2010/10/11

1672:獅子  

クリックすると元のサイズで表示します

 「カーマ」と聞くと、カルチャークラブのボーイ・ジョージを思い出してしまう。きっと「カマ、カマ、カマ、カマ、カマデミーリア〜」と歌っていたような記憶が頭の片隅にこびりついているからであろう。

 しかし、今日の「カーマ」は特別である。ただの「カーマ」ではない。カーマの数多いラインナップにおいて最上級に位置するフラッグシップ的な製品なのである。

 今日は、この巨大な「カーマ」を聴くために、Tさんのお宅を訪問した。ishiiさんとMさんがご一緒である。

 この「カーマ」は、特別に巨大でウルトラヘビー級である。1台で250kgもの重量がある。このスピーカーを設計し、試行錯誤を繰り返しながら製品としてまとめていく作業における膨大なエネルギーと時間、果てしない情熱、そして凄まじいまでの執念にたじたじとしてしまうような佇まいである。

 私にはその姿は二頭の獅子のようにすら感じられる。飛びかられたらひとたまりもなく食いちぎられそうな威圧感がある。実に立派でヨーロッパの重厚なバロック建築のようである。

 この巨大な二頭の獅子を駆動するのは、イタリアのBLUENOTE。CDプレーヤー、アナログプレーヤー、プリメインアンプ、それぞれが単体で機能し、非常にしっかりした造りである。

 私は残念ながらこのブランドのことはまったく知識がない。しかし、その凝った構造は相当に高い技術と冴えたセンスの持ち主がデザインしたものという雰囲気がぷんぷんする。特にCDプレーヤーのデザインは独創的で画期的である。

 部屋はマンションのLDKがまるまるリスニングルームとして活用されている。十分なエアボリュームがある。さらに内装には実に凝った工夫が加えられ、木の香りが心地良く、心からリラックスできる素晴らしい空間である。

 さて、ソファに座って獅子の咆哮の時を待った。そして、その第一声は・・・とてもこの巨大な獅子から発せられているとは思えない清澄で奥深い音である。重々しさのない、いやむしろ軽やかですらある。そのスピーカーの懐の深さからであろうか、十二分な余力のもと軽やかにスムースに音が放たれる。いい意味でその見た目を裏切る音の質感である。

 その他を圧倒する威容を目にしたときには、二頭の獅子に喉を噛みつかれ、あえなく窒息死するかとの危惧を覚えたが、実際に音を聴いてみると、その深い懐に抱かれるような、心地良いリスニング体験であった。

 帰りの電車の中では何故かしらボーイ・ジョージの「カマ、カマ、カマ、カマ、カマデミーリア〜」の一節がエンドレスで頭のなかを駆け巡るのであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ