2015/3/31

3299:烏の濡羽色  

 「午後からは天気が崩れる・・・」というのが今日の天気予報であった。時坂峠を上り終えると、空には灰色の雲が・・・

 「ちょっと雲行きが怪しくなってきたな・・・」

 記念撮影を終えて、上ってきた峠道を下り始めた。下り終えたところにある有名な豆腐屋さん「ちとせ屋」で「うの花ドーナツ」と豆乳をいただいた。ここの「うの花ドーナツ」は実に美味。お土産に箱入りでたくさん買っていく人もいる。

 しっかりとエネルギーを充填したからか、灰色の雲の威圧感に圧されたのか、帰り道を行く7両編成のトレインは特急で走った。

 平坦路をスピードに乗って走るのは気持の良いもの。身長が高く70kgの体重がある私にとって平地を高速巡航するのは比較的楽である。慣性の法則にのって風を切って走っていくと脳内には麻薬成分が染みだしてくる。

 檜原街道、睦橋通りを高速で走り抜けて、拝島駅そばのファミリーマートで休憩をとった。空は薄い灰色の雲に覆い尽くされていたが、雨がすぐ降りだしそうな気配はなかった。

 「きっと夕方から降りだすのであろう・・・」

 曇っていても気温は高く空気は相変わらず柔らかであった。休憩を済ませて残り少なくなった道を走り終えた。どうにか雨に降られることはなくロングライドを終えた。

 フレームを新調したばかりであった。「雨にはふられたくないな・・・」という気持ちが心の奥底に堆積していたのでほっとした。

 自宅に帰りつくとさっそくロードバイクの清掃に取りかかった。WAKOSの「VARIOUS COAT」を取り出し、付属しているマイクロファイバークロスに吹き付ける。そしてフレームを拭きあげた。

 「黒は良いな・・・艶あり黒は・・・」

 事務所の営業車として使っているVW POLOも色は黒。黒は汚れが目立つという欠点がある。特に春のこの時期は大変である。スギ花粉や黄砂やらPM2.5などが大挙して訪れるからである。せっかく洗車しても数日もすると「汚れてるな・・・」って感じに成り果ててしまう。しかし、綺麗に洗車した直後の黒はとても気持ちが良い。

 ロードバイクの黒もワックスでピカピカに磨き上げると「気持ち良いな・・・これ・・・この烏の濡羽色のような艶・・・良い・・・実に良い・・・」という感じなる。

 KUOTA KHANをサイクルスタンドに掛けた。黒く光るKHANは静かに眠りについた。その眠りから覚めるのは1週間後の予定である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ