2012/6/10

2278:1周年  

 昨年の6月5日にはじめてロードバイクのロングライドに出かけた。その時の目的地は「時坂峠」であった。ヒルクライムもその時が初めてであった。

 あれから1年が経過した。今日のバイクルプラザR.T.の目的地も「時坂峠」であった。「あれから1年か・・・経ってみると早いが、灼熱の真夏を越え、厳寒の真冬を越えて、ロングライドに参加し続けた・・・あの時は足を着かずに上りきるだけで精一杯だったな・・・」多少懐かしく思い出した。

 「時坂峠」に行くルートはいつもであれば玉川上水に沿って西に進み、睦橋通りに出るものであるが、今日は昨日の雨で道が悪いかもしれないということで、青梅経由で行くこととなった。

 このルートだと距離が少し伸び、さらに小さな峠を一つ越える必要があった。時坂峠の上り口に辿りついた時には、少々足に疲れがきていた。

 「今日はどうしようか・・・少々足にきているが、ロングライド1周年記念だし、前半から飛ばしてみるか・・・」そんなことを思いながら、いよいよヒルクライムをスタートした。

 時坂峠は斜度のきついところもあるが緩いところもある。上る距離は4km弱。それほど長くはない。長くはないが、前半飛ばせば、当然後半は辛い時間が待っている。

 辛い時間が待っているのは分かっているが、逃げれるだけ逃げようと、相当なハイペースでクランクを回した。心拍数も呼吸もすぐに限界点近くまで迫ってくる。

 後半のつらい行程もどうにかだれきらずに乗り切れることができた。もちろん、後半ペースをあげてきたメンバーの数名には抜かれてしまったが、前回計測したタイムよりも20秒ほど早いタイムで峠の頂上に到着した。

 峠の頂上付近に見晴らしのいい場所があり、「今日は雲が多いけれど、見晴らしが良いですね・・・」と言うとメンバーの一人が「あの小さく見えるのがきっとスカイツリーですよ・・」と教えてくれた。

 その指差す方を見てみると確かにそれらしいタワーが小さく見える。「ここからも見えるんだ・・・」そう思いながら携帯のカメラで試しに写してみた。しかし、携帯のカメラではほとんど映りこまなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ロードバイクでのロングライドとヒルクライム・・・この1年間思いのほか嵌まった。体力もついたし、体も相当締まった。これから1年後、2周年の時にはどこの峠に上っているのであろうか・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ