2010/9/20

1651:水風呂  

 家族を連れてよく行く日帰り温泉は、小平市にある「テルメ小川」である。自宅から車で10分程度の距離にあるので、手軽に行ける。

 日帰り温泉に家族と一緒に行くと必ずサウナに入る。温泉で体をひととおり温めてから、サウナに入り、10分ほどしたら水風呂につかる。これを交互に3回ほど繰り返すのである。サウナの中には「温冷交互療法」としてその効能が書かれている。疲労回復や自律神経の働きを活発化する効果があるようである。

 90度ほどに保たれたサウナ室では10分ほどで汗が噴出してくる。そしたら水風呂へ入る。熱せられた体には、冷たい水が心地良い刺激となる。1分ほど経過すると体の表面の温度は下がり始める。そして3分ほど経過すると、思考能力がきわめて緩やかになり、脳波が平坦になる。

 この水風呂に入っていて、徐々に気が遠くなるような状態が結構好きなのである。もしかしたら、脳細胞のいくつかがこの過程で死滅しているのかもしれない、とも思うが、一度味わうと病み付きになってしまう。

 こういった脳波の状態になると、まったく脈絡無く昔の記憶がよみがえってきたりする。普段の脳波の状態ではしっかり閉められている潜在意識の扉が、ゆっくりと開くのか・・・そのなかから流れ出してくるのである。

 記憶は楽しいものもあるが、いくつかの記憶は私を苛める。それらの多くははるかな昔のことである。私以外の人間がその記憶を呼び覚ますことは皆無であるような取るに足らないものである。

 潜在意識は無数の記憶を溜め込んだ深い沼のようなものである。その沼の中からときおり顔を出す蛙のような存在が、ふっと頭に映像として浮かび上がってくる記憶である。

 その蛙の薄い膜に覆われた目は、特別な感情の表出をすることなく、こちらを見つめている。その目を見ていると、自分の過去の行いや感情が、何十年も昔のことであっても鮮明に思い出される。

 短い時間でその蛙は、深い沼のなかに沈んでいく。すると先ほど顔を出した蛙とは別の蛙が顔を出すのである。「これは以前にも見た蛙だ・・・」と思うものもあるし、まったくの初見のものの場合もある。潜在意識の容量は無限なので、これらの蛙は決していなくなることはない。

 サウナの後の水風呂での楽しみのひとつが、この記憶の沼から顔を出す蛙である。これは一種の瞑想状態なのかもしれない。修験道ではよく滝に打たれて修行するが、サウナの後の水風呂も同じような効果をもたらすのであろうか?このまま水風呂につかり続けていたら悟りが開けるのかもしれない。

2010/9/19

1650:北欧型  

 SYSTEM AMAZON2に装着されているトーンアームはメルク社製のUP-4である。これがまた極めつけに繊細で優美である。ぱっと見はその華奢な佇まいに一種の不安感を覚えるが、しっかりとした構成と精密なバランスにより優れた音楽再生能力を有しているようである。

 この細身なトーンアームに装着されているのはBENZ MICRO GLIDER。スケルトン構造のシャープな印象を受けるカートリッジである。わが家のカートリッジもBENZ MICROであるが、わが家のRUBYはブライヤーウッドと呼ばれる木製のボディーを有しているので見た目の印象は相当異なる。

 そして、フォノイコライザーはEINSTEIN 「The Little Big Phono」。最新号のStereo Soundの新製品紹介記事に載っているぐらいなので、出たばかりの新製品である。左右チャンネル別躯体とし、さらに電源部も独立させているので、スリーピース構成となっている。なりは小さいが志は高い・・・そういった製品である。

クリックすると元のサイズで表示します

 黒川さんのお宅でのOFF会は、前半はLINN IKEMIを送り出しとし、後半はSYSTEM AMAZON2を中心としたアナログシステムを送り出しとした2部構成となっていた。

 もちろん興味の中心は後半である。アナログになると耳が「オーディオ耳」でなくなる。硬く膠着した鼓膜は緩やかに振動を受け流すようになる。

 このアナログライン・・・かなり整いの良いバランス構成である。それは機器構成にも、そして出てくる音にも言えることだが、偏っていないのである。温度感しかり、空間表現と音像表現のバランスしかり。

 基本は「清澄」なのであるが、冷たすぎず、薄すぎず、ハイスピード過ぎない。「北欧型」とでも呼びたい音のバランス感覚である。

 スピーカーがフィンランド製であるからであろうか?黒川さんのお宅のアナログシステムはヨーロッパの北のほうの風景イメージと重なる。

 そういえば、AMAZONとEINSTEINはドイツのメーカー。BENZ MICROはスイスのメーカーである。どちらかというとヨーロッパの北のほうに位置する国である。そういったところからくるのであろうか・・・

2010/9/18

1649:ビーナスの丘  

 恥丘はなだらかなカーブを描く。それは大事な生殖器を守るために恥骨がプロテクターとしての役目を負って内蔵されているからであろうか。そういった機能論的な結果としてだけではなく、毛筆で優れた書を描いた際に最後の筆跡がすっとはねるような、勢いを感じさせる隆起である。

 しかし、恥丘の上、へその辺りから下にかけてたっぷりとしたたるみが発生していたりすると、その隆起は全てが台無しになってしまう。神の純朴な意思に基づく創造という営為に対する冷徹なまでの嘲笑を示すことなく、その栄華を享受するためには、贅肉のないなだらかな推進がこの隆起に続いている必要があるのである。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は黒川さんのお宅にお邪魔した。(ちなみに黒川さんは本名ではなくハンドルネームである。)わが家から車で1時間半の距離である。

 リスニングルームは6畳の和室にカーペットを敷いて、横長に使われている。スピーカーはPENAUDIOのCHARISMA+CHARA。これはコンパクトな2ウェイスピーカにサブウーファーを追加しようなシステム構成である。

 白木の積層構造が繊細で優美である。これをCELLOのプリアンプとパワーアンプで鳴らす。送り出しはデジタルはLINN IKEMI。アナログはAMAZON SYSTEM AMAZON2。カートリッジはBENZ MICRO GLIDER、フォノイコライザーはEINSTEIN THE LITTLE BIG PHONO。

 その優れた美的センスの統一感を一言で表すならば「清澄」。そこには決して妙なる隆起を台無しにするようなだぶつきは一切ない。過剰なものはまったく無いのである。純朴な神の意思が誇張されることなくなだらかに描かれる。そして、その醸し出す雰囲気どおり音も自然なバランスである。過剰な演出や病的なまでに腺病質な感じとは無縁である。

 CHARISMA+CHARAは非常に細みなスピーカーである。小学生高学年の女の子の腕のような華奢な造形であるが、高域から低域まで充分な帯域をカバーしている。

 以前お邪魔した時はデジタルはエソテリックであった。今回はLINN IKEMIに変わっている。このIKEMIは音楽を味わい深く表出してくれる。オーディオ的な諸要素ではエソテリックに劣る面があったとしても、それをはるかに凌駕する表現力である。ラックに収まる姿も実に良い佇まいである。

 前半はデジタル、後半はアナログという二部構成であったが、やはり私の耳にはアナログが楽しく聞こえてしょうがない。測定値で測ればきっとデジタルの方が良いのであろうが、音楽がより楽しく活き活き聴こえるのはアナログなのである。

 そのアナログ・システムの核はSYSTEM AMAZON2。このレコードプレーヤは一度聴いたことがある。Coreさんのお宅である。Coreさんは今はORACLEに換えたが、以前これと同じレコードプレーヤを使われていた。

 アナログの様子は明日にでも・・・ 

2010/9/17

1648:お手軽  

 ドイツ人はアナログ好きなのであろうか・・・今日オーディオ雑誌を眺めていたら気になる製品の記事が載っていた。その製品名は「Vinyl Cleaner」。ドイツ製の洗浄式レコードクリーナーである。

 メーカーは「グラス・オーディオディスクシステム」。この「Vinyl Clerner」の特徴は、アナログディスクの両面を同時に洗浄すること。専用のクリーニング液を使ってマイクロファイバーで汚れを落とし、同時に超音波作用でも洗浄する。

 超音波作用というのは、眼鏡屋さんの店頭で見かける眼鏡の洗浄装置と同じ原理なのであろう。微細な振動を洗浄液に与え、その効果で汚れを落とすものと推測される。

 そして、一番興味を惹いたのが、洗浄から乾燥まで全自動でやってくれるという点である。つまりアナログディスクをセットしボタンを押す。しばらくすると乾燥が完了した状態になっているので、そっとアナログディスクを引き上げれば「一丁あがり」となる。

 「なんとお手軽な・・・」という感想を当然持つ。わが家のHANNL MELAはその優れた洗浄効果が魅力であるが、決して全自動ではない。一連の作業を見守りながら、ボタンを押したり、裏返したり、側につきっきりで作業する必要があるのである。

 しかしこの「Vinyl Clerner」は全自動。ボタン一つで用が済む。「後は野となれ山となれ」状態である。お値段は360,000円。安いとは言えないが、HANNL MELAの法外な価格に比べると、リーズナブルに感じてしまう。

 洗浄効果はきっとHANNLE MELAよりも若干落ちるかもしれないが、そのお手軽さと価格の安さからすると、魅力は十二分にあるような気がする。

 HANNLE MELAを購入してしまった私がこの製品を購入する可能性は限りなくゼロに近いが、もう少し早く日本に輸入されていたら、わが家の1階のリスニングルームにはHANNL MELAではなく、この「Vinyl Cleaner」が鎮座していたかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/9/16

1647:粛々  

 長い夏であった。でも、どうにか終焉を迎えたようである。今日は朝から雨で、半袖では肌寒く感じるほどであった。数日前まで30度を越えていたことが遠い昔のような気がした。変なものでほっとする反面寂しい気もする。そういった気になるのが、夏の終焉である。

 雨は朝から本降りであった。自宅から八王子インターまでは45分程度で着く。そこから須玉インターまでは1時間15分ほど。須玉インターから国道41号に出て、30分ほど走ったところが目的地。2ケ月に1回訪れる顧問先である。

 小海線の野辺山駅が近くにある。標高が高いので、気温は東京よりも10度近く低い。上着無しでは辛い気温である。2時間ほどで作業は終了。また同じ道を帰っていく。片道2時間半、往復で5時間である。

 この往復5時間の行程の相棒は、Mercedes-Benz E350 BLUETECH STATIONWAGON。ディーゼルエンジンを搭載したこの車の最大の売りは抜群の燃費性能である。

 この全行程の燃費は14.1km/Lであった。やはり、燃費性能は優れているようである。それともう一つ優れている点があるとすれば、往復5時間の行程を経ても体の疲れが比較的少ないことである。

 Mercedes-Benzのシートは硬い。沈み込みがほとんどないのでは思えるほどである。座り心地は快適とは言えない。BMWのシートの方が表面が柔らかく、包み込み感があるため快適に感じられる。しかし、体が疲れないのはMercedes-Benzの硬いシートである。

 もちろん、シートの差だけが体の疲労感に影響を与えるだけではないのであるが、大きな要因の一つであると思われる。

 また、車の性格も大きく違う。Mercedes-Benzのエンジン、特にこのディーゼルエンジンはアクセルを踏み込みたくなる官能性がまったくない。BMWはついついその官能性にほだされ、アクセルを踏みたくなるのに対して、正反対の性格とも言える。

 それゆえ、車は粛々と進むのである。まさに「粛々と・・・」といった感じの車である。運転の爽快感は少ないが、仕事はきっちりとこなし、燃費も抜群である。疲労感も少ない。

 Mercedes-Benzは長距離を走れば走るほど、その優位性を感じさせてくれる。仕事の相棒として捉えた場合最良の選択と言えるであろう。もちろん、そのために切り捨てられたもののなかにも、大切な要素はあるのであるが、今日のように雨のなか長距離を走った時には、その「道具」としての確かさにありがたみが感じられ。

2010/9/15

1646:純朴  

 「元六」のあるエリアは、以前は比較的鄙びた雰囲気を有していた。しかし数年前に「三井アウトレットパーク」ができると周囲の雰囲気はがらっと変わった。交通量も相当増えた。

 「元六」の建物は、田舎の水車小屋風である。実際に水車も回っている。おしゃれな感じというのとは少し違うが、どことなく風情が漂う。主人は相当高齢である。2代目の息子と一緒にやっていて、いかにも「頑固親父」という雰囲気を有している。

 その建物の裏側には7,8台の車が停められる駐車場があり、敷地自体はそれなりに広い。駐車場に車を停めて、「寧々ちゃん」と店に入った。4時を少し回った時間であり、客はわれわれ以外いなかった。

 「元六」の蕎麦は、「寧々ちゃん」が以前に教えてくれた「花蕎好」の蕎麦とはかなり違う質感である。「元六」の蕎麦はある意味、田舎風・・・洗練された喉越しというよりも、蕎麦本来の風味や食感をしっかり味わう傾向のものである。

 二人とも「もり蕎麦」を頼んだ。蕎麦が来る間「寧々ちゃん」は店の内装や調度品を興味深げに眺めている。「こういうテーブル、私好き・・・日本の田舎の素朴な風情が感じられて・・・」木こりが無骨にナタで仕上げたようなテーブルである。野趣溢れたとでも表現すべき風貌である。

 そして、肝心の蕎麦の感想は・・・「とてもしっかり感があって美味しい・・・純朴な蕎麦ですね・・・純朴で丁寧な仕上がりです。」と「寧々ちゃん」は評してくれた。どうやら好評なようである。

 「純朴な蕎麦か・・・良い表現ですね・・・この店の蕎麦の風情をとてもうまく表していますね。」「純朴か・・・私も結構、純朴なんですよ・・・」

 そう言うと、「寧々ちゃん」はいたづらっぽい目をして笑った。「そういう面も少しはあるかもしれませんね・・・でも純朴な人は、人妻を誘ったりしませんよ・・・」

 「人間、誰しも二面性というものがあるものです。純朴な面とすれた面とが一人の人間に同居していることも、めづらしくはないでしょう・・・」すかさず切り替えす。

 店にいた時間は30分程度。デートともいえない程度の時間である。しかし、その間ふたりはさしさわりがないようで、それでいてどことなくひっかかりのある会話を途切れることなく続けた。

 そして、帰り際「また、二人で会えますか?」と極力何気ない風に訊いてみた。「ええ、いいですよ・・・」「寧々ちゃん」もきわめてさりげなく答えた。しかし、そのさりげなさの裏側には、どこかしら毅然とした重みのようなものが感じられた。

2010/9/14

1645:脱力指示  

 鳩山カントリークラブは広々としている。特にOUTはのびのびとした気持ちでティーグランドに立てる。快晴であったが、昨日までのようなじりじりとした暑さは幾分影を潜め、木陰では風が涼しく感じられた。

 今日はゴルフスクールのラウンドレッスンの日である。スクール生は3名と4名の2組に分かれてラウンドする。鈴木プロは午前中は3名の組に入って自身もプレイしながらスクール生にアドバイスする。午後は4名の組に入って、アドバイスのみを行う。

 私は後半の4名の組に入った。そして「寧々ちゃん」は残念ながら3名の前半の組になったのである。世の中なかなか思い通りにはならないものである。その点はゴルフも同様である。

 さて、スクール生のみで回った午前中はまずまずの出来であった。鳩山カントリークラブはOUTのほうがやさしい。プレッシャーをあまり受けることなく回れるのである。そこそこ距離はあるが、広いので萎縮することがない。

 ショットは比較的無難にこなした。しかし、パッティングがいまひとつ精彩を欠いた。2メートル前後の「入れごろ外しごろ」をことごとく外したのである。結局パーはひとつのみ。あとは全てボギーの「44」であった。「大たたき」がなかったのでまあ良かったというべきであろう。

 問題は午後である。INは確実にOUTよりも難しくなるうえ、鈴木プロが一緒に回ってアドバイスしてくれるので、ついつい力んでしまうからである。

 「アドレスではもう少し腕の力を抜いて・・・そうそう・・・」「トップから切り返しのポイントで右腕に凄く力みがありますね・・・トップの時に一瞬右腕から力を全て開放するような感じで脱力してください・・・」

 ティーグランドでのドライバーショットに関して繰り返し脱力支持が鈴木プロからとんだ。しかし、この「脱力」・・・これがなかなか難しい。特にコースが緊張を強いるようなロケーションの場合、ついつい利き腕の右腕に頼りがちになる。それがミスショットのもととなるのである。

 午後はOBが2発でて、それぞれトリプルボギーとなってしまった、パーも二つとったが結局「47」。メンタル面での弱さがでてしまい、崩れてしまった。

 「寧々ちゃん」は「105」であった。一度も100を切っていない彼女としては、まずまずのスコアであろう。ショックだったのはYさんが「87」という好スコアで回ったことである。「負けてしまった・・・もっと練習しなければ・・・」と心に誓ったのである。

 鈴木プロからは「右腕で打つ癖がありますね・・・切り返しで右腕を脱力すればもっと良くなります・・・」とアドバイスを受けた。

 午後は午前中よりも暑くなった。かっと照りつけた太陽が肌に刺さる。それに刺激されたかのように蝉が威勢良く鳴いていた。もうすぐその生命は終焉を迎えるはずであるが、自分の存在を精一杯、時空に刻み込もうとするかのようである。

 帰りはSさんの自宅、Yさんの自宅という順に回って二人を降ろした。「寧々ちゃん」は助手席に移った。時間は4時になろうとしていた。私がお薦めの「元六」によって、少しばかり蕎麦を堪能する予定なのである。二人っきりの時間を過ごすのはこれで4回目となる。

2010/9/13

1644:サンドペーパー  

 三共理化学株式会社製の耐水研磨紙。商品名は「FUJI STAR TYPE DCC 粒度♯2000」。コメリ武蔵村山店で1枚75円で購入した。

 その本来の用途は「車両・金属・木工等の塗装面の研磨」である。特徴としては「耐水処理を施している為、水研ぎが可能である」点があげられる。

 その材質は、「基材:紙(Cwt)、砥粒:CC(シリコンカーバイド)、接着剤:レジン」である。重要なのはシリコンカーバイトである。シリコンカーバイトは、半導体特性を持っていて、電磁波吸収材としての機能も持っているとのことである。

 実はこれはとあるオーディオ雑誌に載っていた記事を見て購入したものである。1枚75円の耐水研磨紙が何故オーディオ雑誌に載るのか?その点は不明であるが、その記事の中ではこの耐水研磨紙をCDプレーヤーに貼り付けてある記事が載っていたのである。

 そしてその記事によると、その耐水研磨紙が貼られていると「楽器のダイナミズムやステージの奥行、そして声にも艶めかしさが出ている。また、弦楽器のヒリつくようなCD臭さもさらに抑えられている」とのことなのである。

 思わず「ほんまでっか〜」と突っ込みを入れたくなったが、なんとなく気になった。そのぺージの耳はしっかり折られた。

 そして、今日その耐水研磨紙を購入したのである。そして、LINN CD12の上にそっと乗せてみた。そして普段聴きなれたCDを数曲聴いてみた。

 「良いかもしれない・・・」という気になった。シリコンカーバイト効果であろうか、なんとなくクリアになる。

 OFF会などで「CDプレーヤーの上に載っているシート、これなんですか?」と訊かれたら、「これはNASAで開発されたシリコンカーバイトという特殊な素材でできた電磁波吸収シートです。これ高いんですよね・・・」とでも答えよう。間違っても「コメリで1枚75円で売っているサンドペーパ−です・・・」とは答えないでおこう。

2010/9/12

1643:アトワル打法  

 ドライバーショットを構えた時、右足の土踏まず、右ひざの内側、右股関節、右胸、首とが一直線に並ぶようにする。このラインを崩すことなくテイクバックし、インパクトまで維持する。これが、今日の練習場でのメインテーマである。

 ノースカロライナ州のセッジフィールドCCで開催された米国PGAツアーの第33戦「ウィンダム選手権」で、アージュン・アトワル(インド)が、通算20アンダーでツアー初勝利を手にした。

クリックすると元のサイズで表示します

 その様子をとびとびではあるが、CSのゴルフネットワークで観ていた。非常にスムースで安定感に富んだアトワルのスウィングが素晴らしいと感心した。

 そのアトワルのスウィングをスーパースローで解説するコーナーがあり、彼は右足内側に形成されるラインを軸として、アドレスからインパクトまで、常に保っていることが強調されていた。

 アドレス時に、右ひざから垂直に延びたライン上に頭を位置させ、その頭を微動すらさせないかのように固定してスウィングするのである。これなら方向性も安定するはずである。

 そのスウィングに感銘を受けて、「これは試すしかない・・・」と早速練習場で試した。ドライバーを構えて、右足内側に想定ラインを描いてそのライン上に頭を持ってくる。かなりの右足体重になる。

 テイクバックしてトップの状態では通常右足体重になる。右股関節に上体の体重を乗っけるような形になるのである。その状態をアドレス時から作り出すのである。

 しかし、そのラインを維持したままダウンスウィングするのが結構難しい。ラインを維持したままスウィングできると、とても軽く振っているように感じるのに飛距離が伸びている。

 「ゴルフって力じゃないんだよな・・・」と改めて思う。軸をしっかりキープしてスウィングできれば腕の力はほとんど要らない。想像以上の飛距離が出る。男子アマよりも上体の力の弱い女子プロがしっかりとした飛距離を出す秘密はこういうところにもあるのであろう。

 この「アトワル打法」で14日のラウンドに臨む予定である。前回のスコアは「90」であった。寧々ちゃんの前でどうにか90切りを果たしたい。

2010/9/11

1642:G2 GIYA  

 ステラヴォックスといえば、GOLDMUND・・・その取り扱いブランドは他にもあるのであるが、ついついGOLDMUNDのイメージが浮かんでしまう。

 STEREOSOUNDには必ずステラヴォックスの広告が数ページ載っている。GOLDMUNDの製品が、きわめ洗練された写真で上手くPRされているのが印象的である。

 そんなステラヴォックスであるが、当然他のブランドも輸入している。スピーカー部門で力を入れているのが、VIVID AUDIOである。B$Wのオリジナル・ノーチラスを設計したことで有名なローレンス・ディッキーが起こしたブランドである。

クリックすると元のサイズで表示します

 そのVIVID AUDIOのフラッグシップは「G1 GIYA」である。その「G1 GIYA」を一回り小さくしたのが新製品「G2 GIYA」。今日はその「G2 GIYA」を主役としたオーディオ・イベントにpontaさんと一緒に参加した。

 1時半から2時間の予定で始まったイベントは、前半と後半に分かれていた。駆動系は当然のこととしてGOLDMUNDで固められていた。前半はステラヴォックスが新たに取り扱いを始めたMAGNEPANの「MG 1.7」が披露され、後半からVIVID AUDIOも「G2 GIYA」が登場した。

 MAGNEPAN「MG 1.7」は平面型スピーカーである。高さは1.6mほどある。QUADのコンデンサー型とは違い、「クワージリボン型ドライバー」という独自の方式を使っている。価格はペアで35万円。後半に登場するVIVID AUDIO「G2 GIYA」の1/10以下の価格である。とても良心的な価格設定に思えてしまう。

 歪感のない、自然な音の出方である。音は軽め。低域の量感も軽い。情報量が特に多いということはない。ぱっと聴きでのインパクトは弱いほうであろう。長く付き合い、いろいろ試行錯誤し、微調整を繰り返していくうちに味わいを増していくようなタイプだと思った。クラスの中で決して目立たない地味な存在であるが、ふと気づくと意外と魅力を秘めている・・・そんな女の子のような気がした。

 さて後半は今日の主役「G2 GIYA」の登場である。こちらは価格が一気に上がって460万円。「アナゴライズブルー」と呼ばれるクールな質感の色の「G2 GIYA」は現実的なサイズになっていた。「G1 GIYA」は20畳以上の部屋でないとその真価を発揮しないのではと思われるサイズであったが、「G2 GIYA」は現実的な広さのリスニングルームでもその実力を出してくれそうである。

 こちらは「さすが・・・」といった高性能ぶりである。ディスクに込められた情報をほとんどロスすることなく出し切っているような印象を受ける。

 デザインを含めスピーカーの「もの」としての存在感は実にあるのであるが、音が鳴り始めるとスピーカーの存在は無色透明になり、消えてしまう。ハイエンドスピーカーの一つの究極の在り方を現実的なサイズで実現した非常に優れたスピーカーだと感じた。

 先日聴いた「Ktema」も素晴らしい高性能スピーカーであったが、この「G2 GIYA」もそれに拮抗するぐらい優れた能力を有している。残念ながらどちらも現実的な価格とは言い難いが、その価格を納得させるような高性能ぶりである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ