2010/9/30

1661:VIPルーム  

 「やはりここはVIPルームであろう・・・VIPルームであれば、密室にもなるし・・・」携帯でメール打ちながら、思わずほくそ笑んだ。「ドアを閉めてしまえば、二人っきりの贅沢な空間が出現・・・という仕掛けである・・・」

 SWING ARENA さいたま新都心店にはVIPルームがある。一番奥まったところにある2部屋は、オープンスペースではなく、部屋として独立した空間が確保されている。入り口のドアを閉めれば他人の視線を気にする必要性はなくなる。

 VIPルームのシュミレーションマシーンは、他のスペースのものと同じであるが、やはり気分が良い。料金は若干高くなるが、贅沢な気分に浸れる。

 「寧々ちゃん」とのお忍びゴルフ練習には最適といえよう。車で1時間ほどで着くはずなので、それほど遠いというわけでもない。「ここしかないかな・・・」と作戦を決定した。

 「非常にリアルなシュミュレーションマシーンで、ラウンドしているような感覚で練習できます。もちろん打ちっぱなしモードも選べますが、名門コースを選択してのラウンド・シュミレーションの方が断然楽しいですよ。今度一緒にいきませんか?暑い・寒いも関係なく、雨や風も気にすることはありません。」メールを打つ親指も心無いか軽い動きである。

 「寧々ちゃん」はいつぞやのゴルフスクールの時に「練習場で一人で練習するのは気分が乗らなくて・・・」とぼやいていたので、「一度一緒に練習場に行きませんか・・・」と声をかけていたのである。

 普通に練習場に行ってもいいのであるが、ここは一ひねりいれたほうがいいような気がして、シュミレーション・ゴルフにしようと思い立ったのである。

 となるとすぐさま浮かんだのがSWING ARENAさいたま新都心店である。若干遠いのが難点であるが、その間ドライブを楽しむぐらいの気持ちでいればいいのである。

 しかも、単に練習場で球を打っているだけでなく、ラウンドと同じようにその結果に一喜一憂するシュミレーション・ゴルフのほうが興ものるというものである。我ながら良い思い付きである。

 あとは日程の調整だけである。この「SWING ARENA VIPルーム作戦」はできれば土日のいずれかに決行したいものである。午前9時ごろ待ち合わせ、私の車で向かう。シュミレーション・ゴルフを2時間ほどやり、昼食を食べて帰る・・・

 しかし、「寧々ちゃん」は家庭の主婦である。土日が厳しいとなると平日の午後か・・・「平日の昼下がり、VIPルームでシュミレーション・ゴルフか・・・これも悪くないな・・・いやむしろ、どちらかというとこちらの方がいいかも・・・」「やはり、秋はスポーツの秋である・・・」

2010/9/29

1660:パン派  

 昨日はゴルフスクールであった。「寧々ちゃん」グループは全員が揃っていた。その一員のSさんは口から先に生まれたのではないかと思うような女性である。体型は、「完全体型崩壊型」。いわゆる「おばさん体型」である。このSさんが加わると、会話の主導権は完全にSさんが握る。

 何時ものように休憩コーナーで少々時間を過ごしたのであるが、Sさんの口は休むことを知らないかのような活躍ぶりである。

 Sさんはスピード感溢れる話のなかで、「あそうそう、これ食べてみて・・・うちの主人の会社の新製品なの・・・」といいながら、あるものを取り出した。

 御主人の会社の新製品だということで、くれたのは「明治スイーツ・スプレッド」という商品であった。「スイーツソース」と「マーガリン」が1つになった使いきりタイプのスプレッドである。片手で簡単に、手を汚さずに使うことができる容器形態で、なかなかのアイディア商品である。

 もらったのは「アップルシナモン&マーガリン」「ストロベリー・ラズベリー&マーガリン」「焦がしキャラメル&マーガリン」の三種類のものを1個づつ。「寧々ちゃん」やYさんにも同様に配っていた。

 私は朝食はパン派である。残念ながら、パン派はわが家では少数派である。子供二人は断然ご飯派なのである。妻は中立派。

 パン派の私は、厚切りトーストファンである。4枚切り、あるいは5枚切りの食パンをオーブントースターで焼く。マーガリンを塗ってシンプルに食べる。

 それを今朝はSさんからもらった「明治スイーツ・スプレッド」を活用してみた。三つもらったうち最初に試したのは「ストロベリー・ラズベリー&マーガリン」。

 味は「いいんでないの・・・これ」といった感じ。人差し指と中指で一方を支え、もう一方は親指で支え、せいのっといった感じでぷちっとつぶす。するとマーガリンとジャムが一緒になって出てくる。この仕掛け結構合理的・・・パン派には嬉しい商品である。

 Sさんは、ゴルフに関しては正直「才能ないんじゃないの・・・」というのが本音である。それほど練習熱心でもない。友達付き合いの一環としてゴルフをしているようである。会話を独占気味にしてしまう悪い癖はあるが、憎めないお人よしである。

2010/9/28

1659:通奏低音  

 低音を制するものオーディオを制す・・・どこかで聞いたような聞かなかったような格言である。低音と一言に行っても、色々とタイプがある。たとえばバロック音楽などでよく見かける通奏低音などは、重々しくてはいけない。

 軽く薄い板が共鳴して出てくるような乾いた空気感を伴う低音でなければなならない。くっきりとした輪郭明瞭な聞こえであれば、どことなくうそ臭く感じてしまう。

 一方、ライン経由で直接録音されるようなエレクトリックベースであれば、重量感があり、ソリッドな質感が求められる。それは薄い木の共鳴などではなく、もっとエネルギー感が凝縮した低音である。どんと腹にこたえなければ興ざめである。

 そのどちらもいうと至難の業になってくるので、オーディオマニアでない私などは鼻から二兎追うことをあきらめている。とりあえず、前者の低音が出ればそれで良し、としているのである。

 そういう軽めの低音を良しとしている私にとって、Mercedes-Benz E350 BLUETECHの発するエンジンの音はいささか重くかつだるい。ディーゼルエンジン特有の音と言ってしまえばそれまでであるが、それにしても重いのである。

 単に重いだけでなく、けだるい風合いがそれに加わるのでより一層気分を害する。確かに燃費は良い。素晴らしい数値をオンボード・コンピューターに表示してくれる。その表示される数字をさらに良くしようと、アクセルを緩め緩め走りたくなるほどの数字をたたき出す。

 そして、トルクもある。急な上り坂であってもたいそう回転数を上げることなくらくらくと上ってゆく。そして目には見えないがCO2排出量も極めて少ない。エコである。流行のエコである。見事なまでにエコである・・・

 それを勘案しても、あの音はいけない。あの低音はいけない。気分が悪い。慣れの問題なのかもしれない。時間の経過が解決してくれるかもしれない。やがてはあの低音にも独自の魅力を発見するのかもしれない。

 しかし、今現在、あの低音にはいささかげんなりしている。耳から入った重くけだるい感じの低音は腹にたまる。腹が重くなる。すると気分も重くなるのである。 

2010/9/27

1658:リスニング姿勢  

 三人掛けソファの前にはコーヒーテーブルが置いてある。木製の滑らかな肌触りのコーヒーテーブルである。その高さは三人掛けソファの座面よりもほんの少し高い。

 三人掛けソファの真ん中に座りながら、足はそのコーヒーテーブルのうえに投げ出された格好となっている。お行儀がいいとは言えない行状である。

 足は右足を下に、左足を上に足首のところで交差しており、右手は両腿の間にできたわずかな空隙のなかに差し込まれている。左腕は三人掛けソファの左側の背もたれの上にわずかに左ひじが曲がった状態て置かれている。

 首は右にやや傾き、目はうつろである。このようないささかだらけたような格好でオーディオを聴いている。一人で聴くときはたいていこんな格好である。

 三人掛けソファの前に置くコーヒーテーブルはやはり木製でなければならない。ガラス製の天板などもってのほかである。支柱部分がアルミか何かの金属製で天板がガラス、あるいは支柱部分が木製で天板がガラス、どちらの構成であってももってのほかである。天板がガラスであれば、足を投げ出す気になれないからである。木の柔らかく暖かい風合いがあってこその足投げ出しといえる。

 では何故、両腿の間のわずかな空隙にわざわざ右手を刺し込むのか?この疑問に答えるためには、中国気功の理論的な背景から説明しなければならないないが、それでは時間がかかりすぎる。

 手っ取り早く言うと、右手の手のひらから放出された生命体エネルギーが左腿から全身に循環するのを助ける為である。そしてこの生命体エネルギーの循環がスムースに行くと音楽を享受するに最適な身体状況を作り出すことが可能になるのである。

 左腕が、右腕と協調せず身体から遠く、ポータブルラジオの壊れたアンテナのように左にほぼ水平に伸びているのは、エネルギー循環のさいに発生するNOXを効率よく排出するためであり、首が右にやや傾いているのは、地球の自転により生じる緩やかな横Gをかわすためである。

 このように全てが必然的にそして理詰めに形成されたリスニング姿勢であるが、唯一欠点があるとすれば、あまりに理にかない、整然と構成されているため、意識が深く沈殿してしまう傾向があるということである。

 ふっと気づくと左足の体重を一人で支えていた右足足首がしびれていたりする。さらに右手の手のひらから放出される生命体エネルギーが潤沢過ぎると左足太ももが加熱状態になったりするのである。

 この理想的なリスニング姿勢も万全ではないと気づく瞬間である。もっと究極の、もっと耐久力のあるリスニング姿勢を開発するためには、まだまだ多くの試行錯誤が必要なようである。

2010/9/26

1657:おおさま  

 「王様」は「おおさま」であろうか、あるいは「おうさま」であったであろうか?「王国」は「おおこく」であろうか、あるいは「おうこく」であったであろうか?時々分からなくなる。

 どちらでも意味が通るような気がするが、正しくは「おうさま」であり「おうこく」である。私は「おおさま」「おおこく」が正しいのかと思っていた。小学校のテストで「おおさま」「おおこく」と書いてしまったら、赤ペンで「×」を付けられることとなる。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日はSEIBOさんのお宅に「とあるもの」を聴きに行ってきた。SEIBOさんのオーディオ・ラインナップは、アナログプレーヤーがトーレンス、CDプレーヤーがSONY、プリアンプがAMPEX、パワーアンプが進藤ラボラトリー、スピーカーがAMPEXである。このラインナップは以前お邪魔した時と変わっていない。

 しかし、よく見ると、進藤ラボラトリーの真空管式パワーアンプにはあのどこか懐かしさを醸し出すようなオレンジ色の灯火がともされていない。その代わりにAMPEX製のスピーカーを駆動しているのはテレビ台の左端にちょこんと乗っかっている小さな黒い箱である。

 これはデジタル・パワーアンプである。特徴的なのは、その電源が単三乾電池4個である点である。「パワーアンプが単三乾電池で駆動できるの?」というのが正直な感想である。

 AMPEXのプリアンプの助力を得てるとはいえ、この超小型パワーアンプ、見た目とは裏腹に実にしっかりした音を聴かせる。進藤ラボラトリーのパワーアンプとの聴き比べも行った。物量投入に関しては雲泥の差がある。しかし、その音のレベルにおいては好みの範疇といえる位に同じ土俵で戦えるポテンシャルを持っているのである。恐るべし単三乾電池パワーアンプ・・・

 進藤ラボラトリーはほっこり・まったりしている。単三乾電池パワーアンプはしっかり・きっちりしている。空間表現の適切さや音数の多さでは単三乾電池パワーアンプの方が上回っているようだ。人肌の温かさには進藤ラボラトリーに分がある。

 それは「おおさま」と「おうさま」の違いのようなもの・・・「おうさま」が正解であるが、「おおさま」でも良いんじゃないの・・・といった感じの差であった。

2010/9/25

1656:4分の3  

 もうすぐ9月が終わろうとしている。9月の前半はまだ夏のままであった。後半になってようやく秋が来た。今日も一日秋の気候であった。半袖では多少肌寒い気温である。

 今年も3/4が終わろうとしている。ここから年末までは例年結構加速するのである。はっと気づくともう年末といった感じになるのが常である。

 そう思いながら今年の3/4を振り返ってみると、オーディオに関してはほとんど変化がない。主要な機器はまったく入れ替わりがなく、セッティングが少々変わったくらいである。これはこれで良いことなのであるが、「刺激がない・・・」と言えなくもない。

 無理に何かを変えることはない。それはそうである。「変えたい・・・」という欲望もそれほど起きないのである。強いて言うなら、2階のESLでもアナログが聴きたいという欲望であろうか。

 その欲望をかなえるべく、いくつかのレコードプレーヤーを物色したりもしたが、「これだ!!」といった決定打をかっとばすものはなく、依然わが家のレコードプレーヤーはLINN LP-12のみという状況である。

 1年ほど前にLP-12はノーマルの状態から、KEELが組み込まれ、モーターが高性能なものに換装され、トーンアームがEKOSからEKOS SEにグレードアップ、さらにフォノイコライザーが内臓タイプとなった。

 グレードアップから1年が経過し、機械的にも音的にも徐々に馴染んできたようである。車も新車状態のうちはどこかしら固さというかギクシャクした感じがするものである。グレードアップしたばかりのLP-12も、高性能な能力は充分に見せ付けるが、しっくりと馴染む感じは薄かった。

 ようやくここのところ馴染みが出てきた。そのことが新たなレコードプレーヤーを購入したいとは思いながら、結局決定打が出ない大きな要因なのかもしれない。

 このままだと大きな変化なく今年は終わりそうである。今までにない展開である。来年になったら今年の反動が来て大幅な変動が・・・ということになるのであろうか。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/9/24

1655:妄想ゲーム  

 オーディオ雑誌を購入すると、必ず一つの「妄想ゲーム」をする。今わが家にある全てのオーディオ機器は無いものとする。さらに過去のオーディオ遍歴も無かったものとする。空っぽのリスニングルームのみがあったとする。その広さは現実的な8畳程度の広さである。この前提条件で、新たに購入したオーディオ雑誌に紹介されているオーディオ機器のみで、その空っぽのリスニングルームを埋めるとすると、どんな組み合わせになるか・・・そういうゲームである。

 今日は「AUDIO BASIC Vol.56」を購入した。季刊のオーディオ雑誌で比較的薄手である。早速真新しい雑誌をめくりながら「妄想ゲーム」を開始した。

 まずは、スピーカーである。特集記事は「一点豪華主義」であった。バランス良い組み合わせでなく、どこかに重点的に価格を配分する組み合わせが紹介されいる。

 オーディオ評論家の三浦孝仁氏は、スピーカーに一点豪華主義を持ってきた。まっとうな選択である。そのなかで候補に挙がっているスピーカーは、B&W 804、ライドー Ayra C2、マジコ V2の三つである。

 ここは、当然Ayra C2で決まりである。その姿形は流麗そのもの。昨年のインターナショナル・オーディオ・ショウで唯一良い印象を持ったスピーカーでもある。

 次はアンプであろう。新製品の紹介記事には、フランスのオーディオメーカーであるアトールの高級プリメインアンプIN400が載っていた。一風変わったデザインである。フランスのエスプリであろうか・・・少々下膨れデザインが好みとはずれる。

 ページをめくっていくと、ドイツのOCTAVEのプリメインアンプV40SEが紹介されていた。少々無骨なデザインであるが、性能は良さそうである。さらに先にページを進めると、スイスのGOLDMUNDのエントリーライン Metisシリーズのプリアンプとパワーアンプの紹介記事を見つけた。Ayra C2の白いウーファーと合いそうな色合いである。しかし、この組み合わせだとかなり寒色系の音色になるかも・・・

 「紹介記事だけでなく、広告でもいいことにしよう・・・」と勝手にルールを変更して改めて見直してみると、ATCのCA2とP1というプリアンプとパワーアンプがエレクトリの広告に出ていた。「これなんか良いかも・・・音はまったく聴いたことはないが・・・フォノイコ内臓だし・・・」とかなりいい加減・・・「デザインもまずまずではないか・・・これにしよ・・・」

 あとはアナログプレーヤーとカートリッジが揃えば万全の体制である。アナログプレーヤは新製品紹介欄にプロジェクト RPM10.1Evolutionが見つかった。「ほかに載ってないから、これにしよ・・・」残念ながら積極的な選択ではない。

 カートリッジは、ほとんど広告も紹介記事も載っていない。唯一載っていたのが、DENON DL-A100である。DENONの100周年記念モデルである。「これしかないななら、選択の余地無し・・・」

 ということでラインナップは完成した。スピーカーまでは良かったが、アンプ、レコードプレーヤー、カートリッジと進むにしたがって、テンションはだら下がりとなってしまった。それでも、この「妄想ゲーム」はひと時の悦楽タイムを提供してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/9/23

1654:ANOTHER GREEN WORLD  

 Coreさんが運営されているブログ「AcousticCore」はきっちり週に1回のペースで記事が更新されている。最新記事はBRIAN ENO「ANOTHER GREEN WORLD」である。

 「BRIAN ENOのアルバムのなかでもっとも好きなのが、ANOTHER GREEN WORLDである。それまでのアルバムがROXY MUSIC時代の影を引き摺っていたのに対して、このアルバムにして始めて彼本来の知性的で構成力のある音楽が見事に完成されている。やがてアンビエント・ミュージックに向かうのであるが、ROXY MUSICとアンビエント・ミュージックという対極とも言える二極の中間的な位置にあって、絶妙なバランスをとって存在している傑作である。」

 「1975年の7月から8月にかけて録音されたこのアルバムは、A面冒頭のSKY SAWに代表されるように、それぞれの楽器の持つ音が印象的にクローズアップされ、それらは現代絵画におけるコラージュ技法のように、そのポジションを割り振られ、組み合わされる。それらはお互いに関連性が無いように見えるが、絶妙なコーラージュ技法により、有機的に交わりあう。」

 Coreさん大推薦のこのアルバムであるが、私も以前中古レコード店で購入したことがある。BRIAN ENOはどちらかというとプロデューサーとして有名であるが、自分自身のアルバムでもいくつかの傑作を出している。

 この「ANOTER GREEN WORLD」は、彼の3枚目のソロアルバムである。印象的なジャケットは、TOM PHILIPSの「AFTER RAFAEL」のある一部分を切り取るようにしてデザインされたものである。原画と比べると、BRIAN ENOの組み換え、構成しなおすことにより、新たな価値を創出する能力がいかに優れているかを感じさせてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 このジャケットデザインを見ているだけでも、彼がその後TALKING HEADSやU2のプロデューサーとして成功するのが分かる気がするのである。

 この「ANOTHER GREEN WORLD」は35年前の作品であるが、現在においてもまったく古びていない。私もこのアルバムがBRIAN ENOの数多い作品のなかでの最高傑作であるというCoreさんの意見に賛成である。

2010/9/22

1653:スポーツの秋  

 「Yさんって、ストイックですね・・・ゴルフの練習はこのスクール以外にどれくらいやられているんですか?」「週2,3回かな・・・」「すごいですね・・・じゃ、スポーチジムとゴルフの練習を合わせると、ほぼ毎日体を動かしているんですね・・・」「運動中毒なのかも・・・」

 ゴルフスクールで一緒のYさんは、人一倍ゴルフに熱心である。練習量もスクール生の中で一番多い。「寧々ちゃん」はその点はのんびりである。

 「私はほとんどスクールだけ・・・たまに練習場に来るけど、一人で練習するのって今ひとつ気分が乗らなくて・・・誰かに見てもらって、アドバイスをもらうとやる気が出るんだけど・・・」

 「Taoさんは、スクール以外に練習するんですか?」「そうですね・・・週に1回くらいかな・・・休みの日に1時間ほど。本当はもっとやらないといけないんですけど・・・」

 スクールで週に1回1時間半、それ以外に練習場に行くのは週に1回程度である。この程度の練習ではそれほど上達はしない。しかもラウンドは月に2,3回のペース。本気でシングルを目指している人とは相当な開きがある。

 ゴルフというのはおおむね練習量に比例するスポーツである。そして、いったんある程度上達しても、練習を止めてしまうと、体が覚えていたはずのスウィング感覚がなくなってしまう。

 なので継続的な練習が欠かせない。私の場合継続はしているが、頻度に問題がある。もう少し濃厚にこなさなければ、コンスタントに80代を出せる技量には達しない。

 「寧々ちゃん」は「一人で練習するのって今ひとつ気分が乗らなくて・・・」と言っていた。「これって、もしかして一緒に練習しませんか、という提案が含まれているのかも・・・」そう思った私は、休憩場を出てそれぞれの車に向かう途中で、「寧々ちゃん」に話しかけた。

 「こんど、一緒に練習場に行きませんか?」「でも、Yさんも誘わないと・・・怪しまれますよ・・・練習場でばったりなんてことになったりする可能性がありますから・・・」「じゃあ、ここじゃなく別な練習場にしましょう・・・またメールしますよ。」

 車のドアをしめて、エンジンのスタートボタンを押す。数秒遅れてエンジンが始動する音が低く聞こえた。夜になって風は涼しげに変わっていた「スポーツの秋の到来か・・・」そう独り言を言ってパーキングブレーキを解除した。何となくわくわくした気分になって、アクセルを軽く踏み込んだ。

2010/9/21

1652:右ひじ脱力メソッド  

 「右ひじからすっかり力が抜けていますね・・・良い感じです。切り返しがよりシャープにしなっています・・・」鈴木プロの声が響く。

 トップで右ひじから一旦すっかり力を抜く。そのまま脱力状態でダウンスウィング。するとパワーのロスなくインパクトまで振りぬける感じがする。

 先週のラウンドレッスンで鈴木プロから繰り返し注意されたことは、腕の力みである。特にテイクバックしてクラブがトップの位置に来たときに右腕に相当な力みがあるとの指摘があった。このままダウンスウィングすると右腕中心のスウィングになってしまう。そうするとどうしても方向性にばらつきが出てしまうのである。

 私は大学生の頃からテニスをしている。社会人になっても月に2度ほどのペースでテニスをしてきた。サークルでのテニスなので本格的なものではまったくない。テニスは右腕が中心である。その癖が体に染み付いているようなのである。ゴルフクラブもどうしても右腕で振ってしまう癖がある。ここが修正すべきポイントである。

 そこで今日のゴルフスクールでは、トップの位置に腕が来たときに意識して右ひじからすっかり力を抜くことを心がけた。するとスムースなスウィングができたのである。

 「なんだか・・・これって結構肝だったのかも・・・」という気がした。もちろん練習場で上手くいっても、ラウンドでは「そうはいかの金玉」状態になる可能性は高い。とりあえず、次回のラウンドまで、練習場ではこの「右ひじ脱力メソッド」を繰り返し練習してみよう。

 鈴木プロにも褒められ、練習場で打つ限り良い玉が出ていたので気分良く休憩コーナーへ向かった。「寧々ちゃん」、Yさんは来ていたが、Sさんはお休みであった。3人でテーブルを囲む。

 「この前はYさんに負けちゃったからな・・・」「この前はとっても調子が良かったんです。ああいう日もあるからゴルフって止められないのよね・・・」Yさんは高校生の頃まで相当真剣にクラシックバレイをしていたそうである。細身のアスリート体型である。40代半ばと思われるが体はシャープなラインを維持している。このラインを維持するに、それなりの努力が必要なはずである。

 「Yさんはゴルフ以外にもスポーツしているんですか?」「スポーツジムに週に3回ほど通っています。」「マシーントレーニングをしているんですか?」「プログラムを組んでもらって、だいたい1時間半ぐらい、バイクやマシーンを5種類ぐらい組み合わせるんです。」

 「かなりストイックである。これは手ごわい・・・」このメンバーと一緒に回ったのは先週で3回目である。残念ながら一度も90を切ったことがない。Yさんとの対戦成績は2勝1敗である。先日は3打差で負けてしまった。次回は負けるわけにはいかない。「右ひじ脱力メソッド」でどうにか差をつけたいところである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ