2014/2/2

2879:T字路  

 朝の6時にベッドから這い出した。窓から外を眺めた。雨は降っていないようであった。「どうにか大丈夫かな・・・」そう思って1階のリビングへ・・・

 取り急ぎ昨日の出来事をブログの記事にまとめた。これで6時20分に・・・急いでサイクルウェアに着替えた。朝食の食パンを口に突っ込んでミルクで流し込む。6時半を回った。歯を磨き、顔を洗い、ひげを剃る。

 更にボトルのドリンクを用意し、タイヤの空気圧を確かめる。少し空気圧が足りないのでポンピング・・・所定の8.5で止める。

 なんだかんだで時間は6時55分に・・・サイクルシューズを履いてサイクルカバーを付ける。ヘルメットをかぶって、サングラスをして、ORBEA ONIXに跨った。時間はちょうど7時。

 自宅から集合場所のバイクルプラザまでは7kmほど。ゆっくり走って7時25分ほどに着く予定である。ここ数日この時期としては暖かい日々が続いている。今日もそれほど寒く感じない。空には灰色の雲がへばりついていた。「もつかな・・・雨が降らないと良いけど・・・」そんなことを思いながら走った。

 サイコンの走行距離が7.1km、時間表示は7:26で集合場所であるバイクルプラザに着いた。時間も距離もいつも通りである。しかし、いつも通りでない光景が・・・誰もメンバーが来ていない。いつもであれば数名のメンバーが談笑している時間である。一瞬ポカンとした。

 「今日は中止か・・・しまったtwitter確認しなかった・・・」メンバー間の連絡はtwitterで行う。今日は時間が押していて確認するのを忘れてしまった。「天気が微妙だからな・・・確認すべきであった・・・」そう思ったが後の祭りである。

 空を見上げた。灰色である。雨が降り出してもおかしくはない。「午前中はもつかな・・・もしかしたら1時ぐらいまでは大丈夫かも・・・」そんな無理やり気味な楽観主義を貫いて、単独ロングに出かけることにした。

 早めに返ってくるなら「時坂峠」かな・・・そんなことを思って、玉川上水に沿って走るコースを選択。国道16号を横切って睦橋通りへ・・・空は少しづつ明るくなってきた。「今日大丈夫じゃない・・・これなら・・・」楽観主義はますます増長し始めた。

 武蔵五日市駅に着く頃には雲の合間から青空が垣間見えた。檜原街道に入る。檜原街道の陰地に辿りついても、道は白くなってなかった。やはり今日は暖かいのであろう。

 檜原村役場を過ぎてT字路に達した。右に行けば「時坂峠」。左に行けば「都民の森」である。ちょうど赤信号で停まった。

 空は益々青くなっていた。「都民の森に行ってみるか・・・」都民の森はこのT字路から21km。前半は上り基調のアップダウンが続き、終盤は厳しい上りが最後まで続く。「時坂峠」へ行くより距離は長くなりハードなコースとなる。

 空に青空が見えだしたのに気を良くしてT字路を左折した。しかし、これが大きな選択の誤りであった・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ