2014/3/17

2922:ホイール  

 ロングライドの途中でのコンビニ休憩の時、メンバーのロードバイクに装着されているホイールをしげしげと眺めていた。

 カンパニョーロ シャマル・ウルトラ、マヴィック アールシスSL、フルクラム レーシング・ゼロ、シマノ デュラエースC24、シマノ アルテグラがそれぞれ装着されていた。

 「どうせなら、MT.富士ヒルクライム本番前にホイールを良いものに換えたいな・・・」と思っていた。しかも4月以降は消費税が8%になる。「3月中に決めようかな・・・」そんなことを考えていた。

 ヒルクライムにおいて軽さはとても重要な項目である。軽さを最優先するとカーボンホイール+チューブラタイヤという組み合わせがベストとなるが、普段ロングライドなどで使う際の扱い易さという観点からはアルミリム+クリンチャータイヤがやはり安心である。

 2組持っていて、「決戦用」は普段温存しておいていざという時のみ使うという選択肢もあるが、自分の性格からすると、普段でも使えるもので徹すのが合っているような気がする。

 すると、リムはアルミでクリンチャータイヤという選択が賢明なような気がする。そう思うと昨日のロングの時にメンバーのロードバイクに装着されているホイールたちがズバリ候補ホイールとなるのである。

 気になって候補となるホイールをインターネットで価格やインプレなどを調べてみた。いくつかのインプレを読んでもどれも良い印象を受ける記事が多い。

 「すべて定評のあるホイールばかり・・・どれを選んでも間違いはないということか・・・」

 見た目的なかっこよさでいえば、カンパニョーロやフルクラムが一歩リード・・・イタリアらしい鮮やかさがある。シマノは少し地味な感じ。マヴィックは性能の高さが見た目からも滲み出ている。

 「増税までもう少し。面倒だからあみだくじで決めようか・・・」そんな気にさせるホイール選びである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ