2012/6/5

2273:アイミティー  

 ゴルフスクールが終わって、休憩コーナーでアイスミルクティーを飲んだ。「寧々ちゃん」は、新しく出た見慣れないスポーツドリンクのペットボトルを手に持っていた。

 Nさんは今日は休みであったので、二人きりであった。先週彼女から借りた「スイングイメージは直線」をその時返した。

 「ありがとうございました。すぐに読み切ってしまいました。」そう言うと、

 「どうでしたか、参考になりましたか・・・」彼女は、興味深そうな目つきで訊いた。
 
 「ええ、とても・・・今までいろいろと悩んでいたことの解決策があるような気がしてきます・・・」

 「そうでしょう・・・私もなんだか、上達しそうな気がしたんです・・・」彼女は柔らかく微笑んだ。

 「そういえば、この中井学さんはBSで帯番組持っているんですよ・・・」彼女は、左手が気になるのか、左手の甲を右手でさするようにしながら話した。

 「えっ・・・何時からですか?」
 
 「確か9時55分から5分間だけなんですけど、月曜日から金曜日までやっています。BS11です。私はいつも録画予約しています。5分なんであっという間に終わってしまいますが、毎日見ていると、ワンポイントアドバイスがどんどん蓄積していくような感じです。」

 「じゃあ、私も録画予約してみます・・・」

 そんな話をしながら、10分ほど経過したであろうか、二人ともドリンクを飲みほしたので「じゃあ、そろそろ行きますか・・・」と腰をあげかけた時、彼女が左手の甲を右手で揉みほぐすようにしていたのを目にして、「左手、痛めたのですか?」と訊いた。

 「ボールを打っていて、少し痛みがあるんです。ちょっと気になって・・・」

 「見てみましょうか・・・」

 そう言うと、彼女は左手をそっと差し出した。その手を両手で下から支え、見てみたが、赤くなっているわけでもなく、特別に変わったところはなかった。

 「痛みが続くようなら、診てもらったほうが良いかもしれませんね・・・」そう言って、彼女の左手を離した。

 「きっと明日には治っていると思います・・・」彼女はそう言いながら、静かに微笑んだ。


 「そうですね・・・じゃあ、また来週・・・来週はスクール参加しますか?」

 「ええ、その予定です・・・」

 「そうですか、私も仕事で急用が入らない限り、参加します・・・」

 お互い他に何か言いだすべきことがあるような気がしたが、そのまま、各々の車に向かった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ