2010/10/31

1692:50:50  

 任天堂のWiiには体の重心位置を測定する機能がある。体重とともに体の重心がどこにあるかを画面で表示してくれるのである。私の場合、左足により体重がかかる癖があるようである。左右の足の重量バランスが左足53%、右足47%などと表示されることが多いのである。

 車の前後の重量バランスと同様、体の左右の重量バランスは、運動機能において結構重要な要素なのかもしれない。BMWは前後の重量バランス50:50に相当こだわっている。それはスムースで正確なハンドリングに欠かせない大きな要素と捉えているようである。

 Mercedes-Benzはその点に関しては比較的おおらかである。しかし、E350 BLUETEC STATIONWAGONは、ワゴンボディであるため後方の重量がセダンよりも重い。それが功を奏して車検証の重量前後配分がほぼ50:50なのである。そのためか、Mercedes-Benzにしては気持ちの良いハンドリング性能を有している。

 人体における左右バランスがどちらかにずれたままだと、いずれどこかに支障がくる可能性が高い。きっとゴルフスウィングにおいても、スムースで正確なスウィング形成に差し障りがあるはずである。

 そこで、2ケ月に1回の割合でチューバホーンさんが経営されている杉並区の「Pro・Fit」で体のゆがみを直してもらっている。1時間半の間じっくり施術してもらうと、左右の体のバランスがすっと整う。施術後は上がりにくかった右腕も軽くすっと上がり、右側がやや前方向に出てしまっている体のゆがみもすっきニュートラルに収まる。

 帰宅後、試しにWiiで体の重心測定を行ってみた。すると左右バランスはほぼ50:50となった。「さすが・・・」とひとり納得したのである。

 ひととおりからだの歪みが直ったところで、「Pro・Fit」の2階にあるチューバホーンさんのROKSAN XERXES20を少しだけ聴かせてもらった。

 ROKSAN XERXES20は、美しいプレーヤーである。色はメープル。アームはArtmiz。この造形は実にバランスが良い。そしてその音もバランスが良い。情に流れ去ることも、理知的に澄まし切ることもなく、そのバランス感覚は実に「50:50」なのである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ