2015/5/16

3345:TC-FX66  

 私が大学生の頃からしばらくの間使っていたカセットデッキはSONY製であった。型番はTC-FX66。大学生のアルバイト代で購入できたのであるから、それほど高価なものではなかったはずである。

 1981年頃の発売であろう。非常に美しいデザインをしていた。レコードは高価なものであったから、レンタルレコード店でレコードを借りて、カセットテープに録音して聴くのが一般的であった。

 レコードプレーヤーはTRIO KP-F7。プリメインアンプはYAMAHA A6。スピーカーはTRIO LS-100。そこにSONY TC-FX66が加わり、システムが完成されていた。

 部屋には出窓部分にちょうどそれらの機器が設置できる棚があり、そこに無造作に並べていた。その当時はセッティングを考慮することもなく、アンプの上にカセットデッキを重ねていた。

 「もう今はカセットデッキなんて使っている人はほとんどいないし、若い人は見たこともないだろうね・・・」

 ちょっと昔を懐かしむ感じで、その時代のことを思い出しながら彼女に言った。そして、スマホで検索してみた。

 「SONY TC-FX66」と入力して画像検索をすると、昔懐かしいあの美しい姿を写した写真がずらっとスマホの画面に表示された。その画像を彼女に見せた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「カラフルで、綺麗・・・見ていて気持ちがすっとするような爽快感がありますね・・・良いデザイナーがデザインした事が分かります。」

 「SONYの社内のデザイナーだと思うんだけど、良いデザインだよね・・・ボタンの配列や色使い、それと指を触れたときの感触が良かった・・・この時代はこれ以外にレコードプレーヤーやアンプさらにはスピーカーも必要だったんだ・・・今の人にとっては大仰な感じに映るんだろうけど・・・」

 「部屋が狭くなりそうですね・・・今はラジカセ持ってるだけで、変わってるって・・・言われちゃいます。小さくて手元で簡単に操作できるものがたくさんありますからね・・・」

 「ラジカセ、調子・・・どう・・・?」

 「順調ですよ・・・全然壊れない。しっかりとメンテナンスしてあるんでしょうね・・・70年代ぽい雰囲気が結構良い感じで、音を出さなくてもインテリア小物みたいに部屋を飾ってくれてます。」

 「うちのもちゃんとしてるよ・・・昔懐かしいカセットテープがまだ少しばかり残っているんだけど、ラジカセを買ってから階段下の物置から箱に入ったそういったカセットテープを取り出して、たまに聴いてみたりするんだ・・・やっぱ懐かしいよね・・・そして、もう30年以上の年月が経ったんだって唖然とする・・・そんな感じ・・・」

 「30年前か・・・私が生まれた時代かな・・・」

 「何年生まれだっけ・・・?」

 「1985年・・・昭和60年・・・」

 「1985年生まれは有名女優が多いんだよ・・・確か・・・上戸彩に綾瀬はるか、蒼井優に松下奈緒・・・結構メジャーでしょう・・・」

 「確かに・・・」

 そんな、どうでもいいような話を彼女としばらくしてから、店を出た。昼間は暑かったが、すっかりと暗くなった街は空気のトーンが少し変わっていた。POLOを停めたコインパーキングまでは歩いて数分である。ズボンのポケットからリモコンキーを取り出し、施錠を解除した。POLOはいつものようにハザートランプを明滅させて、私にさりげなく挨拶した。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ