2012/6/20

2288:台風  

 ゴルフスクールの終盤に差し掛かって、いよいよ雨風は強くなってきた。そのため、予定よりも10分ほど早く、ゴルフスクールは終了した。

 「さすがに、これは凄いことになってきたな・・・」

 その荒れ狂う様子を見ながら、いそいでクラブハウス内にキャディバッグを運び込み、休憩コーナーの椅子に座って、ガラス越しに台風の猛威を眺めていた。

 「どうしますか・・・今は出ていかない方が良いと思いますよ・・・きっと今がピークでしょう・・・少し様子を見ましょう。これでは車の運転も危険ですよ。」

 私は、アイスコーヒーをテーブルに置きながら、「寧々ちゃん」に話しかけた。

 「そうですね・・・これではちょっと危ないですね。枝とか風で飛んできそうですし・・・今年一回、凄い強風の日に車を運転していて、怖い思いをしたことがありました。」

 彼女も、外の風のただならぬ様子を目の当たりにして、目を丸くしていた。

 「これだけ風が吹くと、車の下に風が猛烈な勢いで流れ込んできて、凄い音を立てるんです。しかもハンドルをとられる危険もあります。」

 私も、一度強風の吹き荒れる中車を運転していて怖かった体験について話した。車の下に吹き込む風は「ゴーゴー」と不気味な音をたて、ハンドルがとても重くなったことがあった。

 Nさんはお休みであったので、彼女と二人でしばらく時間をつぶすこととなった。時折強風が威嚇するように音を立てて、雨を休憩コーナーのガラス窓へ叩きつけてくる。

 台風はしっかりとその仕事をこなしていた。「これだと電車も止まっているかもしれませんね・・・」彼女は、雨がざっとガラス窓に当たると、呆れた様子でそちらを眺めながら言った。

 台風は日常的な風景を一変させる。激しく、暗く、猛々しい。それは見ている者の心理にも強く働きかける。

 なにかしら、揺れ動くのである。揺れ動かされた心は徐々に日常的な平常心をそぎ落とされる。そして、内奥に秘めていた、衝動的な情念が露わになってくる。強烈な雨風は木々の枝や葉を吹き飛ばすだけでなく、人間の心の枝葉も吹き飛ばすかのようであった。

2012/6/19

2287:強風  

 強風に煽られて、ボールはすっと右に持って行かれた。雨は時折強く降った。今晩のゴルフスクールは、台風4号が関東地方を蹂躙するなかで行われた。

 参加者はさすがに少なかった。私を入れて3名のみであった。さすがに私も今日は止めようかと思った。「寧々ちゃん」がどうするのか気になったので、彼女に事前にメールを入れてみた。

 「今日は台風直撃のようですね・・・今晩のゴルフスクールどうしますか?」

 しばらくしてから返信があった。

 「最近運動不足なので、行こうかと思っています。行ってみて、雨が打席に降り込んでくるようなら、中止になるかもしれませんけど・・・」 その返信を確認してから、もう一度送信した。

 「私も行ってみます。ゴルフは最近低迷状態から抜け出せないので、もう少し頑張って練習しないといけないな、と思っていたところです。」

 雨も風も台風の影響で強かった。でも風向きの関係か、打席に雨が降りこんでくることはなかった。7時になると鈴木プロが打席にやってきた。

 今日のワンポイントレッスンンは、「腕を使わないスイング」であった。アドレス時に両脇をしっかりと体に付けて、その両脇の締まりを維持したままスイングしてボールを打つというドリルであった。

 両脇を締めたままであるので、スイングは小さくなる。トップの位置も低く、フォローも腰よりも少し上くらいの高さまで。飛距離は当然落ちる。

 「このボディーターンのみのスイングで、フルスイングした時の8割程度の距離が出るのが理想です。このドリルを30分ほどしてください。このボディーターンのみで腕を使わないスイングをしっかり身につけるとフルスイングしても方向性のブレが少なくなります。」

 鈴木プロはそう説明した。最初のうちは、窮屈に感じられてぎこちなかった。しかし、30分ほどすると少し慣れてきた。確かに方向性の安定性は出るような気がした。

 低めのまっすぐのボールが出る。この感覚をしっかりと身につけることができれば、方向性のばらつきをなくすことができるような気がする。

 「腕中心のスイングは調子の良い時は良いのですが、プレッシャーがかかったり、リズムが悪くなると、どうしてもミスが出やすくなります。ボディターンを使ってスイングすれば、安定性は高まります・・・」

 7番アイアンで30分このドリルを終えてから、ドライバーやフェアウェイウッド同じドリルをしてみた。アイアンと違って長いウッド系のクラブでは腕と体の一体感を維持するのが難しい。7番アイアンのようには上手くいかない。それでも時間が経過すると、バラつきが少なくなってきた。

 これは今後しっかりと取り組むべき課題であろう。「腕を使わない・・・腕を使わない・・・」心のなかでぶつぶつ呟きながら、強風に向かってボールを打ち続けた。 

2012/6/18

2286:過酷  

 「過酷」という形容詞がふさわしいセッティングである。優勝スコアが「+1」であった全米オープンゴルフ選手権のセッティングは、狭いフェアウェイ、深いラフ、硬く恐ろしく速いグリーンが並みいる世界の強豪選手たちを苦しめた。

 優勝は伏兵といえるウェブ・シンプソンであった。初日・二日目と素晴らしゴルフをしたタイガー・ウッズは3日目でつまづき、最終日もスコアを落としてしまった。

 一番優勝の近い位置にいたジム・フューリックは、彼の持ち味である粘り強いゴルフで首位をキープしていたが、16番のティーショットで痛恨のミスが出た。

 ここまで、このシビアなコースセッティングに対して強靭な精神力で対抗していたフューリックであったが、ここで大きくリズムを崩していしまった。

 続くロングホールでもバーディーがとれなかった。プレイオフに持ち込むためには、最終18番は、どうしてもバーディーが必要となった。

 ティーショットはまずまずのショットである。右のファーストカットから狙いすましたセカンド・ショットは無情にも左のバンカーへ入ってしまった。これで万事休す。

 同じ最終組で回ったマクドウェルもずっと我慢のゴルフ。つかず離れずフューリックと首位争いを演じてきていた。

 しかし、スコアは伸びず、フューリック同様、プレイオフに持ち込むにはどうしてもバーディーが必要な最終ホール、セカンドショットは距離は少しあるがピンハイにつけた。

 そのバーディーパット、下りのフックラインである。前日までは恐ろしく速い下りのラインであったが、最終日は霧が出てグリーンが湿った。そのため、若干スピードは遅くなっている。

 その勝敗の行方を最後に決めるパットは最初から左目のラインを下って行って、カップをはずした。その結果、ウェブ・シンプソンの優勝が決まった。クラブハウスでその様子を見ていたウェブ・シンプソンは妻と抱き合った。

 今年の全米オープンゴルフ選手権は、最後の最後まで勝敗の行方が分からない素晴らし展開であった。過酷なセッティングに一人また一人と脱落していく展開は観ている者をも息苦しくさせると同時に、ゴルフの怖さを見せつけた。

 個人的には、復調してきたタイガー・ウッズのチャージを期待していた最終日であったが、それはかなわなかった。しかし、初日、二日目のゴルフを観ていると、復調していることは確かである。今後の展開に期待できる。

2012/6/17

2285:なす  

 久しぶりに妻の実家を訪れた。戦前に建てられた家は随分くたびれてしまっている。大谷石で築かれた石垣は良い感じに古びた風情を帯びていて、一か所色の異なる石で覆われている部分がある。

 「戦争中に空襲を受けて、不発弾がここに落ちのです。直撃を食らって石垣の一部が崩れてしまった。でも、その爆弾が不発弾でなければ、この家もなくなっていたのですがね・・・」

 義父は笑いながらそう話したことがあった。義父は小学生の頃からこの家に住んでいる。今では半ば朽ち果てたような外観となっているが、建った当時はきっとモダンな造形物であったのであろう。

 庭には大きな木が数本、その太い幹を誇らしげに伸ばし、古びた家屋に対峙している。何度か建て直しの話が出ているのであるが、義父は決して首を縦にはふらない。

 この家と自分自身の人生とを、重ね合わせて見ているのであろうか。確か妻の祖父がこの家を建てた時、義父は小学校2年生であっと、聞いた記憶がある。

 となると、義父の人生とこの家とが共有してきた時間の累計は相当な年数になる。その間には、戦争があり、空襲があり、両親の死があり、自分の家族の生活があり、子供たちの独立があり、自分自身の老いがあった。

 義父にとって、この家を取り壊すことは、自分自身の人生を取り壊すことに繋がるような気分になるのかもしれない。

 「春先の強風で庭にあった物置が壊れてしまってね・・・その跡地に、なすの苗木を植えたんですよ。結構伸びているでしょう・・・」

 庭先に出て大きな庭木を仰ぎ見ていた私に、背後から義理の母が声をかけた。

 「そうなんですか・・・」

 と、曖昧な返事をしながら、そちらの方を見てみると、プラスチック製の棒に沿うようにつるが伸びていて、小さななすが生っていた。

 「小さなのが生っていますね・・・」

 形は小さいが、輝かしい紺色のなすが控えめにこちらを覗いていた。この家の年齢は今年で80歳である。80年という気の遠くなるような長い年月は確かに存在した。その証拠はあの石垣の不発弾の痕であり、大きく育った庭木であり、壊れ去った物置の跡地に小さく生ったなすの実なのであろう。

2012/6/16

2284:ALL BLACKS  

クリックすると元のサイズで表示します

 マーク・レヴィンソンは、最近彼の4番目となるブランドを立ち上げた。「DANIEL HERTZ」がそれである。最新の「Stereo Sound」にその新たなブランドから出されたプリアンプ「M6」とパワーアンプ「M5 Telikos」の記事が載っていて、興味深く読んだ。

 その本拠地はスイスに置かれ、スイスメ・イドらしいハイクオリティーでクールな外観を有している。機会があれば一度聴いてみたい製品である。

 1972年に彼が立ち上げた「MARK LEVINSON」はブランドとしては現在も続いていて、ハイエンドオーディオを代表するブランドの一つであるが、彼が在籍していたのは1981年までである。

 その約10年の間に「MARK LEVINSON」として出された数々の製品群は、独特の光彩を放ち、今でも根強い人気に支えられている。

 今日は久しぶりにハンコックさんのお宅にお邪魔した。ハンコックさんのお宅には新たにMARK LEVINSONのパワーアンプ23.5Lが導入された。

 これでプリアンプML-1とペアとなるパワーアンプが揃い、もっとも輝かしかった時代のMARK LEVINSONの世界を堪能できることとなった。

 しかもCDプレーヤーも、同じくMARK LEVINSONの390SLであるので、この駆動ラインは純粋MARK LEVINSONラインとなる。

 アナログは、ORACLE DELPH Wである。ベース部が黒く、MARK LEVINSONの黒い軍団との色合いのマッチングも良い。

 さらに、システムの主役であるスピーカーはWILSON AUDIOの「WATT3・PAPPY2」であるので、このシステムは「ALL BLACKS」とでも呼びたい気分になる。

 最初はCDから・・・ジャズや女性ボーカルを聴かせていただいた。その音の感触は・・・ギュッと詰まった密度感が素晴らしい。そのうえで音の輪郭はしっかりとさせるので、神経質ではないが鋭さというか、切れの良さをも感じさせるサウンドである。

 「これがレヴィンソン・サウンドか・・・」と感じながら、聴いていた。その音の個性には「透明・爽やか・美しい」という形容詞はそぐわないような気がする。「都会的で、伸びやかで、切れも良い・・・」そんな形容詞を使いたい。

 続いては、アナログである。ハンコックさんは最近急速にジャズの貴重なコレクションを増やしている。BLUE NOTEを中心に高価なオリジナル盤を次々に入手されているのである。

 そういった貴重なオリジナル盤を幾つか聴かせていただいた。ORACLE DELPH WにはSME製のトーンアームがとりつけられていて、その調整に日夜努力されているようであった。

 カートリッジとフォノイコライザーはフェイズテック製である。「ALL BLACKS」が奏でる1950年代後半の熱いジャズはご機嫌である。その時代の都会が有していた光と影が濃厚に醸し出される。それは決して明るくはない。

 切れ込みが鋭いが、ナイーブさも合わせ持ち、音色の変化を豊かに再現するところはやはりアナログの優れたところである。

 この時代のジャズのオリジナル盤で人気のあるものは驚くほど高価である。しかし、その世界に魅入られた者にとっては、その魅力に抗うことはできないのである。その世界の魅惑的な一面を垣間見たような気がした。

クリックすると元のサイズで表示します

2012/6/15

2283:上り  

 旧青梅街道から岩倉街道に入り、圏央道の青梅インターの方へ走って行った。圏央道の下をくぐる直前には軽い上りがある。

 私が先頭を引いて、「寧々ちゃん」は真ん中、そしてNさんが続く。上りながら「大丈夫かな・・・」と思って、後ろを振り返った。

 「寧々ちゃん」は、ちょっとしんどそうであったが、それほどペースダウンはしなかった。「結構走れるな・・・」ちょっと感心した。

 圏央道を過ぎて少し走ったところの今井馬場崎交差点を左折した。東青梅駅の方へ続く広い道路を進んだ。今日はこのまま青梅を抜けて梅ケ谷峠を上って、武蔵五日市駅まで行き、睦橋通りで戻ってくる予定である。かかる時間は2時間ほどで済むはずである。

 だいたい平坦なコースであるが、唯一梅ケ谷峠の上りが難関である。上りは1kmほどであろうか、短い上りであるが、走りなれていないとけっこう辛い。

 しばらく青梅線に沿って走って行って、途中で多摩川を渡った。そこから少し行くと「梅ケ谷峠入口」という名前の交差点に着く。その交差点を左折すると徐々に上りが始まる。

 上りが始まると少しペースダウン。ところどころ斜度がきついところがある。ときどき後ろを振り返る。

 やはり、この上りはきつそうである。「寧々ちゃん」は、かなりスピードを落としているが、クランクをやっと回している感じであった。

 彼女のペースに合わせて、私とNさんが挟むような感じで上って行った。「足着いちゃうかな・・・」と少々心配したが、どうにかこうにか上りきれた。上りきったところで、小休止。

 「やっぱり、上りはしんどいですね・・・」

 「寧々ちゃん」に声をかけた。

 「息があがっちゃって・・・やっと上れました・・・」

 彼女はまだ呼吸が落ちつかない感じであった。

 上ったら、下る。下りは、風を切って駆け抜けていった。武蔵五日市駅でもう一度休憩。そこからは睦橋通りを走る。

 ここからはNさんが先頭を引いた。スピードは25kmほどでゆっくり走った。天気は良く、風も穏やか。ロードバイクが放つ乾いた回転音を後方にやり過ごしながら国道16号方向へ向かった。

 瑞穂町の農協まで辿りついた時には5時半を少し回っていた。

 「お疲れ様・・・天気も良くて良かったですね・・・また走りましょう・・・」

 そう言葉を交わして、それぞれ自分の家に向かった。

 「結構走れるな・・・彼女・・・次回はもう少し長いコースを一緒に走ってみたい・・・」

 そんなことを思いながら、ペースを上げた。

2012/6/14

2282:3台  

 「今度の日曜日、天気どうでしょうね・・・」

 私は、目の前のNさんと「寧々ちゃん」に訊くでもなし、自問するかのように呟いた。

 「確か、曇りのち雨の予報だったんじゃないでしょうか・・・この時期って難しいですよね・・・」

 Nさんは思案顔で言った。

 「taoさんって、平日はだめなんですか?」

 「寧々ちゃん」がすぱっと切り込むように訊いてきた。

 「えっ・・・事前に分かっていたら何とかなりますよ・・・」

 そんな感じの会話であった。一昨日の火曜日、ゴルフスクールが終わってから休憩コーナーで、Nさんと「寧々ちゃん」と私の3名で、「また近いうちにロードバイクで一緒に走りませんか・・・」という話になったのである。

 Nさんと「寧々ちゃん」はときどき2人で走っているようである。以前に一度だけ3人で走ったことがある。その時は檜原村まで出かけた。

 「雨さえ降らなければ、この時期はロードバイクに最適なんですけど・・・確かあさっての木曜日は天気が良いはずです・・・木曜日、3時以降なら大丈夫ですよ・・・」

 「寧々ちゃん」は専業主婦なので、平日でも問題はない。Nさんは仕事しているが、結構時間的には融通がきくようである。

 「じゃあ・・・木曜日にしましょう・・・3時からだとあまり長い距離は難しですね・・・どうします?岩倉街道から青梅方向に進んで、秋川街道に出て、睦橋通りで戻ってくるというルートはどうですか・・・梅ケ谷峠という短い上りがありますが、それ以外は平坦です。」

 Nさんは相当いろんなところを走り込んでいるようである。「じゃあ、そうしましょう・・・」ということになった。

 瑞穂町の農協の前で待ち合わせることにした。自宅からは30分ほどの距離である。「じゃあ、時間は3時半で・・・」

 今日は天気予報通り良い天気であった。3時前に自宅に辿りつき、サイクルウェアに着替えた。ORBEA ONIXにまたがり、旧青梅街道を走った。気温は25度くらいであろうか。思いのほか暑かった。

 待ち合わせ場所に着くころには、うっすらと額に汗が滲んでくるのが感じられた。私が着いた時には、2人はもうすでに来ていた。3台のロードバイクが並んだ。私のORBEA ONIX。NさんのRIDLEY DAMOCLES。そして「寧々ちゃん」のCOLNAGO ACEである。

2012/6/13

2281:笑顔  

 「実に目がきらきらしているな・・・それなりの年齢であるのに、どこかしら小学生の頃のようなきらめき感が目に残っている・・・そういう女性はとても少ない・・・このきらめき感は普通年齢ともに消え去っていくものである・・・」

 その瞳に見入って、ふとそんな感想をもった。昨晩は昭和の森ゴルフ場でのゴルフスクールであった。日中降ったり止んだりしていた雨は夜に入ってすっきりと止んだ。

 涼しげな空気は陽が落ちると、その重みを増した。定刻になって、鈴木プロが指定された打席に来た時には、スクール生の数は5名になっていた。

 私は定刻ぎりぎりに到着した。「寧々ちゃん」は既に来ていた。そのすぐ後ろの打席が空いていたので、そこにキャディバッグを置いた。

 「こんばんわ!雨止んで良かったですね・・・」彼女に明るく言葉をかけた。

 「ええ、気温もちょうど良い感じで・・・ちょっと肌寒いくらいですね・・・でもゴルフの練習すれば、少し汗ばむかも・・・」彼女はすっきりとした笑顔で答えた。その笑顔が実に魅力的であった。

 彼女とはこの数年の間にいろんなことがあった。今振り返ってみると、本当にあったことなのであろうかといぶかしく思うようなこともあった。

 今の彼女は、精神状態も安定しているようで、以前のような極端な落ち込み状態はほとんどなくなっているようである。

 二人っきりで会うことは今はしていない。今後もないはずである。賢明な判断であったと思っている。泥沼に嵌まって行く寸前であった。このまま進んでしまうと、どんどん深みにはまり込んでいくことが分かっていたのであろう。

 ゴルフスクールはいつも通り進んだ。最初の30分はワンポイントレッスン。今日はクラブを短く握っての素振りを練習した。

 7番アイアンを使ってゴルフクラブの半分くらいのところでグリップする。アドレス時にはグリップは左の脇腹に付く。

 そして素振りすると、テイクバックで一旦左わき腹から離れたグリップはインパクトで左わき腹に戻ってくる。そのまま短くフォロー。その際左の脇を締めてフォローすることを意識する。

 この感覚を素振りで身に付けると、実際にボールを打つ際に左わきが甘くならない。しかも極端にクラブを短く持つので、腕と体との一体感をつかめる。

 その後はいつものように各自自分のテーマにそって1時間ほどボールを打った。最初のうちは涼しく感じた夜の空気であったが、打ち終わる頃には額にうっすらと汗が滲んでいた。

2012/6/12

2280:分離ライン構成  

クリックすると元のサイズで表示します

 ラックの右サイドはLINNのライン・・・上からLP12、CD12そしてLP12の電源部の順に並んでいる。左サイドはQUADのラインである。こちらは上からQUAD22、QUADU(右チャンネル)そしてQUADU(左チャンネル)の順に並んでいる。

 これらのオーディオ機器は全てコンパクトなサイズである。そのおかげで比較的サイズ的にゆとりのないSolidsteelの棚板であってもしっくりと落ち着いている。

 ラックで音がガラッと変わることは経験した。さらにラックにどのようにオーディオ機器を設置するかによっても音に大きな影響があることも分かっている。

 そこで、従来のセッティングを少々変更してみた。オーディオはなんせやってみないと分からない。ある程度はセオリーというか、法則性のようなものはあるのではあるが、実際にやってみて検証することがどうしても必要になってくる。

 従来は一番上の段にはLP12とCD12が仲良く並んでいたのであるが、今回はそれを変更。左右でLINNとQUADをしっかりと分け、モノラル構成のQUADUは別々の棚板に乗せた。

 最後まで悩んだのが、QUAD22の下に敷いたオーディオボードである。いれるかはずすか、何度か聴き比べたが、いれると音がぼやける。フォーカスが甘くなるのである。はずすとダイレクトな感じ。フォーカスもあってくる。

 結局敷いた方を選択した。すると、音に滲みやぼやけが加わる。その方が自然なような気がした。とりあえず、このセッティングでしばらく聴いてみた。

 「良いじゃないのかな・・・こっちの方が・・・ラインを二つにきっぱり分けたのが良かったのか・・・独立した棚板を手に入れたQUADUがご機嫌なのか・・・」良い感じに鳴っている気がした。

 こういったセッティング変更をした時は、しばらくそのままにして時間の経過を待ってみることが必要である。時間と労力を使ってセッティングを変更した場合には、どうしても変更後の方が良いと思いたいのが人間の心理である。

 落ち着いた頃合いになって初めて冷静な判断ができるはず・・・数日は、このままで聴いてみよう。見た目的には、こっちの分離ライン構成の方がかっこいいと思える。

2012/6/11

2279:ナダル  

 雨による中断のため2日にわたって行われた全仏オープンテニスの男子シングルス決勝は、ナダルがジョコビッチをくだして、7度目の優勝を果たした。

 昨日は、2セットをナダルが連取した後、第3セットをジョコビッチが世界ランクキングNO.1の意地で奪い返し、さらに第4セットを2-1とリードしたところで雨のため中断した。

 流れは明らかにジョコビッチに来ていた。その段階での雨による中断であったので、どちらかというとナダルに有利な中断のように思われた。

 そして、今日再開された試合は、流れを取り戻したナダルがブレイクバックしてタイに持ち込んだ。その後は一進一退、ともにその実力を発揮して、高レベルの素晴らしい試合が続いた。

 第11ゲームをナダルがサービスキープして6-5となった。次の第12ゲーム、ナダルがジョコビッチのサービスゲームをブレイクしたらナダルの優勝、ジョコビッチがキープしたらタイブレークに突入である。

 その大事な第12ゲーム、両者死力を尽くす戦いの末、ナダルがついにブレークして、7度目の優勝杯を手にした。

 ナダルは4大大会の決勝でジョコビッチに3連敗していたので、その喜びも格別であったようで、試合後自分の陣営がいる観客席まで上って行き、家族やコーチたちと抱き合って喜びあっていた。

 私は、ゴルフ、ロードバイクそしてテニスを自分でする。もちろんレベルは低い。趣味の範囲内ではあるが、それぞれに楽しいし、難しい。

 テレビでプロの試合の中継があれば、この三つのスポーツは極力観ることにしている。テレビでプロの試合を観戦していてもっとも興奮するのは、やはりテニスである。

 動きが激しく、スピードがあり、攻守が目まぐるしく変わる。試合の流れや、選手の精神状態が一番分かりやすい。

 対して、ゴルフはテンポがゆったりとしている。実際にゴルフをやるとプロのすごさは嫌というほど分かるが、やっていない人にとっては、テレビでゴルフ中継を見ても、それほど面白いものではないであろう。

 それは、ロードバイクのテレビ中継も同じである。プロのレベルの高さは本当に半端ではないのであるが、テレビの画面からはその凄さは伝わりにくい。

 そして、ロードバイクでのチームごとの駆け引きも、何気に見ているだけでは伝わってこない。テレビでツールドフランスの中継を食い入るように観ていたりすると、家族からは「こんなの、どこが面白いの・・・」と非難を浴びてしまうのである。

 まあ、確かにテニスに比べると、ゴルフもロードバイクも手に汗握り、観ている方も思わずのけぞたっり、ガッツポーズをしたりということは、あまりないものなのかもしれない。

 今日の決勝は、応援していたナダルが勝ったので気分は良い。予想していた通りの接戦であったので肩が凝った。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ