2014/9/30

3118:ギリギリバトル  

 正丸峠の頂上で恒例の記念撮影を済ませ、帰路についた。風を切って下り基調の帰り道を勢いよく走っていった。

 帰路で越えるべき峠は二つ。一つは小沢峠、もう一つは笹仁田峠。どちらも小さな峠である。ゆっくりと越えるのであれば、さほどの障壁ではない。しかし、ミニバトルに参戦するとなると話は違う。メインの峠で疲弊した脚と体にさらなるダメージが加わる。

 小沢峠まで軽快にトレインは走った。小沢峠に向かう交差点を右折するとやがて上りが始まる。最初はゆったりと上っていくが、すぐさまペースが上がり始める。

 ミニバトルに参戦するメンバーはトレインの前の方へ移動する。そしていよいよバトル開始である。ペースが上がっていき、ロードバイクの走行音とそれを走らせるエンジンの排気音も高まってくる。

 中盤からリーダーはトップを快走し、私とTさんがそれに次ぐ二番手のポジションを争う形となった。私のORBEA ONIXとTさんのLOOK 566は文字通り横並びになって走った。それぞれの前輪と後輪はぴったりと位置が合わさり、完全にシンクロしながら、坂を進んでいった。

 普段であれば前後に連なり機を見てペースを上げてそのポジションを入れ替えたりするのであるが、今回はぴったりと並走する形で上っていった。

 駆け引きという要素がほとんど入り込まないガチンコ勝負である。「ここは後ろに着けて様子を見て、最後でスパートする・・・」といった考えは沸いてこないようなバトルであった。

 ただただクランクをめいっぱい回し、激しく酸素を吸い込み、その前輪をすぐ隣で勢いよく回る相手の前輪の少しでも前にもっていこうとする・・・単純な意志のみで成り立つ並走勝負である。

 とても苦しかった。まさにギリギリという感覚である。体はほぼ限界・・・でもなぜかしら心の奥底では喜んでいた。「これがしたかった・・・正丸峠では叶わなかったが・・・これこそギリギリバトルだ・・・」

 ゴールが徐々に近づいてきた。ずっと続いていた横並び状態から、ORBEA ONIXが少し抜け出た。「このまま逃げ切れるかも・・・」心のなかには柔らかな安堵の風が少しだけ吹き込んできた。

 シッティングではペースを保てなくなったので、ダンシングに切り替えた。呼吸も心拍もギリギリである。表情は苦悶にゆがむ。

 ゴールが目前に迫った。その時私の右サイドに白い風が後方から強く吹いてきたように感じた。LOOK 566のラストスパートである。「速い・・・やはり来たか・・・」

 一旦LOOK 566の前輪はORBEA ONIXの前輪に並んだ。再度完全なる横並び状態が生じた。私も瞬間的に応戦した。クランクに込めるパワーをマックスに・・・そのまま、もつれ合うように2台のロードバイクは小沢峠の頂上に達した。

 小沢峠での「ギリギリバトル」を終えると、私は上半身をハンドルにもたれさせ、呼吸を整えようとした。これで完全に消耗しきった。最後の最後まで緩むことのないバトルであったので、その疲労度はずっしりと重かった。

 帰路にはもう一つ笹仁田峠が残っていた。「今日は参戦できるであろうか・・・かなり体にきているが・・・」よほどのことがない限り毎回参戦している笹仁田峠での高速バトル・・・棄権はしたくなかった。

 小沢峠を越えて走っていくと、笹仁田峠が近づいてきた。その前にあるほんのちょっとした上りでも息が切れた。

 笹仁田峠の上りに差し掛かった。ここは緩やかな上りで距離も短い。私は密かに「デザート」と名付けている。「デザートは別腹だからな・・・きっと大丈夫・・・」そう自分に言い聞かせながら、上り始めた。

 「デザート」にスプーンを突っ込んだのは私を含めて3名であった。3名がそれぞれ順次先頭を勢いよく引いていき、スピードがぐんぐん上がった。

 やがてハイスピードのまま最後のスプリントポイントへ突入した。「ベツバラ、ベツバラ、ベツバラ・・・」心のなかで密かに叫びながら、ダンシングでペダルにありったけのパワーを注ぎ込んだ。

 51歳の老いた肉体は、理不尽な脳からの指令を果たそうと懸命に働いた。その理不尽さに抗弁することもなく2本の脚はクランクを回し続けた。

 「ベツバラ」が「バラベツ」と聞こえる頃合いに笹仁田峠の頂上を越えた。惰性で峠の向こう側へ下りながら、「ごちそうさま・・・」と小さな声でぼそっと呟いた。これで完全なる「お腹いっぱい」状態に・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ