2014/12/12

3190:Mito  

 オーディオショップ・グレンを出たのは7時半ごろであった。階段を降りていって1階にたどり着いた。Mimizukuの窓には明かりが灯っていた。通り過ぎがてらに店内を覗いてみた。4人掛けのテーブルに二人の男性が座っていた。カウンター席には誰もいなかった。CF-2850が静かに佇んでいるのみであった。

 少し歩くと、近くのコインパーキングに停めてあるVW POLOを認めた。駐車料を機械に支払った。6台が停められるコインパーキングは私のVW POLO以外にもう1台の車が停まっていた。

 白いMitoであった。不思議な偶然のように感じた。Mitoは比較的マイナーな車である。そのMitoが私が停めたコインパーキングに停まっている。それも他の車はなく、この白いMitoのみである。

 リモコンキーでPOLOの施錠を解除した。ハザードが軽い挨拶のように光った。今では当たり前の機能になっているスマートキーの機能はついていない。ドアを開けて乗り込み、キーを差し込み、右へ回した。エンジンは軽くハミングするように始動を始めた。

 VW POLOは最近マナーチェンジされた。外観は必要最小限の変更に留められている。比べて検証すると所々に変更が加えられているのであるが、ぱっと見にその印象が変わるということはない。

 外観と違って、中身はそれなりに変わっているようである。まずエンジンが変わった。1.2L直噴ターボ「TSI」エンジンが、ゴルフ7と同世代の後方排気・DOHC・4バルブユニットに変更された。従来型、すなわち私のPOLOに乗っている1.2L直噴ターボ・エンジンもかなりなものであるが、さらなる性能向上が図られているようである。

 もう一つの大きな変更点は、ゴルフ7に続いてミリ波レーダーを全車標準としたこと。これにより衝突被害を軽減・回避するプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシストプラス」が、Bセグメント車では異例の全車標準になった。

 最近車を運転していて猛烈な睡魔に襲われることがある。前の晩にジムでのトレーニングをした場合、昼食後の一定の時間にとても眠くなるのである。そういった時にこの安全装備がついていると、少し安心である。

 まだ、マイナーチェンジしたPOLOに乗ったことはないが、きっとかなりの質感向上を果たしているのであろう。

 「そういえば、『寧々ちゃん』のMitoもマイナーチェンジを数回経ている。外観は変わっていなくても、今乗っているMitoよりも格段に良くなっている可能性がある。試してみる価値があるかも・・・無理に他の車に買い替える必要性はないかもしれないな・・・同じMitoに乗り換えるなら色は白だろうな・・・きっと、白・・・」

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ