2012/10/3

2393:整体  

 今日はずっと切っていた暖房便座の電源を入れた。急に秋が深まった。最高気温がぐっと下がり、気をつけないと体調を崩しそうである。こういった季節の変わり目は溜まっていた体の疲れが表に出やすい。巷では風邪で体調を崩しているかたも多いようである。

 さらに昨日のテニスの疲れも加わって、今日は朝から体が重かった。昼食後、顧問先に向かって車を走らせていた時、重い睡魔が襲ってきた。信号待ちしているときなど、意識が遠のきそうになる。これは危ないと近くのコンビニによって眠気覚ましのガムを購入した。

 今週末には「グランフォンド八ケ岳」に参加する予定が入っている。前日受付であるので土曜日に出かけて一泊し、本番は日曜日である。タイムを競う大会ではないので、比較的穏やかな雰囲気だと思われる。しかし、コースは上り基調で、距離も長い。それなりに体に負担がかかるはずである。

 そこで、溜まった体の疲労を取り去り、さらに週末のロードバイクイベントに向けて体のバランスを整えるため、杉並区の「Pro・Fit」で整体を受けてきた。

 私は疲労がたまると背筋の張りが強くなる。そうなると猫背っぽくなってしまうようである。1時間半の施術後、背中の張りはすっかりと消えた。そうすると丸まっていた背中がすっと伸び、身長が高くなる。数センチは違うのでないであろうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 整体ですっきりした後、チューバホーンさんのリスニングルームで少しの時間を過ごさせていただいた。ネットーワークの不調に悩まされたTANNOY LANCASTERもすっかりと復調し、ノイズが発生していた、サウンドパーツのパワーアンプも、整備が済んだ。

 そのサウンドパーツのパワーアンプはクワドラスパイアのボードに乗せられていた。またオーディオ機器が並ぶラックも全てクワドラスパイアのものに統一されていた。色は、メイプルのボードにシルバーのポールである。爽やかな色合いである。この色は、スウェーデンハウスの内装色にしっくりと合う。

 まずはモーツァルトのピアノ協奏曲を聴かせていただいた。ピアノは田部京子。最新録音のSACDである。音が出た瞬間、「風通しがいいというか、すっと音が抜けていく・・・空間も広く、音の粒子の微粒子感が秋風のように気持が良い・・・」という感想が漏れた。

 その後何枚かのCDを聴かせていただいた。いずれもこの最初の印象の音の質感である。ホール感がしっかりと出て、高域と低域のバランスが崩れることなく、すっと背すじが伸びている。決して猫背ではない。姿勢が実に自然で理にかなっている。

 機器の不調により一時体調を崩していたチューバホーン邸のオーディオであったが、すっかりその体調は戻ったようである。LANCASTERはオーディオラボ・オガワで、そして、パワーアンプはサウンドパーツで、しっかりとした「整体」の施術を受けたようである。施術後のバランスは実にニュートラルである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ