2015/8/16

3257:第三日曜日  

 先週もそうであったが、今日も朝のうちは涼しかった。お盆も過ぎ、季節は着実に移り変わってきているように感じられた。

 ヘルメットをかぶりサングラスをかけた。KUOTA KHANに跨り、自宅を後にした。時刻は7時を数分経過していた。

 天気は薄曇り。淡い灰色の雲が空の大半を占めていた。太陽はその雲に阻まれていた。そのため、気温は27度ほどあると思われるが、涼しく感じられた。走り出すと心地よい風が体を通り抜けていった。

 今日は第三日曜日なのでチームでのロングライドは普段よりも長めの距離を走る。集合場所であるバイクルプラザに着いて、相談した結果、今日の目的地は「刈場坂峠」に決まった。

 まずは山伏峠、正丸峠を上る。正丸峠の奥村茶屋で「正丸丼」を食す。ここ最近「グルメライド」が続いているが、今日はチームにとってグルメライドの元祖的な存在である「正丸丼」で、その流れを継続するプランである。

 その後正丸峠を下り、刈場坂峠を上る。刈場坂峠は上りの距離が6km少しと長め。斜度もしっかりとあり、ここが今日のメインの峠となる。

 刈場坂峠を上ったなら、「グリーンライン」を走って東吾野まで戻ってくる。グリーンラインは下り基調ではあるが短い上りが何度か挟まる。刈場坂峠の上りで酷使された脚にはそれなりに負荷がかかるはず。

 東吾野駅で小休止した後「東峠」「山王峠」「笹仁田峠」という小さな峠を三つ越えて、ようやくゴールが見えてくる。

 距離は130kmほどとそれほど長いわけではないが、越えるべき峠の数はとても多い。走るメンバーにはそれなりの覚悟と気合が要求されるコースである。

 今日の参加者は5名。そのロードバイクの内訳は、RIDLEY2台、ORBEA1台、BH1台そして私のKUOTAが1台であった。

 まずは山伏峠の上り口を目指して走りだした。今日は先が長い。ハードなコース設定であるので、無理のないペースで走り続けた。

 いつものファミリーマート飯能上畑店で休憩してから、小沢峠を越えた。ここは緩やかな上りがしばし続き、最後で斜度が上がる。

 小沢トンネルを潜ると道は下りに転じる。下り切って交差点を左折し、後は淡々と上り基調の道を進んだ。

 やがて、見慣れた山伏峠の上り口の景色が目に入ってくる。小休止の後、山伏峠を上り切り、少し下ってから今度は正丸峠を上る。
 
 今日はメインの峠はその先の「刈場坂峠」であるので、100%の出力ではなく、抑えめの出力で上った。抑えめであっても上りは上りである。脚にはしっかりとした疲労が蓄積された。

 正丸峠の頂上について、記念撮影を済ませた後、早速今日のおおきな楽しみの一つである「正丸丼」を食するために、奥村茶屋の中へ入った。茶屋の中は涼しい風が通り抜けていた。風は峠道を上ってきて火照った体に実に心地よかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ