2012/11/28

2449:メンテナンス  

 QUAD22の電源スイッチも兼ねているボリュームノブを右に回すと、パイロットランプにオレンジ色の灯りがともる。

 そして、パワーアンプであるQUADUの真空管にもオレンジ色の灯りがともり始める。真空管が熱を帯び始める頃、左チャンネルから「ギュイ〜ン」と少々意表を突く音が飛び出す。

 その後ハム音のような低く唸るようなノイズが継続する。音楽をかけるとほとんど気にならなくなるのであるが、やはりあまり気持ちのいいものではない。

 QUAD22とQUADUの左右の接続を変えてもやはり左チャンネルから出る。ということはパワーアンプが原因である。

 QUADUの真空管を左右入れ替えても、やはり左チャンネルから出る。ということは真空管の不具合でもない。左チャンネル用に使っているQUADUの内部にある何らかの部品に不具合が生じた可能性が高い。

 こういう時は、メンテナンスに出すしかない。アンプのメンテナンスは横浜市南区にある「クラシック・ガーデン」に出している。

 ここはビンテージ・オーディオを扱うショップ。実際に行ったことはないが、知人の紹介でメンテナンスを依頼するようになった。

 QUAD22・QUADUは何度メンテナンスに出したであろうか・・・今回で5,6回目になるであろう。特にQUAD22は不具合が出やすく、家を空けることが多かった。QUAD22の内部を覗いてみると、あんな狭い空間にぎっしりと部品や配線が詰まっている。相当無理のある空間構成である。「これでは故障も出やすい・・・」と思わず思ってしまうような内部であった。

 QUADのアンプはとてもコンパクトであるのが一つの特徴である。QUAD22・QUADUの後を引き継いだQUAD33・QUAD303やQUAD44・QUAD405もコンパクトでスタイリッシュな造形である。

 「小さくあること・・・」に対するこだわりは相当強いものがあったのであろう。コンパクトであることに対するこだわりはスイス製のアンプの一部にも見ることができる。

 Stellavox、GOLDMUND SRシリーズ、JOBといった一連の製品もとてもコンパクトである。大きさの割には価格は高めであるが、小さいが故の精緻な感覚に溢れている。

 何故かしらコンパクトなオーディオ製品に心惹かれることが多い。小さいから音が良いというわけではないのであるが、少なくとも腰を傷める心配がないのは良いことである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ