2014/2/18

2895:リコール  

 VW JAPANからPOLOのリコールの知らせが来たのは、随分と前のことであった。POLOだけでない他の複数の車種に及ぶかなり大規模なリコールのようで、部品の調達が間に合わず、実際に修理がおこなわれるまでに時間がかかった。

 ようやく私のPOLOにもその順番が回ってきた。今日の午前中POLOをディーラーに持ち込んだ。一日かかるとのことで、代車を頼んだ。

 担当者にPOLOのキーを渡した。「では代車を準備してきます・・・こちらでお待ちください。」担当者は外に行った。

 何台か展示されている車を見ていた。「NEW POLO」と書かれたプレートの付いたグレーのPOLOが展示されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 POLOがマイナーチェンジされたようである。外観を一回り見た。どこが変わったのかほとんど分からなかった。内装をチェックするべく、今度は中に乗り込んでみた。こちらも目立つ変更点がなかった。

 「いかにもドイツ的なマイナーチェンジだ、Mercedes-Benzも見習ってほしいものである・・・」そんなことを思いながら代車に乗り込んだ。

 GOLFであった。しかし、最新式でなく、一世代前のGOLF Yである。私のPOLOと世代がだぶる。内装の部品がPOLOと共通のものが多い。落ち着いた質感で、分かりやすく配置されている。

 POLOと比べると、ぐっと腰を落としたような落ち着き感がある。遮音性や振動吸収性も一クラス上の質感を備えている。さすがに世界の基準と言われるGOLFだけのことはある。

 POLOの方が接地感や操舵感がダイレクトできびきびした感覚がある。より若くフレッシュなPOLOに対して、GOLFは落ち着きのあるナイスミドルというところか・・・いずれも高いレベルの車である。改めてVWの実力の高さを感じる一時となった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ