2014/2/8

2885:4WD  

 天気予報のとおりであった。雪はほぼ一日中降り続き、東京では20年ぶりとなる大雪に見舞われた。都心でも20cm程積もり、自宅のある郊外では30〜40cm程も積もった。

 20年前の大雪に関する記憶は定かではないが、今回の積雪の方が凄いような気がする。夜になって自宅の周りを少し歩いてみたが、膝下まで脚が沈み込む。「かんじき」か何かがないとちゃんと歩けないほどである。

 明日は天気が回復し、気温も10度近くまで上がるようである。午前中は自宅の周りの雪かきに追われることになるであろう。

 1年に1回あるかないかの雪かきであるが、これが結構疲れる。特に今回は雪の量が半端ではないので、相当な重労働を強いられるであろう。

 明日は一日、車は使えないであろう。Mercedes−Benz E350は後輪駆動である。タイヤはスタッドレスに履き替えていない。これでは雪道はとても危険である。ちょっとした坂道でも、後輪がスリップしてお尻を振ってしまう。

 雪が降って積もると、「次は四輪駆動にしようかな・・・」という気になる。四輪駆動でもタイヤがノーマルであれば本格的な雪道はしんどいであろうが、少し積もった程度であれば充分大丈夫であろう。

 「四輪駆動といえば、Audiか・・・」自然とAudiが思い浮かぶ。Eクラスや5シリーズと覇を競いあっているのがAudi A6である。Audi独特のデザイン要素が満載された近未来的なデザイン・・・質感高く作り込まれた内装・・・AVANTと呼ばれるワゴンタイプの販売比率が高く、ワゴンモデルにも力を相当入れている。

 ロードバイクを始めたために、次回もワゴンモデルの購入を予定している。5シリーズワゴンが最有力候補であったが、こういった雪を経験するとAudi A6も候補に挙がってくる。

 昨年の成人式の日にも雪が積もった。ちょうど上の子が成人式であった。会場まで送っていくことはできたが、その帰り道で少々怖い思いをした。

 そのときにも「Audiはクワトロと呼ばれる4WDが標準装備だからな・・・BMWも4WDモデルはあるが、後輪駆動でないBMWってどうなの・・・という気がするな・・・」なんて思っていた。

 しかし、冷静になって考えると、雪が積もるのは年に1回あるかないか・・・4WDの恩恵をしみじみ感じるのはそう多いことではないであろう。

 走行距離はもうすぐ70,000km。だんだんと次の候補を具体的に考えてみたくなる。「あと30,000kmか・・・でも2年ほど先の話か・・・」こちらも、冷静になって考えてみるとまだまだ先の話であった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ