2014/2/16

2893:雪害  

 大雪は各地で被害をもたらしている。埼玉県富士見市では体育館の屋根が雪の重みに耐えられずに崩落した。

 今回の雪は重い雪であった。朝には雨も降りだしさらに重量が増した。この雪は我が家にも被害をもたらした。

クリックすると元のサイズで表示します

 朝起きだして、何気にカーポートを見上げた。何となく違和感があった。「歪んでいる・・・」カーポートの屋根の骨組みが雪の重みのためにたわんでしまっていた。さらに屋根から落下してきた雪の直撃を受けたために一部屋根部分の強化プラスチックが破損していたのである。

 屋根部分を支える支柱には特に問題は発生していないようである。「こういうカーポートって屋根部分のみを取り換えることって可能なのであろか・・・」そんなことを思いながら見上げていた。

 しかし、17年ほど前に設置したカーポートである。同じ型番の製品があるとも思えない。となるとすっかりと新しいものに取り換える必要があるのであろうか・・・

 「こういった損害には家にかけている火災保険はきかないだろうな・・・自然災害だものな・・・昨年の夏、埼玉県で竜巻により重大な損害を出たが、こういった自然災害による損失には特約を付けていない普通の火災保険では補償できないと聞いた覚えがある・・・雪害も同様であろう。まあ、念のため代理店の人に訊いてみよう・・・特約が付いているかもしれない。」

 日曜日も気温が高かったので、雪はかなりの部分が溶け去ってくれた。月曜日からは車が使えそうである。

 心配なのは週間天気予報で水曜日と木曜日に小さいながらも雪マークがついていることである。「三度目」がないことを心から祈りたい気分である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ