2015/6/12

3372:パン断ち  

 ほぼ2ケ月に1回の頻度で整体の施術を受けている。場所は杉並区下井草にある「PRO・FIT」。特に腰痛や四十肩などの痛みを伴う症状に苦しめられているわけではない。

 ロードバイクやテニス、さらにはゴルフ等のスポーツや、日常生活における一定の癖などにより、体には疲労感や歪みが生じてきてしまうので、定期的にニュートラルな状態に戻すためである。

 私の場合、2ケ月ほどすると背筋に張りを感じるようになる。特にロードバイクは深い前傾姿勢を長時間続けたりする。疲れは背中や腰の筋肉に溜まりやすいようである。

 今日は早めに仕事を切り上げて、「PRO・FIT」に向かった。予約の時間は午後6時である。明後日はMt.富士クライムの本番・・・それに合わせて今日予約を入れておいた。

 背筋に張りが出ると、姿勢が悪くなる。猫背気味になるのである。それが1時間半の施術を受けると、背筋の張りは見事に解消して、姿勢がずいぶんと良くなる。

 まっすぐ上に上がりづらかった右肩も具合がよくなり、すっと腕をまっすぐ真上に上げることができるようになる。また、脚の筋肉も緩やかな状態になり、リラックスした感じになる。

 前回の施術から経過した月日のうちに体にこびりついた様々なものが、削げ落ちていくような感じである。

 「いろんなものを背負っていたんだな・・・」

 と、施術後すっきりとすると、しみじみ感じたりする。

 1時間半の施術を受けている間、チューバホーンさんから「痩せました・・・?」と訊かれた。「ええ、70kgを切ることがなかった体重が69kgほどになりました・・・」と答えた。

 特に無理なダイエットをしているわけではないが、Mt.富士ヒルクライムが近づいてきたので、食事には少し気を使うようになった。

 最近では完全に悪者扱いの「炭水化物」の摂取量を減らすよう心掛けたのである。私はもともと「パン党」である。

 朝食は決まってパン。おやつもパン。「パン、パ、パン・・・!」という感じの日常を送っていたのであるが、ここ数ケ月は「パン断ち」をしている。
 
 かわりに口にするのは「シリアル」。しかもご丁寧に牛乳ではなく豆乳をかけて食している。その効果は徐々に出てきた。

 70kgを切ることがほとんどなかった体重は、おおむね69kg前後で推移している。これは30年ほど前、私が大学生であった頃の体重である。極端な減量ではないが、ヒルクライムにおいてこの差は大きいのかもしれない。

 フレームを新調して軽量化・・・「パン断ち」して減量化・・・整体で体の歪みを除去・・・いよいよ準備は整った。明日はチームメンバーと一緒に現地入りである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ