2015/9/20

3292:超ロング  

 年に1回か2回ほど、バイクルプラザR.T.では200kmを超えるような「超ロング」を走る。今月の第三日曜日である今日も、その「超ロング」を走る日であった。

 いつもと大きく違うのはその走行距離である。今までの「超ロング」は200kmを少し超えるほどであったのが、今回の走行距離は280kmと、200kmを大きく超える。

 コースはまず奥多摩湖へ行き、その先の柳沢峠を越える。塩山まで下りて、大弛峠の頂上まで上る。そして上ってきた道を下って、国道20号へ。笹子トンネルを抜けて相模湖へ行き、大垂水峠を越えて高尾経由で帰ってくる。

 バイクプラザからの往復で280km。参加者の半分が東大和市に住むメンバーであったので、時間のロスを少しでも少なくするため、集合場所はバイクルプラザではなく、旧青梅街道沿いの「セブンイレブン」となった。そのため東大和市のメンバーは走行距離が少し短くなって270kmほどの予定である。集合時間は朝の5時。

 予定では夜の11時ごろに戻ってくる。実に18時間かかる。もちろんノンストップで走るわけではなく、適宜休憩を入れながら走るのであるが、距離も走行時間も未経験のものである。

 柳沢峠は上りが17kmほど、大弛峠は30kmほど、大垂水峠は4kmほどである。やはり圧巻は大弛峠の30kmの上りであろう。

 いろんなことが未知の領域に属する今回の「超ロング」・・・脚が持つのか、体力はどうか、帰りは長い時間夜間走行となる、落車などの不測の事態が生じないか・・・やはり不安はあった。

 集合場所には4時45分ぐらいに到着した。まだ暗い。気温は20度あるかないかといった感じ。肌寒く感じた。

 セブンイレブンで朝食を摂った。5時になる前に参加者の8名全員が揃った。そのロードバイクの内訳は、RIDLEY3台、BH2台、ORBEA1台、LOOK1台、そして私のKUOTA1台であった。

 5時に走り始めた。長い一日が始まった。その一日 が長く過酷なものになるであろうことは、参加者全員がひしひしと感じていたに違いない。

 「何故そんな長い距離を走るのか・・・?」もしも人にそんな風に訊かれたら、「物好きなもんで・・・」としか答えようがない。フルマラソンに参加する人に「なぜ42.195kmもの距離を走るのですか・・・?」と訊くのと同様、あまり意味のない質問であり、疑問である。

 序盤はゆっくりとしたペースで走った。走っていくうちに空は徐々に明るくなってきた。8両編成の列車は汽笛は鳴らさずに、軽やかな走行音を響かせて、旧青梅街道を走っていった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ