2013/8/31

2725:雨  

クリックすると元のサイズで表示します

 数台の車に分乗して、乗鞍高原の民宿に到着したのは11時を少し過ぎていた。集合地点のバイクルプラザを出て高速道路をひた走り、松本インターを降りるまでは天気は快晴に近い状態であった。

 しかし、乗鞍高原に近づくに従って雲の色合いが鈍いものに変わってきた。宿に着いて途中のコンビニで買った昼食を手早く済ませて小休止した後、サイクルウェアに着替えた。

 山の稜線は雲に隠れてほとんど見えていなかった。受付開始は1時から、受付を済ませて、チームメンバーと一緒に明日の本番に疲れが残らない程度に走る予定であった。

 しかし、宿から受付会場へ向けて上り始めると、ぽつぽつと小粒の雨が空から落ち始めた。雲の流れは速く、だんだんと灰色の色合いが淡いものから濃いものへと変わっていった。もう少しで受付会場というところまで来たところで雨脚は本格的なものになった。

 一旦木陰に避難。しばし雨宿りをした。しかし、なかなか雨脚は弱まらない。少し雲の切れ目が見えてきたかなと思うと、すぐさま厚い雲が流れてくるという感じであった。

 完全には止まないであろうと判断し、少し雨脚が弱まったところで受付会場へ向かった。受付を済ませ、記念品を受け取って、宿に戻ることにした。

 その帰りの道中も途中からざっときた。帰り道は下りである。路面が濡れているのでゆっくりと下っていった。冷たい風も吹き始め濡れた体には冷たく感じられた。

 ようやく宿に着き、濡れた体を拭き、そしてロードバイクの車体を丁寧に拭いた。今日のトレーニングは中止である。

 明日の天気はどうであろうか。皆スマホなどので天気予報を確認していた。「明日は午後から雨で午前中は大丈夫の予報ですよ・・・」メンバーの一人が言った。

 とにかく、上っている最中は降らないでほしいものである。天候はモチベーションに大きな影響を与える。Mt.富士ヒルクライムの時のような快晴は望まなくても、曇天であってもいいから雨は避けたいところである。

 しかし、こればかりは運を天に任せるしかないであろう。山の天気は変わりやすいもの・・・宿に戻ってからも、少し晴れ間が出たり、またざっと降ったりの繰り返しであった。

 明日のスタートは7時43分。それから1時間40分近い時間を苦難の中で過ごす。「どうせ苦難の中で時間を過ごすのであれば、雨でも構わないか・・・」風に流されていく分厚い灰色の雲を宿の窓から眺めてると、そんな達観したような気分にもなってくる。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ