2013/4/30

2602:靴ひも  

 「先週と同じ中学生のペアだ・・・そうか同じ曜日の同じ時間か・・・」

 ダンス教室のドアを開けて中に入って、目に入ってきたのは先週と同じ風景であった。女子中学生のペアがレッスンを受けていた。ラテンを踊っていた。かなり複雑で激しいダンスである。

 年配の男性が個人レッスンを受けていた。かなりの経験者である。細部にこだわったレッスンである。年の頃は60台半ば・・・仕事はもうリタイアしていても不思議ではない年齢である。趣味が生きがいになっているのであろうか、とても熱心である。

 そして、先週と唯一違っていたのは「ジェニファー」である。先週は年輩の女性のレッスンをしていたが、今日はひとつ前のレッスンは終わっていたようで、ひとりで鏡を見ながら自分自身の練習をしているようであった。

 「こんばんわ・・・」

 軽く挨拶をして、靴を一旦スリッパに履き替える。スーツをハンガーにかけて、無料で貸してくれるダンスシューズを履いて、靴ひもを結んだ。今日でダンス教室の個人レッスンは3回目である。まだ慣れない

 まずは先週の復習から・・・クローズドチェンジ・・・軽く膝を曲げ、ライズしながら一歩、そして斜め横に2歩、3歩で足を揃える。
 
 ステップは踏み出す足ではなく、後ろの足がそのエネルギー源である。骨盤はまっすぐ。目線は目の位置よりも上。背中はピンとまっすぐ。まだ、姿勢が悪いようである。細かな注意ポイントをチェックしながらレッスン。

 続いてはナチュラルターン。何度か繰り返し練習した。一定方向にまわり続けると、少し目が回る。テンポはまだゆっくり目である。これが、音楽に合わせて速いテンポになると、さらに目が回るような気がする。

 最後は、リバースターン。これが厄介である。左回りは難しい。女性は男性から見て右サイドにいる。半身づつずれているのである。なので、右回りのナチュラルターンは比較的容易である。逆に左回りは難しい。外まわりの時は大きく回り、内回りの時はコンパクトに回る。そういった点も気を付けないといけない。

 ナチュラルターン・クローズドチェンジ・リバースターンと組み合わせて踊った。やはりリバースターンになるとぎこちなくなる。

 「ジェニファー」は「だいぶ良くなりましたよ・・・」と励ましてくれる。その優しい笑顔は大きな原動力となる。来週の予約を入れて外に出た。昼間は暑いくらいであったが、夜になったら少し気温は落ち着いた。火照った顔に心地よい風が吹いていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ