2013/10/21

2776:LSD  

 「LSD」と聞くと、なんだか麻薬の名前のようであるが、トレーニングの名称である。最新号の「FUNRAIDE」に特集記事が載っていた。

 「LSD」はロング・スロー・ディスタンスの略とのこと。最大心拍数の60〜70%の強度で長い距離を走るトレーニング。このトレーニングの狙いは心臓に軽めの負荷を長時間かけ続けることによって、体内の毛細血管を発達させ体内の酸素供給能力を引き上げることにある。毛細血管が発達し酸素供給能力が高まると筋肉が十分に動き、基礎的な体力を向上させるようである。

 雑誌の記事を読みながら、「これなら、それほど辛そうではないし、良いかも・・・」と興味を持った。

 ヒルクライム用のトレーニングは辛いものが多い。インターバルトレーニングなどはその最たるもの。最大心拍数付近で漕ぎまくる・・・ゆっくりと回して心拍数を下げる・・・そしてまたもがく・・・を数分ごとに繰り返すトレーニングである。
 
 もがく回数が3回、4回となるとへろへろになる。効果的なトレーニングなのであるが、しんどいので積極的にやろうという気になかなかなれない。やろうとする前の心の中の抵抗値が相当高いのである。

 ついつい「明日にしよう・・・今日は仕事で疲れたから・・・風呂に入って寝よう・・・」ということになりがちである。

 「LSDなら・・・負荷も低いし・・・」と思ったが、雑誌を読み進むと「LSDでの心肺強化練習は、20分程度のウォーミングアップを終えてから40〜60かけて体幹強化練習をして、2〜4時かけて行う。こうすることで体脂肪の燃焼効率が上がると言われている。」と書かれていた。

 「これは完全に休日でないと無理か・・・最低でも3時間コースである。休日で時間が少し空いて、ロングに行くほどではないが・・・という時に良いかもしれない。」

 自宅のすぐそばには多摩湖の周遊道路がある。そういう地理的な条件がロードバイクを始めるきっかけにもなったのである。このコースは1周12キロほど。アップダウンが少なく走りやすい。このコースはLSDトレーニングに最適である。「2周で1時間、4周すれば2時間・・・今度時間が出来たらやってみよう・・・」そう思った。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ