2010/7/31

1600:モンブラン  

クリックすると元のサイズで表示します

 Lo-Dは日立のオーディオブランド。既に消滅している。オーディオブームのさなか、他の大手家電メーカー同様、立ち上げられたブランドである。比較的地味なブランドであったが、その確かな技術力に支えられ幾つかのヒット製品を世に送り出した。

 その代表的存在が、HS-500である。K&Kさんは、HS-500に魅了されたオーディオファンの一人である。しかし、特異なのはその魅了され具合の深さである。

 フロントはHS-500をスタックしてマルチアンプ駆動。さらにリアにもHS-500が鎮座している。そのリアもマルチアンプ駆動。さらにスーパートゥイーターとサブウーファーが加わる。アンプは全てSANSUI。MOS-FETを素子としている。

 前回お邪魔したのは2年程前。その時はリアはマルチアンプ駆動ではなかった。さらにアンプもすべてがSANSUI製には統一されていなかった。

 アンプがSANSUI製に統一されたためであろうか、記憶のかなたの音との対比では、音の表面がよりまろやかな質感を有しているように感じられた。

 解像度はしっかりと保たれているが、音に硬さがない。柔らかな弾力感が心地良い。これはSANSUIのアンプの特質なのであろうか。MOS-FETという素子がその音の特徴を形作っているのかもしれない。

 K&Kさんのリスニングルームは広い。オーディオシステムの横には巨大なグランド・ピアノが控えている。全体ではどれぐらいの広さであろうか、20畳近いような気がする。その広い空間をオーディオとピアノで仲良く半分づつに使っていらっしゃる。

 ピアノとの同居はわが家と同じである。さらに石井式リスニングルームにリフォームされている点もわが家と同じである。

 しかし、その広さは大きく違う。狭いなかオーディオとピアノが肩を寄せ合っているわが家と違い、のびのびその広い空間を共有している。

 SACDマルチの音は、とても自然な空間表現である。微粒子感溢れる繊細な音が空間に広がる。K&Kさんは最近奥さんと一緒にスイスのモンブランを制覇された。リスニングルームには、そのスイスの空気を思わせるような爽快感溢れる音が溢れていた。

 K&Kさんのお宅を後にした私は、元町・中華街方面に向かった。PARAGONとG1 GIYAが同居する「竜宮城」にお邪魔する予定が入っていたのである。

2010/7/30

1599:相棒  

 BMW735iは満身創痍である。ウォーターポンプの破損に伴うエンジン停止はどうにかこうにか修理で対応できた。しかし、今日は低速走行時にミッション・トラブルの兆候が見られた。

 信号待ちでスピードを緩めていくと「カクン・・・」とシフトショックが出るようになったのである。恐らく3速からいきなり1速に落ちている。2速をすっ飛ばしている感じである。

 これはミッショントラブルなのか、あるいは制御しているコンピュータ・ソフトの問題なのか不明であるが、気になるところ。10万キロを走行するとミッションに問題を抱える可能性が高くなる。そのトラブルの兆候のような気がする。後1ケ月、大きなトラブルに発展しないよう祈るばかりである。

 さらに今朝、警告ランプが点いた。内容を確認してみると「エンジンオイル・レベル最低」の表示が・・・「半月ほど前に同じ警告が出たので、1.5L補充したばかりなのに・・・」と不安に思った。

 これは、明らかにエンジンオイルが漏れている。今年2月の車検時とその後の点検時にエンジンオイルの漏れが見つかり、応急措置はとってもらっていたが、根本的な改善にはなっていなかったようである。

 さらに、ドアミラーの開閉ボタンが効かなくなり、駐車時もドアミラーは畳まなくなった。どうしても必要な機能でもないので、そのままにしてある。

 BMW735iとすごすのも後1ケ月程度。1年365日、毎日欠かさず乗り、5年半、走行距離は10万キロ・・・名実ともに「相棒」である。様々なトラブルは発生してはいるが、基本的な乗り味は今でも素晴らしさを維持している。

 このモデルの一世代前(E38)の7シリーズにも乗ったが、ボディーの堅牢さは確実に2ランクぐらい上がった。エクステリアデザインはアクが強く好き嫌いははっきり分かれる。最初はまったく分からなかったそのデザインの真価が、目が慣れてくるとようやく分かるようになってきた。

 9月以降新たな「相棒」となる予定なのは、Mercedes-Benz E350 STATIONWAGON BLUETECHである。こちらもそのエクステリアデザインに関しては当初良い印象を持たなかった。アグレッシブではあるが無骨で精細さにかけるというのが、第一印象であった。こちも目が慣れるにしたがって、愛着を持てるようになれればいいのであるが・・・

2010/7/29

1598:インセプション  

 映画を映画館で観ることは年に数回程度。映画通では決してない。大概、子供にせがまれて映画館に向かう。先週末は上の子供にせがまれて「インセプション」を観にいった。

 「インセプション」は「メメント」で注目されるきっかけを作ったクリストファー・ノーラン監督の作品である。「メメント」は低予算であったが、「インセプション」は桁外れに金のかかった大作である。

 しかし、お金をかけたから良い作品になるとは限らない。緊迫感や展開の面白さという点では明らかに「メメント」の方が上である。

 「インセプション」はノーラン監督のオリジナル脚本。「メメント」同様、独創的なアイデアに基づいている。その設定に正直「無理あるよね・・・」という気がしないでもないが、そこで躓いてしまうと、その先を観ていれなくなるので、そこは大目に見ることにした。

 主役はレオナルド・ディカプリオ。他人の夢に入り込み、アイディアを盗んだり、ある一定のイメージを植えつける(インセプション)ことを仕事としている。

 他人の夢の中にどうやって入り込むのか・・・と疑問に思ってしまうと、映画が成り立たない。ここは、荒唐無稽であっても、ノーラン監督に術中にのっかてしまうしかない。

 そうすると、「マトリックス」的な楽しみ方ができる。夢の中では何でもあり・・・街が次々に破裂したり、空間が歪んで上下がくっついてしまったりと、派手である。

 コンピューターグラフィックスの進化はすばらしいものがある。荒唐無稽であっても映像はとてもリアル。「マトリックス」同様アクション映画の要素も組み入れてあるので、後半になってますます構成が複雑になっていっても、飽きはこない。

 幸いにも3Dではなかった。「アリス・イン・ワンダーランド」で3Dを初体験したが、目と脳がとても疲れた。ノーラン監督は「大きなスクリーンで横幅のある映像を見るのに、3Dが適しているとは思えない」とあえて今流行の3Dにはしなかった。それは正解だ。

 「面白かったか?」と問われれば、「まあまあ・・・」と少々歯切れが悪い。もともとハリウッド映画との相性が悪いのでまったく参考にはならない。 

2010/7/28

1597:無庵  

 立川であれば、「寧々ちゃん」は青梅線で羽村まで行って、そこからタクシーで帰れる。私は多摩モノレールで上北台まで出れば、タクシーですぐである。

 夜に会って、お酒を飲むならば、立川である。そのての店も豊富にある。思いっきり庶民的な店もあれば、少しばかりすかした感じの店もある。

クリックすると元のサイズで表示します

 そんな風に思いをめぐらせてていた時、浮かんだのが「無庵」である。ここは蕎麦懐石がうたい文句。駅からは歩いて7,8分。隠れ家的な目立たない場所にあり、和風の建物・内装で、趣味も良い。少しばかり値段が張るのが難点であるが、味も素晴らしい。奮発するならここであろう。

 店内にはビンテージのオーディオ装置が置いてあり、渋めのジャズがかかっている。アンプはマッキントッシュの真空管式のものがさりげなく置いてある。店主は相当なジャズ好きでかつオーディオ好きなようである。

 あるいはぐっと庶民的な雰囲気にするならば、南口の「またぎや」であろう。ここは焼き鳥がメイン。八王子の有名店「小太郎」の姉妹店である。ラフな内装で値段もリーズナブル。とても分かりづらい場所にあるが、値ごろ感抜群の隠れた名店である。

 しかし、最初はやはりかっこをつけたほうがいいかもしれない。となると「無庵」の選択となる。しかも「蕎麦」は二人にとって共通もキーワードである。お会計はこちら持ちとなるのでお財布には優しくないが、目をつむろう。

 後は日程である。これは相手に合わせることになる。「寧々ちゃん」は家庭の主婦であるので夜に出れる日は限定されるはずである。

 後はメールを送るのみである。先日二人であったのが23日の金曜日である。その時「寧々ちゃん」はおおらかに「飲みにいきたいですね・・・」と語っていた。あまり日を空けてもいけないはず。明日当たりメールを送ってみよう。

 本当は昨日のゴルフスクールで会った時に誘えばよかったのであるが、急な仕事の予定が入ってしまい欠席となってしまった。メールという便利な手段があるのであるから活用しない手はないであろう。

2010/7/27

1596:清涼系  

 これだけ暑い日々が続くと、聴く音楽にも影響が出る。涼しげな音楽に触手が動くのである。そして、暑苦しいロマン派などにはどうしても耳が向かわない。この猛烈な暑さをやり過ごすべく、最近よく聴く涼しげなCDは次の二つである。

 一つはHayley Westenra「Pure」。透き通った高音が魅力の歌姫である。顔立ちも同様涼しげな目元の美形。こちらはもっぱら車の中で聴いている。この時期、日中に車に乗り込む瞬間というのはまさに灼熱地獄。

 すぐさまエアコンを最強状態にするが、すぐには効かない。そこでというわけではないのであるが、Hayler Waetenraの歌声を活用する。実に涼しげなのである。風鈴のような心理的効果をもたらしてくれる。ほてった体に冷え切ったアクエリアスが心地良いように、耳に実に心地良く響く。

 収録されている曲も、その声の特質を上手に活かしきる名曲ばかり。少々ベタな選曲とアレンジではあるが、この暑い時期に聴くのには、最適な清涼剤である。

 もう一つがFlorilegium「Pergolesi:Stabat Mater」。SopranoはElin Manahan Thomas。こちらも清涼感が漂う演奏である。レーベルはCHANNEL CLASSICS。風前の灯状態のSACD、ヨーロッパのクラシック系マイナーレーベルのみに支えられている状態である。CHANNEL CLASSICSはSACDに特化しているレーベルである。それだけ音質に対するこだわりも高い。

 残念ながらLINN CD12はSACDがかからない。ハイブリッド盤のCD層を読み込んでの演奏であるが、それでも充分満足できる音質である。

 Elin Manahan Thomasの声は伸びやかに澄み切り耳に心地良い。バックの演奏も、響き感が豊かで穏やかな質感である。ヨーロッパの古い教会の内部のさわやかな空気感が伝わってくる。どこにも汗臭さがない。

 まだ酷暑の夏は続きそうな気配である。がんがんにエアコンを効かせたくなるが、健康には恐らく良くないはず。この2枚のCDのような清涼系音楽で、心のオーバーヒートを防ぎたいところである。

クリックすると元のサイズで表示します

2010/7/26

1595:フックグリップ  

 日中猛烈に暖められたアスファルトに夕立が降ると、独特の匂いが立ち込める。それは何かしら強い生命感を感じさせる匂いである。「夏の雨」の匂いであり、それを嗅ぐと京都にいた頃のことを思い出す。京都は盆地で、夏の夕立はとても荒々しかった。激しい夕立の後には、この匂いが立ち込めていたのである。

 最近の暑さは、練習場に通う機会をめっきり減らした。週に1回はスクールがあるので、そちらは仕事でどうしても行けない場合を除き、極力参加するようにしている。

 しかし、スクール以外に練習場に行く気が最近はどうしてもおきなかったのである。昼間の暑さでぐったりしているので、夜になってからさらにもう一汗かく気力が萎えてしまうのであった。

 しかし、今晩は気力を振り絞ってゴルフ練習場へ向かった。雷を伴う夕立が降ったので、夜になってから風が涼しげに変わった。遠くで遠雷の青白い光と雷鳴が響いているなか、車を走らせた。

 先日のスクールで、鈴木コーチからグリップに関してアドバイスをもらった。それによるとパワーよりも方向性を重視するためには、まずフックグリップが良いということと、両手の人差し指にポイントがあるとのことであった。

 両手の人差し指は二つの関節が直角に曲がるようにする。その二つの間接でできるコの字型にグリップを置く。左手と右手の結合はインターロッキングではなく、オーバーラッピングにする。両手の人差し指の第二間接の角がとんがるような感じを保ってスウィングする。

 その新たに教わったグリップに慣れるために少しばかり打ち込んだ。まだ、慣れていないので少しばかりぎこちない。しかし、このグリップにすると手首の可動域が狭まり、暴れが少なくなるような気がした。

 フックグリップなので、球筋はどちらかというとドロー系となる。なので、少しばかり右目に打ち出していかないと球筋は安定しない。

 多少風が涼しくなったとはいえ、100球も打つと汗が滴り落ちる。夏バテ気味の体には少々こたえる。まだまだな感じではあったが、すぐに慣れるものでもないので、今日は2コインで切り上げた。このグリップ、慣れてきたら方向性の安定に一役かいそうな気がしている。

2010/7/25

1594:陳列棚  

 西武新宿線で高田馬場までは約35分ほどで着く。そこで駅前のバス停から「早稲田正門前」行きのバスに乗り換える。今日は休日であるので、学生は少ない。バスはガラガラであった。

 「西早稲田」のバス停で降りた。日曜日は大半の商店が休みである。古本屋が数件開いていたが、どこも開店休業状態である。ぎらぎらとした太陽に焼かれたアスファルトからは熱気が盛大に湧き上がってくる。一刻も早く日陰に避難する必要がありそうである。

 バス停から歩いて数分で「甘泉園公園」にたどり着く。日本庭園風の公園をぬけると、古い家屋とひょろ長いペンシルビルが交互に連なる一帯に出る。そのうちの古い家屋の方に分類されるひとつがPaoさんのお宅である。

 Paoさんからメールが来たのは一昨日。「良いねえ・・・NO.26、とても良い具合だよ。一度聴きに着てくれないかな・・・」お誘いメールである。

 Paoさんはプリアンプをつい最近買い換えられた。従来使っていたAurexのプリアンプが故障を繰り返すようになり、やっと意を決して新しいプリアンプを迎えることにしたのである。

 PaoさんはAurexのプリアンプを20年以上愛用されてきた。しかし、そろそろ限界かと判断されたようである。実は、買い換える前にメールで相談を受けた。

 「最近の機器のことはよく分からない。Taoさんは骨董趣味に走る前は新しいものを使っていたんだろ?良いのないかな・・・」

 多少嫌味な表現ではあるが、頼まれれば嫌とは言えない性格なので、いくつかの候補を挙げた。そのなかで最後にあげたMark Levinson NO.26がPaoさんの心を捕らえたようで、都内の中古専門店で購入されたようである。

 「あれは、良い顔をしてる。男心をくすぐりまくるような顔立ちである・・・キレがあるのにまろみがある。良い女だ・・・」どうやらPaoさんはベタぼれである。

 Paoさんのリスニングルームは8畳の広さの和室である。畳の上には大きめのボードを敷いてスピーカーが設置されている。自作の強固なラックはスピーカーの間に鎮座している。そのラックの中段に、NO.26は昔からそこにあったかのように佇んでいた。

 「まずはマーラーの第4番から・・・第1楽章がいいかな・・・」緩やかなテンポで軽やかかに音楽が鳴り始める。「うっ・・・変わった・・・」とその一瞬の出足部分で感じた。

 その後サンサーンスのチェロ協奏曲、シベリウスの交響曲第2番と続いた。「なんだか、音楽が深くなったような気がしますね・・・響きが沈むというか、タメができるというか・・・」

 「そうそう、それだよ、タメ・・・」「振りかぶったのになかなか投げない・・・手がゆっくりと遅れてくる・・・くるとズバッとくる・・・」Paoさんはうれしそうである。

 「Aurexのプリアンプはどうされたんですか?」「陳列棚に収納してある・・・」そう言うとPaoさんはふすまを開けてくれた。そこには自作の棚が建て付けられていて、その棚には過去にPaoさんが使われてきたオーディオ機器が綺麗に並べられていた。

 「俺の歴史だ・・・他人には単なるガラクタだがな・・・」Paoさんはそういう人である。Aurexのプリアンプはその棚の右側一番上に置かれていた。なんだかとてもおだやかな顔つきに見えた。「ごくろうさま・・・」そう心の中でつぶやいた。

2010/7/24

1593:赤とんぼ  

クリックすると元のサイズで表示します

 「うどんもいけますね・・・こしがしっかりあって、とても美味しい・・・」「花蕎好」のうどんは、店の内装同様素朴な味わいである。

 昨日は酷暑のなかのラウンドをどうにかこうにか終えた後、Yさんを自宅まで送り、その後二人で「花蕎好」へ向かった。「花蕎好」は先日「寧々ちゃん」から教えてもらった店である。しかし、残念なことに7月一杯で閉店することになってしまった。

 先日は蕎麦を食べた。蕎麦はキレのある洗練された味わいであった。一方うどんは対照的な素朴で骨太な質感。いわゆる「武蔵野うどん」に分類される地粉を使ったこしの強いうどんである。

 「今日は大変なラウンドでしたね・・・」「後半はスコアよりも、体力が持つか心配でした・・・」「午前中はミミズも凄かったですね・・・」「そうそう、とてもいやでした・・・のたうちまわっているんだもの・・・」「でも、何でミミズはああやって這い出してくるんでしょう・・・陽に焼かれて息絶えてしまうのに・・・」

 「何かしら良いものがあると思って、出てくるのかしら・・・」「ミミズにとっては土の外は光の国なんでしょう。目もくらむような刺激に満ちているのかもしれません・・・命を賭しても悔いのないような・・・」

 「ミミズにもびっくりしましたけど、午後からは赤とんぼが一杯飛んでいるのでまたびっくりしました・・・赤とんぼって秋って印象があるんですけど、あんな暑さの中で赤とんぼをたくさん見たのは初めてです・・・」

 そういえば、午後のティーグランドには、なぜか赤とんぼが多数飛び回っていた。赤とんぼは確かに秋のイメージがある。それも夕方に飛び回っているという印象が強い。

 もしかしたらこの時期に赤とんぼがたくさん飛んでいたことは、異常気象の一つの兆候なのであろうか。赤とんぼとミミズは好対照な存在であった。赤とんぼは季節はずれな感じがしたが、悠々と空を駆け回っていた。一方ミミズは芝生の上をのたうち回って、やがて息絶えていった。

 「○○さんって、お酒は飲まれるんですか?」「ええ、私はビール派です。Taoさんは?」「私もビール派です・・・あまり強くないんですけど・・・この時期はゴルフの後のビールは美味しいですよね。」「いつか行きたいですね・・・」「えっ・・・夜は時間大丈夫なんですか?」「子供はもう高校生ですからね・・・」

 「寧々ちゃん」は朗らかに笑った。炎天下でのラウンドで体は相当に疲れているはずである。しかし、体を動かして思いっきり汗をかいた後というのは独得の爽快感がある。脳内麻薬が染み出してくるのか、気分が軽やかである。その一種の高揚感のなかにひたっていたためか、「寧々ちゃん」は何時も以上ににおおらかな印象である。

 「では近いうちに飲みにいきますか?」私もおおらかに応じた。心のうちには「ミミズのようにのた打ち回ることになるかもしれない・・・それは今は分からない。でも土のなかにいてもしょうがない・・・陽の光に向かって這い出すべきなのかもしれない・・・」という思いが湧き出ていた。

2010/7/23

1592:ミミズ  

 ミミズは何故這い出してくるのであろうか?昨晩は通り雨的に雨が降った。そのせいであろう、飯能グリーンカントリークラブのフェアウェイには多くのミミズが這い出していた。

 朝の早い時期から太陽が強烈な光をふりそそぎはじめていた。そのためミミズは急速に水分を失い、苦しげにのた打ち回っていた。そしてやがて、苦悶の形をその複雑に折れ曲がった肢体にくっきりと刻んだまま息絶えることになる。

 安全な土の中にいれば、こんなことにはならないはずであるが、どういう欲望がミミズを無謀な行動に駆りたてたのであろうか?一生に一度でもいいから日の光を浴びて、芝生の上をミミズなりの精一杯のスピードで走り回りたかったのであろうか?たとえ、その命をささげたとしても・・・

 「寧々ちゃん」はミミズが大嫌いである。「きゃっ・・・ここにもいた・・・」と小さく声をあげながらのラウンドとなった。Sさんは夏バテのようでドタキャンとなった。確かに暑さには弱い体型をしている。いわゆる「くびれ」が何処にも見当たらないのである。

 今日もここ数日同様猛烈な暑さに見舞われた。ミミズのように息絶えないようにするためにこまめにスポーツドリンクで水分補給を繰り返した。なるべく直射日光を浴びないように打つ直前まで乗用カートのなかで待機。どうにかこうにか3人とも無事にラウンドを終了した。

クリックすると元のサイズで表示します

 猛烈な暑さ、タフなラフ、いいところを見せたいという欲望・・・そういったものが混然一体となって私の足をひっぱった。スコアはいまひとつ。Yさんも「寧々ちゃん」も暑さに参ったらしく、いまひとつ満足できない結果となった。この暑さはゴルフをするには過酷過ぎたようである。

 ラウンド後はシャワーで汗を綺麗に流した。温度を低めに設定。水に近い温度でほてった体を冷やす。そしてふと疑問に思った。「ミミズは土から出てきて、生命の危険を感じたらすぐさま土にもぐればいいはず、何故そうしないんだろう・・・気がついたときには、土を掘り起こす力が残ってないのであろうか・・・」

 人間も普段住み慣れた環境を脱したいと思う時がある。代わり映えがしない安全な日常生活から飛び出し、ワクワクするような胸のときめきを感じたいと思う時がある。もしかしたら、それが大きな危険を孕んだ行為を誘発することになったとしても、その誘惑には効しがたいものがあるはずである。

2010/7/22

1591:武蔵溝の口  

 ソナス・ファベールのミニマ・アマトールはその大きさのわりにずっしりとした重量感がある。大切に両手に抱え1個づつ運ぶ。階段をトントンとあがっていき、寝室に運びこむ。

 次はスタンドである。ミニマ・アマトールの専用スタンドは本体よりも重い。一番下の台座部分が大理石でできている。重いはずである。

 しっかりした木を組み合わせて複雑な構成となっている。現在ではコストからみて、製造・販売するのは恐らく難しいであろう。

 こちらも1本づつ両手で抱えるようにして運ぶ。台座の大理石はぶつけると欠けてしまうので細心の注意を払う必要がある。

 寝室に鎮座していたQUAD ESLはしばらくの間隣の和室に移転してもらう。軽いので移動は楽である。そしてESLが置いてあった場所に、ミニマ・アマトール専用のスタンドを設置。その上に恭しくミニマ・アマトールを置く。

 とりあえず内振りはつけずに真っ直ぐ正面を向かせる。末端をバナナ端子で加工してあるスピーカーコードをバイワイアリング対応のスピーカー端子のトゥイーター側に繋ぐ。ジャンバーは付属の金属のバーである。これはいずれもっと良質のジャンバーケーブルに換えたほうがいいだろう。

 LINN CD12の薄いトレイにはマーラーの交響曲第5番のCDをセット。PLAYボタンを押すとすっとトレイが引き込まれ、CDに刻まれた情報を読み始める。

 LINN CD12の内部でDA変換されたデーターはQUAD22とQUADUで増幅され、ミニマ。アマトールに送り込まれる。その音の色合いは・・・

 今日も、ここ数日と同様酷暑であった。35度は超えたと思われる昼過ぎに、川崎市の顧問先を訪問した。南武線の「武蔵溝の口」が最寄り駅である。立川駅で中央線から南武線に乗り換えた。立川駅が始発であるので角の席に座れた。電車の中はクーラーが効いていて別世界の心地良さである。

 「分倍河原」あたりから、連日の暑さによる疲れからか意識が朦朧としてきた。そして、いつの間にか意識の深遠の底に滑り落ちたようである。

 その音の色合いは・・・艶やかである。トランペットのファンファーレが厳かに響き渡り、低弦の低い唸りが左右に広がる。ホール感がしっかりある。音の粒子の拡散具合が心地良い。明らかに暖色系の響きである。

 しばらくすると、トランペットの響きの後方から妙な音が聴こえる・・・「何だろう、この雑音は・・・?」と耳を傾ける。「QUAD22の具合が悪くなったのであろうか・・・再度修理に出さなければならないかもしれない・・・」少々気が重くなった。

 その音は徐々に明確になってきた。よく聴くと、その音は「む・さ・し・み・ぞ・の・く・ちー」と聴こえた・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ