2010/10/5

1666:後悔モード  

 「ディーゼルは失敗ではなかったか・・・」という気が最近している。別にマイナートラブルが納車後1ケ月もたたないうちに発生したからではない。そんなことは慣れっこであり、マイナートラブルの箇所もディーゼルエンジンとは、まったく関係もないところである。

 今日、ドライバー側のドアロック不具合のため、ディーラーに修理を依頼した。修理が終わるまで代車としてMercedes-Benz C200を借りた。この車は1800CCの直列4気筒エンジンを搭載している。ガソリンエンジンである。それほどパワーがあるわけではない。V6エンジンのような滑らかさがあるわけでもない。

 しかし、ディーゼルエンジンに比べるとスマートである。音が繊細で滑らかである。アイドリング時の音質もせせらぎのようにすら感じる。あのディーゼルエンジンのどろどろとした間接音がないのである。

 E350 BLUETECはランフラットタイヤを履いているため乗り味が硬い。C200は一般的なタイヤであり滑らかな乗り味である。これはタイヤの差でありエンジンには関係ないことであるが、エンジンの滑らかな回転とその音質とあいまって、乗り味に上質感がある。

 今頃になって、「こんなことならE350 BLUETECではなくE250 CGIにすべきであったかも・・・」と少々後悔モードに入ってしまっているのである。

 ヨーロッパでは今やディーゼルエンジンが新車販売台数の半数以上を占めている。環境に対する意識の高いドイツでは特に顕著である。ドイツ人は合理的で理知的である。あまり情にほだされない。

 合理的に考えて、より経済性が優れていて、環境性能も勝っているとなれば、当然のこととして、そちらを選択する。

 日本人はあまり合理的とはいえない。情にほだされやすい。さらに繊細な感覚を大事にする。その繊細な情感主義的な感受性がディーゼルエンジンの普及を阻害しているのかもしれない。

 「このごろごろとした重たいエンジン音はいただけない。たとえ、燃費性能が抜群でも、CO2排出量が極端に低くても、この音には高級感を醸成する要素がひとかけらも入っていない・・・」という理由で選択肢からこぼれ落ちてしまうのである。

 今は少々後悔モードであるが、いずれ挽回するはずである。自分に繰り返し言い聞かせよう・・・「私は合理的な人間である。E350 BLUETECは、合理的・理知的に考察し、経済性、環境性能、40万円の補助金、取得税・重量税の100%免税などを考慮した結果、選択した車である。情にほだされてはいけない。ここは冷徹なまでな思考能力を駆使しして、初志を貫徹しなければならない・・・」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ