2011/4/30

1872:母の日  

 「ハートレー コンサートマスターYは、男性か女性か?」と問われたら、「女性・・・」と答えるであろう。

 そして、その答えに付け加えて「子供を産み育てた女性・・・子供に限りない愛情を注ぎ、育み、見守っている女性・・・」と表現するかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はGRFの部屋さんのお宅でハートレー コンサートマスターYを聴かせていただいた。お近くに住まわれているAさんとご一緒であった。

 送りだしはSONY HD-1。サウンドパーツのプリアンプとパワーアンプで駆動されている。コンサートマスターYは、60cmウーファーを要する4ウェイ構成の大型スピーカーである。その意匠及びプロポーションは、古き良き時代を感じさせる。

 一番最初にかけていただいたのは、白井光子のブラームス歌曲集・・・その音に対する印象は・・・「これは母親の愛情のような音だ・・・」というものである。

 威圧感がない、こちらに迫ってくるような感覚がない。優しく包まれる感じであろうか・・・そして全てを受け入れてくれるような懐の深さがある。辛らつさや批判的な目線が皆無なのである。

 高揚感や緊張感をもたらす要素よりも、心の底からの安堵感が醸し出されてくる音楽の流れである。心の中で「音楽の流れが自然だ・・・音楽がゆっくり聴こえる・・・」と独り言を言いながらその音に耳を傾けていた。

 ゆっくりと音楽が流れる・・・それゆえ、一つ一つのフレーズを丁寧に味わえる。音楽のほぐれが実に滑らかなので、身体への染み入り具合が抜群に良いようだ。

 母親は子供を受け入れる。もともと自分の体に宿した生命であるから当然なのかもしれない。その全てを受け入れ、尽きることのない泉のような愛情が自然と湧き出てくる。

 そんな母の愛を思わせる音楽の流れである。誇張や強制がなく、自然な湧き上がりで音楽がたゆたうものだから、こちらも羊水に浸りながら母親の心臓の鼓動を聞くかのように、音楽を耳にすることができるのであろう。

 「母の日」は5月の第二日曜日。もうすぐである。特に母親孝行をしている良き息子ではないが、コンサートマスターYの奏でる音楽を聴いていると、母の日には美味しいお蕎麦屋さんにでも一緒に行きたい気持ちになった。

 アナログや真空管アンプ聴き比べの様子は明日にでも・・・

2011/4/29

1871:まるい  

クリックすると元のサイズで表示します

 「まるい」のうどんは、いわゆる「武蔵野うどん」とは異なる。コシはあるが、それほど強烈ではない。面は少々平らでそれほど太くはない。また色合いも白く美しい。喉越しもつるつる感があり、滑らかである。

 「武蔵野うどん」のように暖かい肉汁につけるよりも、冷たいたれにつけてずるずるっと食するほうが合っている。ここのたれは濃い目で甘みが強い。平らなうどんに良く絡む。

 「まるい」は所沢市に3店舗あるうどん屋さんである。そばも扱っているがメインはうどん。典型的な「武蔵野うどん」ではなく独自路線を貫いている。

 メニューもきわめて豊富。そして盛りが多い。普通盛りでも十二分のボリュームがあり、結構お腹にくる。

 今日の昼は家族で「まるい 狭山湖店」でうどんを食した。ここは3店舗中一番新しい店舗で、広い。

 テーブル席が満席であったので、お座敷に上がった。数多くのメニューのなかから一番の売れ筋である「天ざるうどん」を頼んだ。

 うどんはつやつやで弾力感があり、美味である。たれは甘口・・・繰り返し食べると飽きるかもしれないが、独特の旨みがある。それと天ぷらがまたでんと威勢が良く、ボリューム満点・・・少々食べ過ぎ感が、食後に襲ってくる。

 今日も晴天で気温は20度ほど・・・上着が要らないくらいの暖かさ。こういう季節になってくると、冷たいうどんを食したくなるものである。「まるい」のうどんは「武蔵野うどん」とも「讃岐うどん」とも違うが、その両方の要素を兼ね備えたような万能タイプのうどんである。

 明日はGRFの部屋さんお薦めの蕎麦とハートレー コンサートマスターを食してくる予定である。どのような味わいと喉越しなのか楽しみである。

2011/4/28

1870:晴天  

クリックすると元のサイズで表示します

 天気予報は見事にはずれた。昨日の天気予想は「明日は雨・・・それもかなり強く降るでしょう・・・風も強い可能性が・・・」といった感じであった。

 ゴルフの予定が入っていたので、天気が気になっていた。その天気予報を聞いて少々がっかりした。しかし、朝になって窓のカーテンを開くと、拍子抜けするくらい澄んだ青空が目に飛び込んできた。

 飯能グリーンカントリークラブは、晴天のもと、緑に輝いていた。今シーズン2度目のゴルフである。前回の開幕戦は92のスコアであった。今シーズンの目標はアベレージでの90切り。まだ一度も達成したことがない。今後12月末までおそらく20回以上はラウンドする予定である。そのアベレージを算定して、どうにか90未満の数字を叩き出したいのである。

 その目標達成にとって、大きな戦力となる予定なのが、「FUBUKI」である。Diamanaで一躍有名なシャフトメーカーとなった三菱レイヨンの送り出すしっかり感のあるシャフトである。

 「FUBUKI」の名前からかその色合いはホワイト。そして、タイミングよくスウィングできれば吹雪のようなボールが緩やかな弧を描きながらすっ飛んでいく。なかなか強力な破壊力を有した新兵器である。

 その新兵器を擁した第2ラウンドであった。INスターとであったので10番からスタート。出だしは幸先良くパー。その後もボギーとパーが交互に来る展開。結局5つのパーと4つのボギーという整った構成で、スコアは40。私としては稀に見る好スコアであった。

 そして昼食休憩後の後半はOUTの1番から出た。1番から3番まではボギー。我慢のゴルフである。こういうときは次にパーがくるかダブルボギーがくるかで、その後の展開が決まる。どうにかパーを先行させたい。

 そして、4番ホール。右ドックレッグの難しいホールである。ここでティーショットを痛恨のOB。このホールをトリプルボギーとしてしまった。

 後半のOUTは、この4番のOBが響いて結局46。トータルで86。前半の貯金が功を奏して、どうにか90切りは果たせた。

 前回の92と今回の86、足して2で割れば89。まだまだ序盤ながら、とりあえずアベレージで90切り状態が形成された。

 FUBUKIにとっては、まずまずのデビュー戦であった。今後もこの調子でステディなゴルフを継続するためには、この新兵器は役立ち続けてくれそうな予感がする。

2011/4/27

1869:FUBUKI  

 ものすごい風であった。ロードバイクのコントロールを失うのではという危険性を感じるほどの突風が吹き荒れていたのである。

 今晩の夜間走行時におけるコンディションは、あまり良いものではなかった。気温は暖かく、路面も乾いていて、タイヤはしっかりとグリップを保っていた。

 唯一風だけが、困難な状況を作り出していた。「春の嵐」は昼間から猛威をふるっていた。瑞穂町の顧問先に車で向かっていたとき、砂煙により茶色に変色した風が右に左に定まることなく吹き荒れていたのである。

 車であったからよかったが、道行く人々は一様に目をしばたきながら、足早に駆け去ろうとしていた。

 数日前に洗車したばかりのE350は見る影もなく薄汚れてしまった。明日は雨が降るとの予報である。雨が止んだら、早速また洗車しなければ・・・

 昼間から猛威を振るった風により、木の枝や葉っぱが多摩湖周遊ロードには散乱していた。夜なので路面の状況は把握できない。時折タイヤに踏まれて木の枝が「バキ・・・ギャキ〜ン・・・グリグリ・・・」と悲鳴をあげる。その悲鳴を聞いて初めてそれと分かるのである。一瞬びっくりするが、悲鳴をあげた枝はすぐさま後方へ飛散してしまう。

 さすがにこの風の元、ロードバイクの夜間走行をしている物好きはいなかった。唯一ジョギングしている男性を一人追い抜いたのみであった。

 今晩の突風は「FUBUKI」を連想させる。ついつい、最近我が家に導入された新兵器のことを思い浮かべてしまう。本来は明日、その真価が問われるべき一日となる予定であったが、明日の天気予報からすると、そのデビューはもう少し先になるかもしれない。この「FUBUKI」には期待している。今晩の風のように猛威をふるいまくって欲しいものである。

2011/4/26

1868:C4  

クリックすると元のサイズで表示します

 CITROEN NEW C4が発表された。CITROENの新しいデザインの流れに沿った形での造形が随所に見受けられる。

 そのフロントライトはややきつめの表情となり、少々目つきは悪いが、きりりとした緊張感をかもし出している。ダブルシェブロンがそのままグリルの一部になったようなデザインも斬新である。

 この表情をしげしげと見ていて「どこかで見たような・・・」という気になるのに、それほどの時間は要さなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 新しいAUDI A6のフロントのイメージとどうしてもダブルのである。「バッド ばつ丸」を思わせる、にらみつけるような目付きの造形など、同じデザイナーが描いたように感じられるラインである。

 AUDIはシングルフレームグリルがでんと顔の真ん中に存在しているので、印象は異なるが、ぱっと見には、似ていると感じさせる共通要素がある。

 CITROENがドイツ化したのか、AUDIがフランス化したのか、それとも双方どりらもが歩み寄ったのかは不明である。

 CITOROENは従来よりわが道を行くメーカーである。エクステリアもインテリアもちょっと首を傾げたくなるようなぶっ飛んだ感じのデザインが散見された。その思い切りの良さが一つの魅力でもあった。

 しかし、最近は良い意味でも悪い意味でも、少々普通化路線を目指しているのかもしれない。ドイツ車のなかでは人一倍アグレッシブ路線に舵をふっているAUDIとちょうど領有エリアが重なったのであろう。

2011/4/25

1867:邂逅  

 D-58を駆動するもう一つのアンプは、プリアンプが大西氏が設計・製造する特注のものとオーディオ・ワークス作成の特注パワーアンプの組み合わせ。極めて特殊な機器であり、今まで見かけたことは全くない。

 こちらのラインの送り出しはテクニクスのダイレクトドライブ・プレーヤー。特注の巨大なキャビネットに収まる重量級である。あまりに重いため移動は実質的に難しい。

 さて、これらのレアな機器による駆動系が、今はMさんのメインシステム。こちらの音の印象は、先ほど聴かせていただいた、サウンドパーツ・ラインと基本のところは似ているが、より緻密でワイドバンド、バランスの整いも極めて高度な水準を保っている、というもの。

 このメインシステムがMさんが欲する音の方向性やバランスにほぼ合致してきたので、今はこのシステムでほとんど聴かれているとのことであった。

 そこで、手許にある数多くのオーディオ機器を相当数処分される予定とのことで、そのリストの中には、最初に聴かせていただいたサウンドパーツのプリアンプとパワーアンプも入っている。

 昨日の主目的は実はそこにあった。サウンドパーツのアンプを購入すべきか否か・・・めったに中古市場に出てくることはない、というか、まずその可能性はほぼない機器である。超がつくほどレアな存在であるので、貴重な機会といえる。

 残念ながら、購入を検討しているのは私ではない・・・QUAD22とUのペアを別のアンプに換える予定は、今のところ皆無なのである。

 購入を検討しているのは、チューバホーンさんであった。とくにチューバホーンさんの食指はプリアンプに動いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 このプリアンプのフロントパネルには木が使われている。金色の重厚な感覚のノブが木の色合いと絶妙なマッチングを見せている。真空管式であるが、薄型のデザインでまとめられていて、ラックへの設置にも困ることはないはず。

 「これは、買いでしょう・・・絶対に・・・」と他人事ながら、内心思っていた。チューバホーンさんもほぼ同じ心境のようであった。顔面の表情筋が緩みがちになっているのを、私は横目で確認していたのである。

 「では・・・プリだけでもお譲りしていただけるでしょうか・・・」という言葉がチューバホーンさんの口から漏れ出るまでに、それほどの時間を要さなかった。

 ということになり、商談は成立。最後にサブで使われているクリスキットのマルチアンプ駆動システムの音も賞味させていただいてから、サウンドパーツのプリアンプを私の車に積み込み、Mさんのお宅を後にした。

 Mさんはこだわりのオーディオマニアである。使用されている機器を見ると、まず通常のOFF会ではお目にかかれないものばかり。聴かれるソースに合わせてストライクゾーンを探っているうちに、これらの機器に出会われたのであろう。幸せな邂逅の末にたどり着いたメインシステムは、どことなく誇らしげであった。

 表情筋がすっかり緩んだチューバホーンさんをお宅までお送りし、6月にサウンドパーツとSD05が繰り出す球が、フェード系なのか、ドロー系なのか、はたまたストレートなのかを確認すべく再訪する旨を約束して、帰路に就いた。今回のことが、チューバホーンさんにとって、幸せな邂逅となることを願いながら・・・

2011/4/24

1866:D-58  

 昨日は春の嵐であった。非常に強い南風が吹き荒れ、時折雨も横殴りに降ったりもした。しかし、今日は打って変わってからっとした晴天である。

 澄み切った青い空の下、中央高速を走っていた。窓を閉め切ると暑いぐらいの陽気である。助手席にはチューバホーンさんが座っていた。八王子インターで高速道路を降りると、目的地はすぐそこである。

 今日の目的地は、ブログ「双句」を運営されているMさんのお宅である。八王子インターから10分も経たずに到着。到着するとすぐさまリスニングルームに・・・そのリスニングポイントに座ると、2組のスピーカーが目に入ってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

 メインで使われているのは、内側のスピーカー。長岡鉄男氏設計のD-58。ユニットはフォステクスからドイツ製のものに変更されている。トゥイーターはスキャンスピーク製。エンクロージャーはとても美しい。フォステクスがデモ用に作製したもので、自作のレベルをはるかに超えている。

クリックすると元のサイズで表示します

 このスピーカーを駆動するアンプは2系統。ひとつは今日の主目的でもある。サウンドパーツのプリとパワー。サウンドパーツのプリアンプは木を上手く使い真空管式ながら薄型の洗練されたデザインである。

 一方パワーアンプは巨大なトランスを擁したがっしり型。重量も相当ありそうである。送り出しはアナログはKENWOOD。デジタルはTEAC。どちらもしっかり感のある製品である。

 さて、その音は・・・まさに今日の天気のようである。からっと乾いて活き活きとしている。パリッとした生命感に溢れた、彫りの深い整った音である。

 サウンドパーツのアンプの音の特徴というよりも、D-58の持つ勢いの良さ、鳴りっぷりの良さが前面に出てくる。切れが良く、瞬発力に優れた出足である。「けれんみがない・・・」そういった表現がぴったりとくる。

 いろんなレコードやCDを聴かせていただいたが、Mさんは民族音楽を好んで聴かれる。そのなかには邦楽も含まれる。三味線や琴の弦がはじかれる瞬間・瞬間が実に生生しい。尺八のうねりが、春風のように吹き抜けてゆく。なんとも新鮮味溢れる音の味わいである。

 もう一系統(Mさんはこちらをメインに使われている)のアンプについては明日にでも・・・

2011/4/23

1865:16mm  

 真空管アンプを愛用しているものとしては、どうしても真空管に肩入れしたくなるものである。しかし、けっして真空管のほうがトランジスターよりも優れていると主張する気はまったくない。

 それは、アナログがデジタルよりも優れているといった議論同様、不毛なものであるからである。それぞれに持ち味があり優れた点があるので、自分の好みに合わせて選択すればいいだけの話である。

 最近面白い映画を見た。BSで放映されていたものである。タイトルは「レッド・ライディングス」・・・これは三部作の映画である。デイヴィッド・ピースのベストセラー小説を映画化したもので、ある猟奇連続殺人事件に翻弄される登場人物たちを軸に、イギリスの暗部をあぶりだしていく。共通のテーマを扱っているが、主人公はそれぞれで違う。

 そして、時代設定も1974年、1980年、1983年と変えている。面白かったのはその時代設定にあわせて、撮影機材を変えて撮っていることであった。

 PartTは16mmフィルム、PartUは32mmフィルム、そしてPartVはデジタルで撮影されている。それぞれの映像の質感は当然異なってくる。そして、その映像の質感はそれぞれの時代の空気を実に濃厚に描き出してくれるのである。

 この映画を観ながら、「16mmフィルムの映像は、古い時代の真空管アンプが紡ぎ出す音の質感に共通するものを感じる・・・」と思った。私にとって、一番映像として心にしっくりきて感情の襞を心地良く震わせるたのは、16mmフィルムの映像であった。目から入ってくる映像の質感に対する嗜好性は、耳から入ってくる音の質感に対する嗜好性と共通するものがあるようである。

 真空管アンプと一口に言っても最新式のものは、また違う質感を有している。明日の日曜日にはサウンドパーツというメーカーの真空管アンプを聴いてくる予定が入っている。

 1983年創業の真空管アンプメーカーである。どのような音が聴けるのか今から楽しみである。16mmフィルムの映像の質感であろうか・・・それとも32mmフィルムであろうか・・・あるいは・・・

クリックすると元のサイズで表示します

2011/4/22

1864:二重苦  

 「このサドルは良い・・・実に良い・・・」走ってみての実感である。このサドルとは、つい最近インターネットで快適性の高いサドルを色々とチェックしたところ、引っ掛かったselle italia製のFLITE GEL FLOWである。

 見た目は独特の形状をしている。けっしてぼったりした造形ではなく、ぺダリングに支障がないように細身のプロポーションである。坐骨が当たるところにやや柔らかめの素材が使用されていることや、FLOW構造の採用で振動吸収性を高めているのが功を奏するようで、快適性が極めて高い。

 ORBEA ONIXがそれほど振動吸収性の高いフレームではないので、このサドルはありがたい。PEALizumiの3D-Neo パッドを採用したサイクルパンツを併用すると、お尻の痛みとはほぼさよならできるようである。

 私の場合、問題は「腰」である。1時間ほどの走行なのに後半は腰の痛みというか、しびれというか、一種の「腰痛」に近いものを感じてしまう。

 腰の柔軟性がなくなっているためであろうか・・・ロードバイクの乗車姿勢を1時間ノンストップで続けていると、腰から悲鳴が徐々にあがってくる。

 骨盤を立てて、お腹と腿の間に空間を感保することがロードバイクの乗車姿勢としては求められる。その結果背中は緩やかに弧を描き、腰は急角度で折り曲げられる。

 この姿勢は確かに腰には良くないはずである。もともと長身・痩身の体型は腰が弱点である。しかも加齢により筋肉は硬くなっている。「ガラスの腰」状態である。

 透明なガラスに白いひびが雷が描くラインのように入り、「ピシ・・ピシ・・・」と何かがきしむような音を立てている。

 まあ、無理は禁物である。腰をやると仕事にも支障が出てしまう。徐々に距離を伸ばして、いきなり腰に負荷をかけないようにしよう。

 ゴルフも腰に悪いスポーツである。前傾姿勢で腰をひねるのであるから良いわけはない。そして、ロードバイクも腰に悪いスポーツである。あれだけ腰に負担のかかる乗車姿勢を続けて、路面からの振動を受け続けるわけであるから良いわけはない。まさに腰にとって二重苦ということになる。

2011/4/21

1863:野辺山  

 八王子インターから中央高速に乗り、名古屋方面に1時間ほど走って須玉インターで高速を降りる。それから国道141号にでて、長野方面に進む。

 道は上がり基調で、須玉インターから30分ほど登っていくと、小海線の野辺山駅に着く。周囲を山に囲まれた高原の駅である。標高は1300m以上あり、日本一高い位置にあるJR駅である。

 ここまでくると、東京とは気温の差がそれなりにある。ひんやりとした空気があたりを覆っている。桜もまだ見頃を保っていた。

 2ケ月に一度訪れる顧問先を訪問し、経理処理を行う。その時間は2時間ほど。その後業績の報告などをして、昼前にはまた東京へ向かって車のハンドルを握る。

 片道約2時間の行程である。往復で4時間。それなりに重労働であるが、ここにくることは楽しみでもある。晴れた日には美しい八ケ岳を見ることができるうえ、高原の空気は澄んで気分をさわやかにしてくれるからである。

 車を4時間以上運転すると、頭の後頭部や首の周りが凝る。はっきりとした痛みなどがあるわけではないが、なんとなくしびれたようなだるさがあるのである。

 これは首を回したり、手でさすってもだめで、寝るしかない。1時間ほど仮眠するとだいたいすっきりする。使っていないようで神経を使いながら運転しているのであろう。

 車に乗っている間はたいていFM放送かCDを聴いている。今日のように長時間車に乗る場合には、最近購入したCDを数枚もっていく。

 今日はハイドンの交響曲第80番、第49番そしてバイオリン協奏曲第1番が入ったCDを中心に聴いた。ハイドンは数多くの交響曲を書いたことで有名であるが、バイオリン協奏曲は4曲しか書いていないようである。そのなかでももっともポピュラーなのが、第1番である。

 須玉インターを降りて、国道141号を駆け上がりながらこのバイオリン協奏曲を聴いたが、周囲の風景に実にマッチした爽やかな曲である。

 高原の道を疾駆する。風景は緩やかに流れてゆく。雄大な八ヶ岳が遠方にそびえているのが目に入ってくる。その状況で流れ出したハイドンのバイオリン協奏曲第1番の調べは典雅そのものといった風情であった。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ