2015/3/2

3270:ジム  

 雨が降る日曜日。仕事を終えてから事務所のそばにある年中無休24時間営業のスポーツジム「Anytime Fitness」へ向かった。

 地下1階にあるので階段を降りていく。入口の脇にある傘立てに濡れた傘を入れて、入口を開けるためのICカードを取り出してセンサーにかざす。

 中に入るとジム独特の臭いがする。ここは小さなジムである。トレーニングマシーンがずらっと並んでいる。プールやスタジオはないのでそれほどの広さが必要ない。マシーンルーム以外には更衣室、トイレ、シャワールームがいくつかあり、全体としてコンパクトにまとめられている。月の会費も一般的なスポーツジムに比べると6割ぐらいの金額である。

 更衣室で着替えて、自販機でスポーツドリンクを1本購入し、エアロバイクの置いてあるコーナーへ向かう。10名ほどの人がいろんなマシーンで汗を流していた。

 マシーンの数はランニングマシーンが一番多い。10台ほどずらっと並んでいる。バイク系のマシーンは5台。そのうちの1台に跨る。

 もう手慣れた手順である。サドルの高さを調整し、ペダルを漕ぎ始める。「QUICK START」を押してコースボタンを選択。1〜25までの間で強度を調整する。あとはひたすらペダルを漕ぐ。

 最初の30分は強度17で、後半の30分は強度25で・・・合計1時間ペダルをひたすら漕ぎつづけた。

 エアロバイクには小型のテレビが取り付けられている。その電源をONにして、イヤホンジャックにイヤホンを差し込んでテレビを観ながらのトレーニングである。

 「やっぱり、体が疲れているな・・・」

 単純なトレーニングであるが、その日その日の体調によってその様相は変わる。今日は体調が良くないパターンである。

 ボードには消費カロリーや想定されるスピードなどが表示されるのであるが、その数値がなかなか上がらない時には体調が良くないのである。

 2月は忙しく過ごした。全く休みなく夜遅くまで仕事をしているとやはり体調はどんどん下がっていったようである。

 ぺ―スが上がらないまま、予定の1時間が終わった。汗は大量に流れた。Tシャツは汗で重くなっている。

 クールダウンの数分を過ごしながら、「3月に入ったから少し仕事のほうはペースダウンできるであろう・・・体調ももどってくるはず・・・」そんなことを思っていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ