2014/2/23

2900:雪融け  

 道路の両脇にはまだ雪が氷の塊となって融け残っている。これはロードバイクにとって厄介な存在である。

 ロードバイクは道路の左端を走る。道路幅がそれほど広くない場合、後ろから来る車は大きく膨らんで抜いていく。対向車がいる場合には抜けない。

 道路の左脇に残雪があると左に寄れず、より車道の真ん中寄りのコースを通らなければならない。そうなるとより車の走行の邪魔となる。

 左側は残雪、右側は追い抜いていく車という二つの障害物に気をつけないといけないのである。どちらも怖い存在である。

 日曜日はチームでのロングライドの日である。ここのところ積雪の影響で中止が続いていた。まだ街中であっても残雪がところどころ残っている。山に向かうことが多いロングライドの場合、走行が困難になる可能性がある。

 「もう一週間様子をみるのかな・・・」と思っていたが、相模湖に行くコースでロングライドに行くことになった。

 「久し振りだから参加したい・・・」

 そうは思ったが、私の場合雪以外にも大きな障害物が積み重なっていた。12月決算法人の申告書と個人の確定申告の書類が机の上に先日の大雪のように降り積もっている。

 道路わきの残雪は徐々に融け、その体積は減ってきているが、書類の積雪はなかなか融けていかない。

 「今週はやはりやめておこう・・・もしも雪がらみで落車してけがでもしたらこの時期大変なことになる・・・でも、走りたいな・・・」

 後ろ髪を引かれる思いではあったが、車を事務所に向かわせた。スタッフの大半が休日出勤していた。

 普段はそれほど忙しい事務所ではないのであるが、この時期はやはり忙しい。一日事務所で「雪」を融かし続けた。

 日曜日は電話も来客もなく仕事がはかどる。高かった書類の山はずいぶんと低くなった。今月を越えれば「峠」は過ぎ去る。

 「来週の日曜日のロングライドには参加したい・・・」

 そんなことを思いながら、デスクワークを続けた。ずっと座り続けていると少し腰に疲労がたまった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ