IIと同一サイズでまとめられている。外観は穏やかな質感を醸し出すチーク仕上げである。

2016/12/27

3942:ファイブイヤーズ  

 そこでは、時間の堆積が下へ下へと向かっていくのか、店の中の空気感は静かに淀んでいた。店内に入り、いつものようにカウンター席に座った。

 珈琲を頼んだ。女主人は珈琲豆を電動ミルで挽いて、さらにそれを「チャフノン」に入れる。珈琲豆を挽いた時に出る微粉や渋皮は珈琲の雑味の原因になるようで、この「チャフノン」は、そういったものを見事に除去してくれる。

 そして、茶色のぺーパーフィルターに粉を入れて、取っ手部分の柄が木になっているドリップサーバーで、ゆっくりと珈琲を淹れていった。

 その細い湯は、静かに湯気を空間に発しながら緩やかな弧を描いて落ちていった。砂時計の砂の流れを思わせるその細い湯の流れは、途切れることなく珈琲の粉の中へ入り込んでいき、やがてコーヒーカップのなかに黒い液体となって流れ出していた。

 「Mimizuku」の珈琲は雑味のない澄んだ味わいをしている。小ぶりなカップに入れられていて、お揃いのソーサにそのカップは乗っている。

 白い地に幾何学模様が描かれたこのカップとソーサーのセットは、どのくらいの年月この店で活躍しているのであろうか・・・数年ではない長い年月であるような気がする。10年・・20年・・・あるいは30年以上であろうか・・・

 カウンターに何気なく置いてあるSONY製のラジカセは、静かに音楽を流していた。カセットテープではなく、FM放送が流れていた。ラジカセの背面に取り付けられている銀色のアンテナは伸ばされてちょうど45度の角度で空間を仕切っていた。

 珈琲が出来上がった時、FM放送はデビッド・ボウイの「ファイブイヤーズ」を流していた。年末のこの時期は1年を振り返る時期である。

 その曲を聞き流し、珈琲の香りに鼻孔を揺らした。そしてその珈琲をゆっくりと飲んだ。次にFM放送から流れてきたのは同じくデビッド・ボウイの「ジョー・ザ・ライオン」であった。

 どうやらデビッド・ボウイの特集をしているようである。そうやって世間は1年を締めくくり、過去の倉庫へ送り出そうとしているかのようである。

 「Mimizuku」で珈琲を飲んでいると、そんな1年の区切りがそれほど意味のないもののように思えてくる。

 逝く人は逝くにまかせ、時間は堆積にするにまかせ、ただただ雑味のない珈琲を味わうように、人生をやり過ごせばいいような気になってくる。

2016/12/26

3941:日常  

 クリスマスウィークが終わり、街中は一気に年末モードに切り替わっていった。どうにかこうにかインフルエンザウィルスを薬の力を借りて撃退できたので、私も仕事に戻った。

 しかし、すっかりと普段どおりというわけにはいかない。なんだか足元がおぼつかないというか、歩いていても地に足がしっかりと着いていないような妙な浮遊感があった。

 午後に世田谷区の顧問先へ車へ行った。事務所の営業車であるVW POLOは既に5年以上乗っている。走行距離は22,000kmほど。距離はそれほど乗っていない。

 経年劣化か、最近変速機であるDSGの繋がり具合が少しもたつくようなことがある。特に発進時に低いギアから徐々にアップしていく際に、新車時はすぱっすぱっとテンポよく上がっていったが、多少の異音を発して、もたつき感が出るようになった。

 それ以外は特に気になる点もなく頑張っている。BMW 523iから乗り換えると、FFであるということが良く分かる。前輪で車を引っ張っていっている感覚がカジュアルである。

 打ち合わせを終えて帰路に着いた。帰りは真っ直ぐに事務所に帰らずに、少し寄り道をした。車は中野坂上の方向へ向かった。
 
 空は鉛色の雲が覆っていた。気温は10度ほどであろうか・・・気分がうきうきするような天気でないことだけは確かである。

 そんな曇天の下をPOLOは走っていき、見慣れた感のあるコインパーキングに車を滑り込ませた。2番にバッグで車を停めた。

 このパーキングから喫茶店「Mimizuku」までは歩いて数分である。先週はさすがに一度も行けなかった。

 随分と久し振りに立ち寄るような気がする。日常の生活を取り戻すうえで、この店に週に何度か立ち寄るのは一つの必要条件のように思えた。それほどまでに、私の生活にいつの間にか入り込んでしまっている店である。

2016/12/25

3940:若人  

クリックすると元のサイズで表示します

 新たなMarantz Model7の音は、実に若々しい音がした。一気に時代を駆け上がったような感覚に捉われた。

 Maranzt Model7は、ステレオ黎明期の1958年に世に出たプリアンプである。それからすでに半世紀以上の時間が経過し、やがて60年にもなろうかという製品である。

 そんな古いプリアンプでありながら、今TANNOY GRFから放出される音は鮮度感の高いものである。HさんがフルレストアしたModel7は「もはやヴィンテージではない・・・」というメッセージが込められているかのような鮮烈さを有していた。

 Model7の開発者、ソール・B・マランツ氏は、優れたイダストリアルデザイナーで、電子工学の分野においても並々ならぬ造詣と独創的な発想の持ち主であった。

 その彼が設計したModel7の1958年当時の評価は「実に明晰な音・・・」というものであったそうである。

 「明晰な音か・・・確かにこのModel7は明晰な音である・・・」そん風に思いながら、レコードを聴き進んでいった。

 まだまだエージング途中であるので、音の変化はより滑らかな方向へ向かっていくのかと推測されるが、この明晰さ鮮烈さの特徴はしっかりと残っていくであろう。

 TANNOY GRFも少々驚いたような表情をしていた。このGRFはモニターシルバーが搭載されたオリジナルキャビネット仕様である。

 まだステレオ時代が到来する前、モノラルの時代の製品である。その齢はゆうに60歳を超えてしまっている。

 その老体と言えるGRFも若々しい音の流入に少しばかり表情をほころばせたようである。「若いっていいね・・・」そんな風に呟いているかのようであった。

 もちろん、まだ熟していない黄色いバナナのような味わいも見せているが、エージングの時間が十分に経過したならば、きっとその味わいも変化してくるのであろう。

2016/12/24

3939:クリスマスウィーク  

 インフルエンザの症状が出てから6日目にしてようやくベッドの住人から脱した。イージーチェアやソファに座って過ごせるようになった。

 クリスマスイブである今日は陽光降り注ぐ一日で、外の空気は冷たそうであったが、屋内に居ると暖かかった。

 イージーチェアに座れるようになったので、リスニングルームでも時間を過ごせるようになった。是非とも、検証というか作業を進めたいと思っていたことがあった。

 このクリスマスウィークに順次行おうと思っていたのであるが、インフルエンザのウィルスのためにとんでもない1週間となってしまった。当然、その作業は全く進んでいなかった。

 進めたいと思っていたのは、もう一台のMarantz Model7のエージング作業である。そのModel7は音が出ない状態のものを格安で譲っていただき、Hさんにフルレストアを依頼したものである。

 Hさんはオリジナルの部品に拘泥することなく、より性能の良い部品を選択してフルレストアされる。なので、現代版Model7と評すべきものに仕上がっているはずである。

 しかし、そのModel7が真価を発揮するには、80時間以上のエージングが必要とのことであった。そのエージング作業を進める必要があった。

 この悲惨なクリスマスウィークにリスニングルームで音楽が鳴り響くことはなかった。クリスマスイブになってようやく、音楽がこの小さな8畳の部屋を満たす運びとなった。

 レコードラックから取り出したのは、ベートーベンのヴァイオリンソナタ第3番のレコードである。

 ヴァイオリンはカール・ズスケ、ピアノ伴奏はヴァルター・オルベルツ。レコードのレーベルはETERNAである。

クリックすると元のサイズで表示します

 愛聴盤であるので、その内容の詳細は耳の奥の記憶中枢にしっかりと刻まれているはず。従前は当然以前から我が家にあるModel7を通して聴いていた。

 従前からあるModel7は初期型。この新たなModel7は最後期型である。見た目はほぼ同じであるが真ん中に四つ並んでいるスイッチのノブの色が違う。外観上はそれくらいしか違わないが、中身は相当差があるはずである。

 Oracle Delphi6に搭載されているSME SiriesXはゆっくりと降ろされていった。針先が盤面に到着すると「ぼつっ・・・!」と音がする。少しの間、盤面の音溝をなぞる助走音が静かに響いた。

2016/12/23

3938:iPad mini  

 インフルエンザの高熱はどうにか去ったが、依然体の調子は思わしくなく、ほぼ一日中ベッドの中で過ごしていた。

 こういう時に役立つのが、iPad miniである。YouTubeの動画を観ながら持て余し気味な時間を潰していった。

 2016年のロードバイクレースのダイジェストなどを観た。ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアなどを順番に観ていった。時々すっと眠気に誘われて無意識の領域に吸い込まれていく。

 ロードバイクレースの中継というものは、結構睡眠導入能力という点においても優れたものがあることを再認識した。

 何度か睡眠による中断を経て、主要なロードバイクレースのダイジェストを観終わった。寝室の窓から見える空は雲一つない青空である。

 「こんな青空の下でロードバイクで風を切って走りたい・・・」とは思うが、まだしばらくは難しそうな体調である。

 熱が下がれば、急激に回復基調に乗ってくるかと期待したのであるが、そう簡単にはいかない。回復力に力強さがないことに少々いらいらしながら一日を過ごした。

 日が傾き始めた頃合いには、インターネットで車の情報を眺めていた。来年には日本でも発売されるであろうルノー メガーヌの新型の写真や動画などを観た。

 「フランス車って、微妙にズレたバランス感覚が一つの魅力であるが、このメーガーヌもそういった感じかな・・・」そんな印象を持った。

クリックすると元のサイズで表示します

 幾つかのサイトを見ていると、メルセデス・ベンツのCクラスのマイナーチェンジに関する写真と記事を見つけた。

 マイナーチェンジなので、大きな変更点があるわけではないが、フロントライトの形状が変わっていた。Eクラスのものと同様なヘッドライト形状になっていた。

 「これだとほぼほぼEクラスの縮小コピーになるな・・・今でもC、E、Sの基幹モデルは遠目には見分けがつかない。これでは、数メートル先に来ないとCかEか分からないのでは・・・」と思った。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/12/22

3937:香港 A型  

 ロングライドとチームの忘年会が行われた日曜日、その全ての予定を終了してベッドにもぐりこんだ。喉の痛みと体の倦怠感はよりはっきりとしたものとなっていた。

 そして、その日曜日に続く翌日の月曜日からの数日間は、地獄での責苦を思わせるような苦しさが待っていた。

 悪寒を伴う高熱が続き、全身を激しい倦怠感が襲った。喉の痛みは耐えがたいほどで、体は疲弊の極みへ落ち込んでいった。

 「これはただの風邪ではないな・・・」と思って、自宅の近くの内科を受診した。「インフルエンザかもしれないから、事前に電話しないと・・・」妻が電話で確認すると「夕方の5時に来てください。表の入口の左側にインターホンがあるからそれを押してください。そのうえで裏側の入口から入るようにしてください。」とのことであった。

 その指示通りに裏口から院内に入った。そこでインフルエンザの検査を行った。その後医師の診察を受けた。

 「インフルエンザ 香港 A型」それが診断結果であった。インフルエンザに罹患するのは随分と久し振りである。

 おそらくここ10年ほどは罹患した記憶がない。「こんなに苦しいものだったのか・・・」とインフルエンザの症状の苛烈さに少々驚いた。

 ロードバイクでのヒルクライムレースに参加するようになって、ある程度の苦痛には普通の人に比べ耐性はある方だと思っていたが、インフルエンザの苦痛には早々に白旗を上げる破目に陥った。

 内科で処方してもらった薬は、抗生物質と咳の薬、さらに解熱剤であった。解熱剤は飲むと熱は一時的に下がるが、治りが遅くなると聞いた記憶があった。

 「飲まない方が良いんだよな・・・」と思いつつも、あまりに苦しいので解熱剤を二度口にした。解熱剤を飲むと熱は下がった。しかしそれは一時的で、薬の効果が切れるとまた上がった。

 木曜日になってようやく高熱は引いてきた。しかし、体の倦怠感と違和感は残ったままで、最低でも今週一杯は安静にしていた方が良さそうである。

 25日の日曜日は今年最後のチームでのロングライドが行われる予定であるが、参加の方は絶望的であろう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ