2011/3/31

1843:3月  

 今日で3月が終わる。3月は日本人にとって区切りの月である。年度の区切りであるからだ。学校はじめ多くの会社や役所にとっても3月は区切りの月である。

 時間の経過は、あらゆる人に平等である。恋人と抱擁し、この一瞬が永遠であれば、と願っている人にも、そして、時間を3月11日以前に戻して欲しいと万感の思いをこめて祈っている人にも、平等に時間は流れ去ってゆく。実に多くのことが起きた今年の3月も終わろうとしている。

 3月の前半は例年どおりであった。確定申告に追われ、あわただしく過ごした。夢の中ではなかなか思いどおり軽やかには走れないものである。鉛のように足が重く、呼吸も乱れる。逃げなければならない脅威はすぐ背後まで迫っているのに、気ばかりが焦る。そんな感じで仕事をこなしていた。

 そして、急な上り坂をペダルをこぎ続けてようやく越えようかとしていたときに、大きな揺れに襲われた。

 あれから3週間が経過した。地震の直接的な被害が比較的少なかった東京も、計画停電や物不足で混乱した日々が続いた。福島原子力発電所の事故による放射能漏れが拍車をかけるように、人々の不安心理を煽った。

 東京ではどうにか極端な物不足や買占め狂騒は収まり、計画停電も気温が上昇したおかげで、ここ数日は行われていない。日常的な穏やかな生活が戻りつつある。しかし、福島原子力発電所は、制御不能の状態がまだ続いている。新聞1面に載る犠牲者の数も依然増え続けている。

 そして、今後の日本の経済状況は予断を許さない。製造業は材料の調達が難しくなり、電力の安定的な確保も不安な要因である。飲食店は売り上げの急激な落ち込みに頭を抱えている。また、耐久消費財の購入は手控えられている。この状況が長引けば、日本の景気は大きく失速することは避けられない。

 明日からは4月。地震により大きな痛手を受けた日本、そして今後も困難な道程が予想される日本であるが、どうにか底力をみせて着実に復興して欲しい。

2011/3/30

1842:ORBEA ONIX  

 「お久し振りです・・・」背後から声をかけられた。振り返るとサイクルショップの店員さんの笑顔があった。3年前にこの店でCOLNAGO CLXを購入した時にお世話になった店員さんであった。

 その後、何度かこのショップでアクセサリーやウェアなどを購入した時も、この店員さんからアドバイスをもらった。

 「乗ってますか?」との問いかけに「いやあ・・・冬の間はまったく・・・4月になって暖かくなったら再開しようかと思っているんです・・・」と答えた。

 「これは、良いロードバイクですよ・・・ドイツのメーカーなんです。フルカーボンでULTEGRAがついて、この値段であれば、かなり良心的ですよ・・・」

 私が先ほどから熱心に眺めていた「CENTURION MEGADRIVE 4200」のことである。CENTURIONはドイツのメーカーのようである。

 「イタリアの老舗メーカーであれば、この価格ではとても無理です。もともとアルミフレームが得意なメーカーなんです。全ての製品にshimanoのコンポーネントを組み合わせています。」

 「そうなんですか・・・ドイツですか・・・そう言われるとしっかり感があって、精巧な造り込みが感じられるロードバイクですね。他にお勧めはありますか?」

 「そうですね・・・CENTURIONと同様にコストパフォーマンスの高さから言うと、ORBEA ONIXでしょうか。これもフルカーボンフレームでULTEGRA装着で非常に良心的な価格設定です。」

 MEGADRIVE 4200から少し離れたところに、ORBEA ONIXは展示されていた。黒と白とオレンジの色使いが渋い。なんだか大人の風格がある。

 「これはスペインのメーカーなんです。スペインのプロチームにも車体を提供していて、この上にORCAという高性能な製品があるんです。これはセカンドモデルです。これもULEGRAがついて、この値段は良心的ですね・・・」

 「スペインか・・・スペイン産のワインは値段のわりに味が良い、と聞いたことがあるな・・・」と自転車とはまったく関係ないことを心で思った。

クリックすると元のサイズで表示します

 「CENTURION MEGADRIVE4200」も「ORBEA ONIX」もフルカーボンフレームでコンポーネントはULTEGRA搭載。デザインや色使いも精悍である。

 ろくにロードバイクに乗ってもいない私にとっては「豚に真珠」的な製品であるが、その魅力的な容姿にはすっかり心奪われた。

2011/3/29

1841:MEGADRIVE 4200  

 PINARELLO FP3は、独特のフレーム形状をしている。なんだか波打っているのである。きっとこれは独自の技術であり、特許もとっているはずだ。

 衝撃吸収性に優れていたり、操縦性に寄与していたりするはずである。ちょっと見には、「なんだか優柔不断というか、くねくねと戸惑っているような、中途半端な感じがするな・・・」という印象を持つが、目が慣れてくると、どことなく心惹かれる造形である。

 今日は仕事の帰りにサイクルショップに寄った。2008年にCOLNAGO CLXを購入した店である。一番最初に目についたのが、PINARELLO FP3であった。

 ロードバイクは自転車であるので、道具である。しかし、その造形やカラーリングには、工芸的な要素が多く含まれている。眺めているだけでも、心沸き立つ魅力を持っている。

 店内をうろうろして他のロードバイクも一つ一つ見てまわった。店内は結構広い。店員さんたちは組み立てや他の客の対応に忙しく、付きまとわれないので、ゆっくりと見ることができた。

 そんななか、とある1台のロードバイクの前で足がピタッと止まった。とても精悍なデザインとカラーリングである。見るからに丁寧な造り込み感が感じられる。

 「CENTURION」という聞き慣れないメーカー名がしっかりとプリントされていた。「MEGADRIVE 4200」という製品名も見て取れた。

 値段はPINARELLO FP3と同じくらいである。素人目での比較ではこちらの「MEGADRIVE 4200」のほうがしっかり感があり、スピードが出そう。

 「かっこいいな・・・これ・・・」しばらく、その美しい肢体に見とれていた。本格的にロードバイクに取り組んでいるわけではないので、バイクの持つポテンシャルなど実質的には意味がない。しかし、ついついその美しい姿を舐めるように眺め回してしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

2011/3/28

1840:サイクルウェア  

 ラウンドの予定が入っていないと、なかなかゴルフ練習場に足が向かわない。先週は1回行ったが、それっきりになってしまっている。

 本来は週に3回ほどのペースでゴルフ練習場に通って、左一軸スウィングをマスターすべきところであるが、今日も結局足はゴルフ練習場に向かわなかった。

 最近は少々運動不足気味である。繁忙期の間は気持ちに余裕がないのと、寒いのとで、どうしてもカロリーの消費量が減って、腹回りがだぶつき気味になってくる。

 すっかり中年オヤジど真ん中の年齢になっているが、これまでのところは、醜い腹回りのだぶつきは回避してきた。これからも現状の体型を維持したいと思っている。でも、この時期になると、その希望に黄色信号が灯る。

 今年はさらに、今回の東北・関東大震災である。なかなか活動的な気分になれない。家に閉じこもりがちになってしまう。気分も滅入るし、腹回りも重くなるという悪循環に陥ってしまう。

 もう少し暖かければ、ロードバイクにでも乗ろうという気分にもなるのであるが、今年の3月はいつもより寒い。今日のニュースで、靖国神社の桜が開花したと伝えていた。これから徐々に暖かくなるのかもしれない。

 ロードバイクは寒い時期には向いていない。ロードバイクを購入した最初の年は、新鮮さもあって、冬の間も乗っていたが、2年目からは、冬の間はサドルにまたがることはまったくなく、玄関ですっかり埃をかぶっていた。

 もともと週に1回程度、1時間のみというロードバイクであったので、趣味といえるほどのことではない。さらに12月から3月までの4ケ月はまったく乗らないというていたらくである。ほとんど上澄みの上澄みを舐めている程度の趣味である。

 しかし、腹回り対策にはロードバイクは結構役立つのである。1時間の間スローペースながらノンストップで走り続けると脂肪の燃焼量は結構なものがある。

 そして、心理的に大きな効果をもたらすのが、そのいでたちである。サイクルウェアは、空気抵抗を極力軽減するためピタッとしている。体のラインがもろに出るのである。

 ロードバイクは非常にスマートでシャープな造形をしている。それにサイクルウェアを着て颯爽と走るのであるから、腹回りがだぶついた人間ではまったく様にならないのである。

 颯爽と決めるのにはやはりロードバイク同様、スマートでシャープな体型が求められる。そのことが心理的な体型維持効果を高めるような気がするのである。

 もう少し暖かくなったら、あの体に張り付くようなサイクルウェアを身につけ、風になってみよう。きっと、1時間だけでも顎が上がるであろう・・・

2011/3/27

1839:カレーパン  

 カレーパン1個の値段の相場はどれくらいであろうか?170円ぐらいが相場であろうか?200円を超えることはあまりないような気がするのである。

 しかし、今日は仕事の帰りに西荻窪のとあるパン屋に寄ったところ、1個210円のカレーパンを見つけた。「んっ・・・210円・・・これはどういう訳だろう・・・」と少々不思議に思った。

 私の中でのカレーパンの相場は170円である。それを40円も上回っている。率にして23.5%も高い。「これは何かある・・・きっと・・・」と思わざる得なかった。

 そして、そのカレーパンを2個購入した。それとともにブルーベリー・ベーグルを2個買った。こちらは1個180円。こちらは適正な価格である。

 家に着くと早速、気になるカレーパンを1個食してみた。大きさはほぼ普通のカレーパンである。特に大きいということはない。一口食べてみた。

 カレー自体は特に変わったところはない。しかし、パンの部分がもちっとしている。粘りがあるというか、噛み応えがある。「これが40円の差か・・・」普段よりも回数多くパンを噛みながら、そう思った。

クリックすると元のサイズで表示します

 昨日はハンコックさんをリスニングルームにお招きした。地震以来オーディオの電源は落としたままである。2週間ぶりにQUAD22のボリュームスイッチを右にひねって、電源を入れた。かちっという音がして、オレンジ色の光が灯った。

 普段私がよく聴いているバロックのレコードをかけてから、ハンコックさんがお持ちになったジャズのレコードをかけた。2週間ぶりであるが、地震の前と同じ音がした。特に音が揺れることはなかった。

 さらに2階のシステムも聴いていただいた。1階と2階は、送り出しと部屋が違うだけで、スピーカーもアンプも同じシステムである。2つある意味合いは、あまりないとも言える。

 1階と同じように普段よく聴くクラシックのCDを聴いていただき、それからハンコックさんが持ってこられたジャズのCDを聴いた。

 TANNOYはどちらかというとクラシックに適したスピーカーである。しかし、ハンコックさんのお持ちのレコードやCDを聴いていて、ジャズも結構いける・・・そう感じた。

 ハンコックさんとは私がオーディオを始めた頃からの付き合いである。それから5年ほどの時間が経過した。その間様々な紆余曲折があって、私のシステムはその当時には夢想もしていなかったものになった。

 ある程度の年数、オーディオと向き合っていると自分の好みというか、自分にとって大切な要素がある程度分かってくる。私も5年間という時間の経過により、自分自身の音の好みが少し分かってきたようである。

 それが分かってくると相場の170円を超える40円をどこに使うべきが決まってくる。ある人は酵母に天然酵母を使うことに、ある人は情報量を少しでも増やすことに、そしてある人はパンの生地にもっちり感を持たせることに、また別の人は広く揺るぎない空間表現の実現に使う。

 その40円がどう使われるかは・・・ひとそれぞれ・・・私もハンコックさんもそれぞれである。先日はハンコックさんの40円を聴かせていただいた。素晴らしい40円であった。昨日は私の40円を聴いていただいた。 

2011/3/26

1838:DUG  

クリックすると元のサイズで表示します

 ジャズ喫茶は斜陽産業だと思っていた。経営的に成り立たず、どんどん撤退していき、数が減っているものだろうと思い込んでいた。

 しかし、ジャズ喫茶でも経営的に十二分に成り立ち、しっかり存続している店もまだまだあるということが今日は分かった。

 ハンコックさんと新宿で待ち合わせ、ハンコックさんお薦めのジャズ喫茶「DUG」(夜はジャズ・バー)に行ったのである。靖国通りに面したそのお店は、早足で通り過ぎてしまうと見落としてしまうような目立たない入口を持っている。

 そして、そのお店の入口を一歩入ると異次元空間が始まる。靖国通りはとても猥雑で賑やかな大通りである。しかし、DUGの店内は、穏やかで緩やかな70年代の空気と時間が充満しているようであった。

 ジャズ喫茶であるので、当然ジャズが流れている。しかし、客を威圧するような大音量ではない。JBL製の小型2ウェイスピーカーから程好い音量で流れているのである。ジャズを心地良く聴きながら、会話もできる。

 そして、店内は3名の美しい女性が切り盛りしていた。ジャズ喫茶というと「煙草臭い中年オヤジ」というイメージを持ってしまうが、ここは違う。美しい女性がその魅惑的な魅力を適度に振りまきながら、美味しいコーヒーや軽食を運んでくれるのである。

 いろんな魅力がぎゅっと詰まった空間である。1時間以上「DUG」にいたのであるが、時間の経過がとても穏やかで心地良く感じられた。店内はほぼ満席。中年オヤジが一人で来て、本を読んでいる席もあれば、若いアベックが語らっている席もある。

 「実に上手い・・・いろんな要素がバランス良くブレンドされている・・・」そう感じた。コーヒーの味も良い。

 1967年の開店であるから40年以上の歴史を持っている。歴史の深みを感じさせつつ、若い世代も魅了する独自の雰囲気を持っている。これは充分に経営的にも成り立つであろう。

 「また来てみたい・・・」そう思わせる店である。ここでゆっくりジャズを聴き、コーヒーを飲む。本を読んだり、ぼうっとしたり、美しい女性店員の横顔を盗み見したりして1時間ほど過ごす。至福のひと時を過ごせるであろう。

 「DUG」で1時間とちょっとの時間を過ごした後、西武新宿線の準急に乗って郊外に向かった。目的地は我が家である。地震発生から節電のためオーディオの電源は切ったままである。2週間ぶりに電源を入れることになる。その様子は明日にでも・・・

2011/3/25

1837:帰り道  

 明日の土曜日と明後日の日曜日は早々と「計画停電」が見送られることが発表された。休日で事業系の電力需要が少ないことと、気温がそれほど下がらない見通しが功を奏したようである。

 東北・関東大震災により、東京電力の電気の供給能力は相当低下してしまった。需要に供給が追いつかない状況になる可能性が高いので「計画停電」が実施されることとなったのである。

 そのため、現在は「節電」が重要なテーマとなっている。様々な店舗が照明を減らしている。夜間のロードサイド店も店内の照明のみで看板の照明は消している。そのため、遠くからは営業しているのかどうか判然としない。

 今晩は9時ごろに車で自宅へ帰った。その道すがら、看板の光が消えた新青梅街道を走りながら「これは、これでむしろ良いのではないか・・・」という気になった。

 「今までは余りにも過剰な光に溢れていた・・・」そう思ったのである。確かに看板に照明が灯っていないと、少々物寂しい風情ではある。

 しかし、店内の照明はついているので、営業していることは分かる。当初から寄る店を決めておけば、まごつくことはないであろう。

 灯りに虫が寄ってくるように、明るい光は客を呼び寄せる効果があるのであろう。それは確かに営業上は重要な要素であるが、照明が暗いロードサイドの落ち着いた雰囲気を見ていると、「日本はもう成熟社会なんだから、こんな感じでもいいのでは・・・」と、感じたのである。

 地震以来、車のスピードもあまり出さなくなった。高速に乗っても、今までのように右車線をひた走り、オービスの前だけ車速を落とすということはなくなった。

 ガソリンの供給が危機的な状況がしばらく続いたので、アクセルをぐいと踏み込まないで、浅く一定の力で踏む癖がついたのである。いわゆるエコドライブである。

 アクセルは軽く踏み、エンジンの回転数を低めに落ち着かせる。スピードも極力定速にキープして、車間が開いてもむやみに詰めない。隣の車線から車が割り込んでも、余裕で流す。

 このところ、そんな感じである。当然燃費は良くなる。市街地走行でも10km/Lを超える数字が燃費計にデジタル表示される。

 穏やかであること・・・不自然でないこと・・・無理をしないこと・・・そんなことが大事に思われてくる・・・大震災が私にもたらした一つの心的作用であろうか・・・

2011/3/24

1836:10,000km  

 Mercedes-Benz E350 BLUETEC STATIONWAGONは納車から約半年が経過した。走行距離は10,000kmを超えた。10,000kmを超えると「メンテナンスAを受けてください」というメッセージが表示された。
 
 ディーラーに連絡して定期検査を受けた。今のところ特に不具合はない。この半年で生じたマイナートラブルは1件のみである。リモコンキーで鍵の施錠を操作したときに起こった不具合のみである。

 平均燃費は10km/Lほど。市街地走行時は約9km/L、高速道路走行時は15km/Lほどの燃費である。期待以上ではないが、まずまずなのではないであろうか。

 ディーゼルエンジン特有のエンジン音には、どうにか耳が慣れてきた。ただし、それほど心地良い音ではないことに変わりはない。胸のすくような、そして気分が高揚するような、ガソリンエンジンの吹け上がり音が懐かしい。

 しかし、その力強いトルクにはいつも感心させられる。ぐいぐい、もりもりといった感じで盛り上がってくる力強さはやはり頼もしい。この燃費でこの力強さであれば、エンジン音のことなど不満点があったとしても、それを補って余りある感じである。

 足回り感は、一昔前のドイツ車を思わせるしっかり感がある。走行距離が伸びてくるにしたがってしなやかさも加わり、十分に満足できるレベルである。

クリックすると元のサイズで表示します

 新型のEクラスのフロントマスクは、先代に比べて随分と押し出しが強くなった。この存在感のあるフロントマスクを受け止めるのに、ステイションワゴン形状の重量感のあるリアの造形はバランスが良い。セダンではリアの存在感が、フロントに負けてしまう感じがするのである。

 購入当初はE250 CGIにすべきであったかと少々後悔モードであったが、10,000kmを走破した現在では、「これはこれで良かったのかも・・・」という気になっている。

2011/3/23

1835:練習場解禁  

 3月後半に予定されていたゴルフコンペは全て中止された。「地震により甚大な被害が出た状況ではゴルフどころではない」という自粛ムードや、計画停電が実施されると、ゴルフ場の運営にも支障が出るからである。

 例年であれば、確定申告が終わったこの時期は羽を伸ばす。ゴルフも例年であればこの時期から行き始める。しかし、今年は状況が違う。

 12月から3月前半までは繁忙期である。この時期は寒さもあってゴルフクラブを握る機会が極端に減る。そのせいばかりではない筈であるが、腹回りに少々苦しさを覚えることが多い。

 しかも、地震発生以後は家にいても、リビングでソファに座ってテレビを見入っていることが多く、非活動的である。つまり、消費カロリーが少ないのである。

 そこで、今日は計画停電の合間を縫って、ゴルフ練習場に行ってきた。1時間・100球を打った。ゴルフクラブを握るのは随分久し振りである。

 最初のうちはトップばかりで、「さすがにこれだけブランクがあると、打ち方も忘れてしまったかな・・・」と思ってしまった。

 今、プロの世界でも、ゴルフ雑誌においても、注目されているのは「左一軸スウィング」である。通常テイクバックの時には右足に体重を移動させる、そしてダウンスウィングからインパクトにかけて、左足に体重を移していくのである。

 これを基本的に左股関節に体重をキープしたままスウィングするのが、左一軸スウィングである。厳密には体重移動はあるのであるが、それを極力抑えたスウィングである。

 再現可能性が高く、ショットの安定度が高まるというのが利点である。飛距離的には不利に思われるが、飛距離のロスもそれほどないと言われている。むしろミート率が上がることにより、アベレージでは飛距離は上がるとも言われているのである。

 ゴルフ雑誌などで、左一軸スウィングに関する記事を眼にすることが多かったので、今日はそれに取り組んでみた。最初は多少ギクシャクした感じのスウィングで滑らかさに欠けたものになってしまったが、これも時間の経過とともに慣れてきた。

 確かに、ミスショットの比率が下がったような気がする。このテーマは今後継続的に取り組む価値があるようである。

 久し振りの練習ではあったが、まずまずの収穫を得て、帰ることができた。やはり、体を動かすことは良いことである。じっとしてると体が鈍るだけでなく、心も沈みがちになるからである。ゴルフ場解禁はまだ当分先であろうが、ゴルフ練習場は解禁することにしよう。

2011/3/22

1834:薄暗がり  

 信号が消えている交差点は、非日常の風景である。2回目であるので、私自身はそれほど慌てるということはない。通過する車や人も先を争うことなくい譲り合っている。恐怖心を強く感じることはもうない。それでも、どこか不可思議な印象を受ける風景である。その風景を見ていると、一瞬時間がとてもゆっくり流れるような錯覚を起こす。

 昨日までの三連休中は見送られていた計画停電であるが、今日は復活した。第3グループでは、午後3時20分から7時までの間で3時間ほど停電になる予定とアナウンスされていた。

 停電になったのは、3時30分ぐらいであった。事務所の照明はすとんと消えた。窓からの光だけでは事務所の中は薄暗い。ノートブックはバッテリーが内蔵されている。フル充電では3時間ほど稼動できる。

 そのノートブックを使って暗い室内で作業を進める。クライアントを訪問していないスタッフはみな一様に、ノートブックから発せられる青白い光に照らされるようにして作業を進めている。この風景も非日常的である。

 地震発生から10日以上が経過し、東京は日常的な風景を取り戻しつつある。ガソリンを求める車の列は縮小し、スーパーの棚には米や食パンが戻ってきた。テレビでは地震関連のニュースばかりでなく、普通の番組が流れるようになってきた。(ただし、CMはAC公共広告機構のものばかりが流れる状況はあまり改善されていない。)

 ところが、計画停電が実施されると、時間は引き戻される。大きな地震が起きたこと、巨大な津波により多くの地域が壊滅的な打撃を受けたとこ、そして、阪神・淡路大震災を超える犠牲者がでたこと、これらのことが全て実際に起こったという事実を思い至るのである。

 この薄暗がりは、被害の比較的軽微であった東京が日常の生活に戻っていくことを無言のうちに非難するかのように、そこにある。

 そして、この薄暗がりは、この地震により命を落とした多くの人々を忘れ去ることなく、一日のうち少しの時間であっても、これらの人々の無念を想い、その鎮魂を願うべきことを、暗示しているかのようである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ