2012/3/22

2198:メンタル  

 今日は春めいた陽気であった。最高気温は15度まで達し、コートが不要であった。明日になると天気予報では雨が降ると言っていたが、今日の天気は晴れで、ひところ吹き荒れた冷たい北風もすっかり止んだ。

 「開幕戦」としてはこれ以上ない天候である。「開幕戦」の場所は青梅ゴルフ倶楽部である。2ケ月ほどゴルフには行っていなかったので、ずいぶんと久しぶりのゴルフということになる。これからゴルフシーズンの始まりである。

 「2ケ月ぶりだから、今日はスコアは期待できそうもない・・・」という気持ちで、朝一番のティーグランドに向かった。

 ところが、予想に反して比較的スムースに事は運んだ。あまりドタバタしないのである。3連続ボギーと続き、4番でパーがきた。

 「あれ、ずいぶんとブランクがあるのに、スムースだな・・・小技はさすがに今一つであるが、ショットはまずまず・・・」と気分良く回っていた。

 ショートホールでアプローチをトップしてしまい、このホールをトリプル・ボギーとしてしまったが、その次の長いミドルでパーをとり、8番が終わった段階でボギーペースであった。9番をパーで上がれば、このハーフは44。ボギーで上がれば45である。

 9番のティーグランドに上がった。どうにも立ちづらい。距離は355ヤードなので、それほどない。しかし、左がえぐれたようになっていてOBゾーンが食い込んでいる。左に引っ掛けると即OBである。

 右は右でOBゾーンがすっと直線に延びていて、どうにものびのびできない。「距離があまりないから、フェアウェイウッドにするか・・・」という考えも浮かんだ。しかし、「弱気はいけない・・・強気強気・・・」とその考えをすぐに引っ込めた。

 そして、左側のティーマークに近いポジションにボールをセットした。やや右めをむいてドローを打ちにいった。

 勢い良く右に飛び出していったボールはまっすぐに進んだ。ドローがかかっていれば左に曲がって戻ってくるはずであった。しかし、ボールはそのまままっすぐに右に抜けて行った。

 「すみません・・・暫定球をお願いします・・・」キャディーさんは申し訳なさそうに言った。ボールは右のOBゾーンに突っ込んでいったようであった。

 結局このホールはトリプルボギー。この一発がリズムをすっかり狂わせてしまった。午後もOBがらみで二つのトリプルボギーをたたいてしまい、結局トータルで95というスコアであった。

 開幕戦はややほろ苦いものとなった。「いつものこと・・・いつものこと・・・」心の中でそう呟きながら、車にキャディーバッグを積み込み、帰宅することに。

 ゴルフというのは一旦リズムが崩れるとなかなか立て直しがきかない。自分で自分を鼓舞すべきところを、ついつい「やはりだめか・・・くそっ・・・」といった落ち込んだ気分が支配的となってしまうのである。「メンタルの強化が必要である・・・」そう思わざる得ない一日となった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ