2010/9/30

1661:VIPルーム  

 「やはりここはVIPルームであろう・・・VIPルームであれば、密室にもなるし・・・」携帯でメール打ちながら、思わずほくそ笑んだ。「ドアを閉めてしまえば、二人っきりの贅沢な空間が出現・・・という仕掛けである・・・」

 SWING ARENA さいたま新都心店にはVIPルームがある。一番奥まったところにある2部屋は、オープンスペースではなく、部屋として独立した空間が確保されている。入り口のドアを閉めれば他人の視線を気にする必要性はなくなる。

 VIPルームのシュミレーションマシーンは、他のスペースのものと同じであるが、やはり気分が良い。料金は若干高くなるが、贅沢な気分に浸れる。

 「寧々ちゃん」とのお忍びゴルフ練習には最適といえよう。車で1時間ほどで着くはずなので、それほど遠いというわけでもない。「ここしかないかな・・・」と作戦を決定した。

 「非常にリアルなシュミュレーションマシーンで、ラウンドしているような感覚で練習できます。もちろん打ちっぱなしモードも選べますが、名門コースを選択してのラウンド・シュミレーションの方が断然楽しいですよ。今度一緒にいきませんか?暑い・寒いも関係なく、雨や風も気にすることはありません。」メールを打つ親指も心無いか軽い動きである。

 「寧々ちゃん」はいつぞやのゴルフスクールの時に「練習場で一人で練習するのは気分が乗らなくて・・・」とぼやいていたので、「一度一緒に練習場に行きませんか・・・」と声をかけていたのである。

 普通に練習場に行ってもいいのであるが、ここは一ひねりいれたほうがいいような気がして、シュミレーション・ゴルフにしようと思い立ったのである。

 となるとすぐさま浮かんだのがSWING ARENAさいたま新都心店である。若干遠いのが難点であるが、その間ドライブを楽しむぐらいの気持ちでいればいいのである。

 しかも、単に練習場で球を打っているだけでなく、ラウンドと同じようにその結果に一喜一憂するシュミレーション・ゴルフのほうが興ものるというものである。我ながら良い思い付きである。

 あとは日程の調整だけである。この「SWING ARENA VIPルーム作戦」はできれば土日のいずれかに決行したいものである。午前9時ごろ待ち合わせ、私の車で向かう。シュミレーション・ゴルフを2時間ほどやり、昼食を食べて帰る・・・

 しかし、「寧々ちゃん」は家庭の主婦である。土日が厳しいとなると平日の午後か・・・「平日の昼下がり、VIPルームでシュミレーション・ゴルフか・・・これも悪くないな・・・いやむしろ、どちらかというとこちらの方がいいかも・・・」「やはり、秋はスポーツの秋である・・・」



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ