2014/3/15

2920:土曜日  

クリックすると元のサイズで表示します

 今日の午前中でどうにかすべての確定申告書の作成を終えた。これでとりあえず一区切りである。例年のことではあるが、この時期を無事乗り切れるとほっとする。

 昼食を済ませて、近くのトレーニングジムに行った。土曜日の午後、天気は良い。しぶとかった寒さも緩み、春を思わせる陽気である。ジムの中は3名ほどいたが、いつもよりは空いている。

 確かにこの陽気なら、室内でランニングマシーンで汗を流すより、外を走ったほうが気持ちが良いはずである。自宅近くの多摩湖の周遊道路には多くのランナーが繰り出していることであろう。

 私は着替え終わるといつものようにエアロバイクのコーナーに向かった。スポーツドリンクを買って、エアロバイクのドリンクホルダーに入れた。

 手慣れた手順で椅子の高さを調整し、テレビの電源を入れ、イヤホンジャックにイヤホンのミニジャックを差し込んだ。こういったことは日常生活のなかの習慣の一つになりつつある。

 1時間汗を流した。当然体は疲れる。しかし、シャワーで汗を流し去り、着替え終わってジムを出て、地上に出る階段を上る時、心は軽くなったような気がするから不思議である。

 4時過ぎに家に着き、妻と一緒に車で近くのスーパーへ買い物へ行った。多くの新鮮な品物で店内は溢れていた。そして、多くの人々が買い物をしていた。かごのなかには野菜や果物、肉や豆腐・・・そういった品々でみるみる埋まっていった。

 久し振りに家族全員揃っての夕食である。何気ない日常生活である。でも、少しばかり新鮮に感じる。そしていつもよりも妻の手料理が美味しく感じられた。

 夕食後、リスニングルームに入った。システムが新しくなったが、仕事が忙しく、ゆったりと聴く時間がなかった。

 今日はじっくりと聴いてみようと思っていたのである。レコードを仕分けする間仕切りには演奏者の名前がテープで貼ってある。「テレサ・シュティッヒ=ランドール」のところで手が止まった。J.S. Bach Magnificatのレコードを選択した。

 LP12のターンテーブルにそのレコードを乗せた。SPUの針先を慎重にレコードに落とす。緩やかに楽音が響き始める。

 アンプも針先もまだ十分に暖まっていないので、前半は今一つ空々しい感じであるが、徐々にしっとりとした肌合いの音に変わってくる。

 そうするとどうであろうか・・・私の首は時折がくんと垂れそうになった。小刻みに首を振り、頭を起こした。しかし、ものの数分でまた同じ現象が起きてしまう。

 溜まった仕事疲れと、ジムでのトレーニングの疲労が重なり、睡魔が繰り返す波のように襲ってくる。このままだと針先を傷めかねない、と判断した私はSMEのアームを上げてLP12の電源をOFFにした。2階に上がりベッドに倒れ込むと、夢の世界へ・・・

 もう提出期日を過ぎているのにやり残した仕事があることに気づきあせりまくっている夢を見た。「かんべんしてよ・・・」夢のなかでぼそりと呟いた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ