2013/10/11

2766:体育会系  

 「ジェニファー」の髪型が変わった。より女性らしく穏やかな印象を与えるものになった。秋仕様であろうか・・・しかし、今日はレッスンが終わった後の休憩時間の会話のなかで、彼女の男性的ともいえる強靭な姿勢を感じる話を聞くことができた。

 彼女は来週から10日間ほどインドネシアのバリ島で行われる世界的に著名なダンスの先生の主催する海外研修に参加する。そこには海外の競技会で優勝するような選手も参加するとのこと。そういったハイレベルな選手達とともに朝から晩までハードなトレーニングを行うのである。トレーニングは一日が終わるとその場に座り込んでしまうほどのハードなものとのこと。彼女はそういった海外研修に年に2,3度参加しているようである。

 そして、競技会にも年に数回参加する。それは国内で行われるものだけには限らない。こういった海外研修や競技会に参加する費用も相当なものになるはずである。

 彼女はそれだけ社交ダンスに人生を賭けているのであろう。時間やお金の大半を社交ダンスにささげている。

 これは推測の域を出ないが、彼女の左手の薬指に指輪が無いのはやはり結婚していないからであろう。彼女は社交ダンスと結婚したと言ってもいいのではないか・・・そんな気がした。

 結婚すれば、当然時間的にも経済的な面でもある程度の制限がかかる。ましてや、出産・育児といったことになれば、それは決定的な制約となる。

 彼女は社交ダンスを優先し、結婚や出産といった選択肢は今のところ自分から遠ざけているのではないであろうか・・・

 そういった人生を選んだ。そのことには少しの躊躇もないように感じられる。自分の人生を賭けることができるものに出会い、それに没頭する。それに喜びを感じている。

 その人生はとても幸せなものに違いない。彼女にとって社交ダンスは趣味ではない。職業であり、目的であり、彼女の人生そのもの・・・なのかもしれない。

 そういった彼女なので、レッスンは厳しい。単にステップがそれらしくこなせていれば良いというものではなく、基本の姿勢や体の使い方にしっかりとこだわる。

 「体育会系」なのである。始めて数ケ月の私はまだ社交ダンスの基本姿勢といたものが身についているわけではないが、どうにかこうにか言われるがままに体を動かしている。

 わずか30分のレッスンではあったが、終わると汗が流れた。そして、普段使わない筋肉を使うようで、腰回りに少々張りを感じた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ