2012/6/25

2293:グランフォンド  

 「距離は117kmか、それほど長いわけではないな。標高差は1,000mか、これは結構きつそう。どうしようか・・・やっぱりやめておくか・・・いや、ヒルクライムだけというのも今一つ面白みに欠けるような・・・やっぱりエントリーしよう」

 そう心に決めて、「グランフォンド八ヶ岳」のパソコン画面を進めた。RUNNETにはMt.富士ヒルクライムにエントリーする際に事前に登録してあったので、比較的スムースに進む。

 Mt.富士ヒルクライムのように超人気イベントではないので、時間にせっつかれることもない。入力項目を一つ一つ入力していく。乗っている自転車のブランドまで入力する項目もあった。

 全ての項目を入力し終えて、「エントリー」をクリックする。最後に参加費7,500円をクレジットカードで決済して、エントリーは完了した。

 グランフォンド八ヶ岳の日程は10月7日。前日の10月6日が受付日であるので、必然的に1泊2日となる。八ヶ岳周辺はペンションやホテルには事欠かないので、宿泊場所に困ることはないであろう。

 グランフォンド八ヶ岳の公式ホームページには、「八ヶ岳の絶景を望めるビューポイントや木漏れ日溢れる高原ラインなど八ヶ岳ならではのコース設定です。また、南アルプスで富士山を見渡せるビューポイントもあります。標高1,600m以上、標高差1,000mを誇る、日本屈指の山岳グランフォンドです。八ヶ岳南麓では高原ならではの美味をいたるところで味わえます。コース沿いにあるお店に立ち寄ってグルメを味わおう。」と広告されていた。

 タイムを競う競技ではない。自分のペースで走り、周囲の景色を楽しみ、エイドで出される食事をところどころで楽しむ。

 それでも長い上りは当然待ち構えているし、天気だって晴天とは限らない。楽しいばかりでは当然ないはずである。

 ロードバイクのイベントには8月に行われる予定の「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」が初めての参加となる。Mt.富士ヒルクライムはエントリーのしかたが良く分からず、エントリーに結局失敗してしまったのである。

 何かしらもう一つ参加したいと思っていたところ目に留まったのが「グランフォンド八ヶ岳」であった。

 「日本屈指の山岳グランフォンドか・・・そそられる謳い文句だな・・・」グランフォンドはイタリア語で「長い距離を移動する」という意味であるらしい。

 約120kmの距離はそれなりに長い。ずっと平坦であればたいしたことはないが、八ヶ岳の周囲を走るので当然高低差は相当ある。

 これで、参加予定のイベントは二つとなった。こういったイベントに参加することは、当然モチベーションのアップにもつながる。エントリーが完了したので、今日は涼しい夜の空気の中「夜練」にでも出かけよう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ