2010/6/30

1569:同居人  

 1階のリスニングルームはピアノと同居している。今までは「ピアノさえなければ・・・」という気がしなかったといえば、嘘になる。しかし、「ピアノがあることも悪いことではない・・・」ということが証明されて、少しピアノに対する考え方が変わった。

 1階はピアノであるが、2階はベッドと同居である。「さすがに、ベッドは手ごわいであろう・・・」というのが正直な感想である。

 しかし、ベッドにとってみれば「こっちがいい迷惑である・・・」と思っているはず。当初は寝室であったところに何故かオーディオが入り込んできたからである。

 1階は実質「6畳間オーディオ」であるが、2階は広い。15畳程度あるはずである。しかし、ベッドや箪笥が先住民族としてしっかり定住しているため、オーディオ用に活用できる空間はそれほど広くない。

 QUAD ESLをセッティングできるエリアは、かなり限定されるのである。どう置こうと巨大なベッドがそばにあることに変りがない。

 ベッドにはマットレスがのっている。その上にはさらに布団や枕がのっている。当然のこととしてそういったものは吸音作用があるはずである。

 吸音が悪いわけではないが、どちらかというと拡散効果が相対的に高いほうが、どうやら好みに近い音が得られるようである。

 そこで、枕や布団は一旦隣の和室に撤去されてからアンプの電源は入れる。アンプの電源を切ったら、また布団と枕を定位置に戻すのである。そのほうが少しでも吸音作用が緩和されるからである。

クリックすると元のサイズで表示します

 この部屋にオーディオがあることに対しては当然のことながら家族の風当たりは強い。「どうにか存続させたいが、家族との融和政策を採るならば、撤退あるのみか・・・」という気がするのであるが、QUAD ESLを手放す気にはどうしてもなれないのである。

2010/6/29

1568:ごまだれ  

 対パラグアイ戦の前半は、一進一退の攻防の末スコアレス。観ているとまったく肩が凝る。ハーフタイムの10分でブログの記事でも更新して頭を冷やそう。

 今日は火曜日。火曜日は従来とても地味な存在であった。しかし、「寧々ちゃん」の紹介で昭和の森ゴルフ練習場のゴルフスクールに参加するようになって特別な曜日となった。「SWEET TUSEDAY」なのである。

 先日「寧々ちゃん」からメールをもらった。多摩エリアの美味しいお蕎麦屋さんについて「寧々ちゃん」のお薦めのお蕎麦屋さんを知らせてくれたのである。

 瑞穂町の「花蕎好」は、旧青梅街道と新青梅街道が交差するちょっと先にある。青梅街道に看板が出ているのであるが、青梅街道に面しているわけではなく、住宅街に入った分かりにくいところにある。

 「あのへんだな・・・」とだいたい予想はついているのであるが、ここはあえて見つけられなかったことにするのが得策のような気がした。

 今晩、ゴルフスクールで「寧々ちゃん」と挨拶を交わしたとき、「この前メールいただいた花蕎好ですが、結局よく分からなかったんです・・・今度、お昼時に一度案内してくれませんか?もちろん、私の奢りで・・・」

 「あっ、やっぱり分かりませんでした。あそこは看板のところを曲がっても真っ直ぐにいけないですよ。ぐるっと回らないといけないんで分かりづらいんです。Sさんにもご紹介したんですが、結局たどり着けなかったみたいですよ。」

 「今週の金曜日どうですか?丁度羽村市のお客さんのところに行く予定が入っていてお昼時にもう一度花蕎好にチャレンジしてみようと思っていたのです・・・」

 「金曜日というと2日ですか・・・大丈夫ですよ。」「あの店はお蕎麦も美味しいですが、うどんもいけるんですよ。夫婦でお店をされているんですが、奥さんが作って旦那さんが運ぶんです。ちょっと変わっているでしょう・・・」

 「なんだか、普通のお蕎麦屋さんと逆ですね。この梅雨時期のじめじめした季節にはやっぱりざるそばですかね・・・」

 「私はごまだれも好きなんです・・・独得の濃厚な味わいのたれがコシの強いすっきりとした蕎麦と絶妙なバランスなんです・・・」

 「ごまだれか・・・それも良さそうですね。それじゃ、お昼時に車で寄ります・・・」少し間をおいて、「もしよかったらSさんとYさんも・・・」と言葉を繋ごうとしたが、ぐっと押さえた。そして「寧々ちゃん」の表情を伺った。

 涼しげな笑顔である。ゴルフスクールにはまだSさんとYさんは着ていない。スクールが始まる10分前だったからである。当然鈴木コーチもまだ登場していない。7名のスクール生のうち3名しかいなかったのである。

 「今日はたっぷりと汗をかきそうですね・・・」すっと話題を差し替えた。湿度がとても高いうえ、時折強い雨がざっとふりそそぐ。1時間半のあいだ時折休憩を入れるがゴルフボールを打ち続ける。150球から200球は打つので、体力も消耗する。

 しかし、その疲れは心地良い。仕事での疲れとは根本的に違う。特に今晩はどっさりと汗をかいたのであるが、その汗は妙に心を浮揚させるのであった。

2010/6/28

1567:響板  

 わが家の1階のリスニングルームはアップライトピアノとオーディオシステムが同居している。ピアノの専有部分は約2畳。オーディオの専有部分は約6畳。かなり狭く、当然のこととしてニアフィールドリスニングである。

 そして、この狭い部屋にピアノと同居しているということは、オーディオから発せられた音は、ピアノの影響を当然のことして受けているはずである。 ピアノは響きが豊かになるような構造となっている。そしてリスニングポイントのすぐ後ろにピアノは鎮座している。となるとスピーカーから発せられた音はピアノに当たって思いっきりリスナーの後頭部に向かってその響きをあびせかけているはずである。

クリックすると元のサイズで表示します

 昨日のNaruさんのお宅でのOFF会の際にその話題となった。「ピアノには響きを抑えるペダルと響きを豊かにするペダルがあるから、響きを抑えるペダルを踏んだ状態にするとオーディオ的には良くなる可能性が高い・・・」

 「なるほど・・・」と感心し、今日妻にピアノのペダルのことを訊いてみた。そして実演してもらったのであるが、右のペダルを踏んだ状態で演奏すると響きが豊かでたなびくようである。逆に左のペダルを踏んだ状態で演奏すると響きがすっと消えて続かない。

 そこで、まずは左のペダルを重いものを乗せて押さえた状態にして、普段よく聴いているレコードをかける。「すっきりした感じになるな・・・音がよく見える・・・でも気分的には盛り上がらない・・・音楽の生気がすっと減退した感じになる」

 今度は逆に右のペダルに重いものを乗せて同じレコードを聴いてみる。すると、音の粒子が黴の胞子のように空間を漂い始めた。音楽の生気がリズミカルに波打つようである。音は交わり手を取り合う。決してばらばらに分離して「我が・・・我が・・・」と自己主張しない。ある意味混濁している・・・

 もちろん後者の方が素晴らしい。当初の思惑とは逆の結果であるが、レコードをかけるときには妻の目を盗んで右のメダルにダンベルを置こう・・・しかし、もし見つかったら「なに、これ!!」と怒られる可能性が高いのが玉に瑕な対策である。

2010/6/27

1566:叡智  

クリックすると元のサイズで表示します

 「四人囃子ってこんなに凄いバンドだったんだ・・・」中学生2年生の頃友人の影響でプログレッシブロックにはまった。YES、KING CRIMZON、GENESISなどのレコードを毎日のように聴いていた。しかし、日本のプログレッシブロックには目もくれなかった。今となっては悔やまれる。

 「カルメン・マキって、こんなに凄いアーチストだったんだ・・・」「時には母のないこのように」のイメージが強力で、あまり突っ込んで聴くことがなかったが、カルメンマキ & OZのライブアルバムを聴いて度肝を抜かれた。激しくしかも情念に溢れたその歌声と演奏に胸が熱くなったのである。

 今日はNaruさんのお宅にお邪魔した。OFF会の大きな楽しみの一つは今まであまり注目していなかった、あるいはまったく知らなかったアーティストの魅力を発見できることである。

 早速「四人囃子」と「カルメン・マキ & OZ」は中古レコードを漁る際の購入候補リストの上位にランクインした。

 使用機器は前回お邪魔した時とまったく変わっていない。しかし、室内の状況は変化している。CDを入れていたラックが室外に出され、レコードラックの配置が左右対称になるように調整されていた。その他音響調整パネルなども微妙な調整が繰り返されたようである。

 室内の音響状況の変化が音に与える影響は、想像以上に大きい。オーディオは半分は部屋の響きを聴いているようなものである。しかし、室内の状況がどのように音に影響を与えるかは複雑怪奇、Naruさんように数十年の経験の積み重ねがないとなかなか思い通りの調整は難しい。

 その根気の要る調整は確かに大きな影響をもたらしているようであった。最初にかけていただいたビル・エバンス・トリオの「アリス・イン・ワンダーランド」を聴いて「変わった・・・」と思った。

 音のエネルギー感や厚みはそのままに、立体的な展開がより広がった。音の表面の手触りがより自然で滑らかになった。良質な天然素材がもつ手触りのように心地良く手に馴染むのである。

 なんだかゆとりを感じさせる鳴りっぷりである・・・第4コーナーを回って直線に入っても、鞭を入れなくてもぐいぐい脚が伸びる・・・そんな鳴りである。

 無理をしていない・・・5.0Lのエンジンが低回転から十分なトルクを発するような乗り味である。もちろんアクセルを踏めば、背中がシートバックにぐいっと押し付けられるような俊足を見せ付けてくれる。

 その音からは長い年月にわたる真摯な調整の膨大な繰り返しの末にたどり着いた「叡智」が感じられるのである。 

2010/6/26

1565:RAMEAU  

 最近、クラシック音楽のなかでも相当古い時代のものを聴く機会が増えた。従前はどちらかというと、バロックやそれ以前の時代の音楽はいささか退屈に感じて、稀にしか聴かなかった。

 しかし、最近は気づくと購入する中古レコードの大半がバロック及びそれよりも古い時代のものになっているのである。相当様変わりした。

 そして、古い時代の音楽に耳が慣れてくると、ロマン派以降の音楽がどうも体質に合わないような気がしてくるから不思議である。

 ロマン派の音楽が重く、べとつく感じがするのである。あっさりした和食ばかりを食していたら、フレンチが胃にもたれるようになった感じであろうか・・・

 最近最も頻繁にLP-12のターンテーブルに載るレコードは、JEAN-PHILIPPE RAMEAUのDARDANUS。演奏はJOHN ELIOT GARDINER指揮ENGLISH BAROQUE SOLOISTS。

クリックすると元のサイズで表示します

 1年以上前なら、このレコードを繰り返し聴くなんてまったく考えられなかったはず。まったく不思議である。人間というものはやはり年齢とともに変化するものなのであろう。

 女性の好みも、聴く音楽の好みが変化してきたのに同調するかのように変化してきた。好みの年齢層が上がってきたのである。

 スウィートスポットが20代後半から30台前半あるいは後半、はたまた40代前半までずずっと上がってきたのである。これは好みの音楽の時代がさかのぼることと関連性があるのであろうか?私はあるような気がするのである・・・

2010/6/25

1564:花蕎好  

 日本漢字能力検定協会から封書が届いた。その封筒には「標準解答在中」と印刷されていた。早速開封して自分の解答と照らし合わせてみた。

 はっきりと間違いと判明したのは5問。配点は1問2点。200点満点で8割以上の正解率で合格であるので、合格に必要な点数は160点である。今のところ190点の予測であるが、漢字の書き取りは、細かなミスでも失点となる。

 はねるべきところがはねていなかったり、飛び出してはいけないところが飛び出していると、失点となるのである。

 何しろ試験中に机の上に置けるものは、筆記用具と消しゴム、そしてルーペと聞いたとき、相当細部に注意を払わないといけないと思った。

 自分の解答をルーペで仔細に検討して、直すべきところをしっかりとチェックしなければいけないほど厳格な採点が行われるようなのである。なので字は分かっていても細部の書き違いによる間違いも幾つかあるはずである。

 しかし、そういったケアレスミスが数問あったとしても、正解率が8割を下回ることはないような気がしている。とりあえず一安心といったところである。

 丁度標準解答を見ていている最中に、携帯にメールが入った。携帯は常にマナ−モードにしている。メールが入った場合には3回振動音がする。

 携帯を見てみると「寧々ちゃん」からのメールであった。「何だろう・・・」急いで開いてみた。

 「先日ゴルフスクールの後に、美味しいお蕎麦屋さんの話で盛り上がりましたが、私のお薦めは「花蕎好」です。瑞穂町では一番美味しいと思っています。新青梅街道と旧青梅街道が交わった少し先にあります。青梅街道に看板が出ていますが、そこから入り込み住宅地の中にぽつんとあるお蕎麦屋さんです。ちょっと分かりづらいのですが、お薦めです。」

 そういえば、先日のゴルフスクールの後の話のなかで多摩エリアにある美味しいお蕎麦屋さんの話になった。私は何軒かお薦めの店を話したが、寧々ちゃんも結構詳しかった。

 「花蕎好か・・・一度探索してみる必要がありそうである。」そこで「良い情報ありがとうございます。近いうちに探索してみます。もし場所が分からなかったら、今度案内してください。」と返信した。

2010/6/24

1563:アメリカンドッグ  

 「アメリカンドッグは、アメリカでも売られているのであろうか?」「単に商品名にすぎず、日本だけのものなのであろうか?」・・・アメリカンドッグを食べるときふと疑問に思うときがある。

 アメリカンドッグはソーセージを串に刺し、その周囲にホットケーキのような「衣」を分厚くまぶし油で揚げたものである。どちらかというと「おやつ」の分類に入るはずであるが、2本ほど食するならば、十分昼食代わりにはなる。

 アメリカンドッグは普通ケチャップとマスタードを2本のラインを描くがごとくたっぷりとつけて食べることが多い。外側のホットケーキのような「衣」の部分は甘く、ソーセージは塩気がある。それにケチャップとマスタードが絡むという結構複雑怪奇な味わいの食べ物である。

 一般的にはその扱いは相当に軽んじられている。コンビニのレジの横やスーパーのファーストフードコーナーでひっそりとたたずんでいることが多いのである。今までにアメリカンドッグの専門店と言うものにお目にかかったことがない。店内で食べると言うよりは、屋外で自然の空気に触れながら食べるものであるようである。

 一番多くアメリカンドッグを食べたのは浪人生の頃であった。近くのスーパーのテイクアウトコーナーに今川焼きやお好み焼きとともにアメリカンドッグが売られていたのである。値段は120円ほどであったろうか・・・

 受験勉強に疲れ気分転換したいときに、さっと自転車に乗り駆けつけるのである。そして1本のアメリカンドッグを手に入れる。

 ケチャップは赤いボトルに、マスタードは黄色いボトルに入ってカウンターにおいてある。温熱器で暖められていたアメリカンドッグの上に赤と黄色のラインを描き、かじりつく。

 かじりつくのは当然一番上の部分である。決して真ん中や下からかじりついてはいけない。鯛焼きが頭からかじりついても、しっぽからかじりついても、どちらでも認められているのに対して、アメリカンドッグは上からかじりつくのがルールとなっている。

 食べきるのにものの数分もかからない。食べ終わるとまた自転車に乗り、我が家へ帰るのである。それだけでも十分に気分転換ができた。そしてまたおもむろに参考書に没頭する。そんな1年間を過ごしたことが今ではとても懐かしい。

2010/6/23

1562:三者択一  

 Mercedes-Benz E350 BLUETECH STATIONWAGON、BMW 530i TOURING、AUDI A6 3.0 ANANTの三つのうちから一つを選ぶことにした。

 この三つのモデルはそれぞれに特徴があり、「これだ!」と抜きん出たモデルはない。E350 BLUETECH STATIONWAGONは、世界でもっともクリーンなディーゼルエンジンを搭載して日本市場につい最近投入されたモデルである。ディーゼルエンジンはその音色がいまひとつ胸のすく感じでないことを差し引いても、その溢れるようなトルクと驚異的な燃費性能は大きな魅力である。

 新しいモデルであるだけに値引きは渋い。しかし、補助金とエコ減税で80万円以上のメリットを享受できる。インテリアの質感やナビゲーションシステムなどは、明らかに質感が落ちる。乗り込んだ時の高級感に関してはもっとも点数が低い。

 530i TOURINGはもう既にドイツ本国ではフルモデルチェンジを済ませた。年末には日本にもNEW MODELが導入される予定である。であるから今のモデルはモデル最末期。大幅な値引きが提示された。

 モデル末期だけに、実に熟成された走りをみせてくれる。クリス・バングル時代のアグレッシブなデザインもまだまだ色あせていない。当初は大きな反発を招いたクリス・バングルのデザインであったが徐々に受け入れられ、この5シリーズは経済的にも大きな利益をBMWにもたらした。

 AUDI A6 3.0 AVANTもモデル末期である。来年のフランクフルトショーで新型が発表される予定である。こちらも値引きは大幅である。

 インテリアの質感やボディ全体の造り込みの精度の高さは一番の高得点。3.0Lの直噴ターボ・エンジンは吹けあがりやパワー感が素晴らしい。多少アクセルやハンドリングが軽すぎる印象があるが、車全体から受け取る高級感は一番ある。

 「どのモデルを選んでも、間違いはない・・・」というのが正直な感想である。しかし、1台を選択する必要がある。そして、出した答えは「E350 BLUETECH STATIONWAGON」である。

 決め手は、そのずば抜けた燃費性能と3台の中で唯一トノカバーを付けたままゆとりで4個のゴルフバッグを飲み込む積載能力である。

 他の2モデルと違い大幅な値引きはないが、補助金+減税で支払額はほぼ同じ。6年間10万キロは走る予定であるので、他の2モデルに比べた場合のガソリン代軽減分は相当な金額になるはずである。

 そして積載能力では結構な差があった。ワゴンモデルに対する各メーカーの考え方の違いが最もよく現れていたと言えるであろう。BMWがもっとも狭い。AUDIはBMWよりも広いが、トノカバーをしたままでは4個のゴルフバッグは積めない。唯一Mercedes-Benzのみがトノカーバーをした状態でゴルフバッグが4個積載できた。

 サインをして、申込金を払った。しかし、相当な売れ行きとのことで、現在ディーラーに在庫はない。8月末に日本に輸入される予定の車を予約したのである。実際の納車は9月の予定である。

2010/6/22

1561:右腰の流れ  

 「右ひじのたたみが良くなりましたね・・・そう、そう、右ひじを支点にテイクバックしてください。ダウンでは右ひじを地面を向けたままクラブを降ろしてくるとプレーンから外れずにインパクトまでスウィングできます・・・」

 鈴木コーチに今日は結構褒められた。先日のラウンドの際に一緒に回った方から「右ひじが荒れると方向性が定まりません・・・」と指摘されてから最重要課題として取り組んでいるのが「右ひじ」である。

 右ひじが常に地面を向いているように注意を払い、右わき腹から離れないようにすると、右腕の不要な力が抜け、スムーズなスウィングが可能である。

 今日のスクールではドライバーを中心に練習した。鈴木コーチは7名のスクール生を一定間隔ごとに回ってくる。そして、そのショットを見ながらアドバイスしていくのである。

 「寧々ちゃん」は私のすぐ前の打席であった。私に背を向ける形となる。なので、その後姿を相手の視線を気にすることなくじっくり眺めることができる。

 背丈はそれほど高いほうではない。恐らく160cmはないであろう。確か年齢は40代前半のはず。その年齢の割には腰周りのたるみがまったくなくすっきりとしている。子供は一人生んでいるが「体型崩壊」は免れているようである。

 友人のSさんは典型的な「体型崩壊」タイプ。いわゆる「くびれ」が皆無で、腹回りは2段ほどのうねりが形成されている。そして高校2年まで本格的にバレエをしていたYさんは実にすっきりとしたプロポーションである。背骨がすっとまっすぐに伸びている。「スレンダー」という表現がまさにぴったりである。40代半ばぐらいと思われるが、体脂肪率は相当に低そうである。

 「寧々ちゃん」のスウィングはゆったりとしている。テイクバックでゆったりと上げてゆき、ややオーバースウィング気味にトップを形成、そこで一呼吸置いてからダウンスウィングに向かうのであるが、その切り替えしが力みなくスムースである。ただし、テイクバックからトップに向かう時に左ひざと右こしが腕につられて右方向に流れてしまうのが欠点である。

 鈴木コーチも「ここでこらえて・・・」とその点を注意していた。脚力が足りないためか上体の動きにつられて下半身がぶれるようである。すると、インパクトでのミート率が悪くなるのである。スウィング全体のリズムは良いだけに、惜しい点である。

 「寧々ちゃん」のお尻の辺りを眺めていたら、ふっと彼女が振り返った。すっと視線をずらし、彼女の目を見た。すると「今日はしかられてばかり・・・」と笑いかけてくれた。

 「でも全体のリズムはゆったりとしていて、とても良いリズムですね・・・宮里藍みたいですよ・・・」とフォローした。「そうですか・・・でも右こしが逃げてしまうんです・・・」とはにかんだ。「下半身ですね。ウォーキングかヒンズースクワットですね・・・スクワット毎日100回やれば、踏ん張れますよ・・・」

 今日も1時間半、良い汗をかいた。ついつい「流れないように腰を手で押さえてますよ・・・」とでも言い出したかったが、もちろんそれは「不可」である。先週メールのやり取りを1度したが、その後はどちらからもメールを送ることはなく、特にこれと言った進展もない。来月の23日に2回目のラウンドの予定が入っている。その際ほんの少しの時間であるがふたりになれる。その貴重な時間に何かが起こるかもしれない。

2010/6/21

1560:漢検2級  

 昨日の日曜日は、「漢検」の受験日であった。場所は国分寺市にある東京経済大学である。国分寺駅からは歩いて15分程度のところにある。

 受けたのは、「2級」である。「2級なら受かるのでは・・・」と当初は思っていた。しかし、実際に勉強を始めてみると「2級」でもなかなか手ごわいことが分かった。

 確か2月であったと思うが、とあるテレビ番組を観ていたらタレントが漢検を受験する番組をやっていた。「準1級」や「1級」という恐ろしく難度が高い検定を受けていたのである。

 その番組を観ながら「そういえば、最近めっきり漢字を手で書くことがなくなったせいか、漢字を思い出せなくなった・・・受けてみようかな・・・」という気になった。

 そして一緒にその番組を観ていた妻に「漢検受けてみない?」と軽いノリできいてみた。すると妻も乗り気になり「準1級」以上は相当レベルが高いので「2級」を受けることにしたのである。

 二人とも漢検用のテキストを購入して、仕事の合間などに少しづつ勉強したのである。しかし、仕事が忙しくなってきて余裕がなくなると途端に先に進まなくなった。

 「こりゃ、無理かな・・・」と思った時期もあったが、どうにかこうにか継続してきた。そして、いよいよ受験本番となった。

 試験時間は1時間。試験官の「はじめ!」の合図で試験は始まった。結構緊張した。こういったベタな感じの試験はずいぶん久し振りであるからだ。

 1時間しっかりと集中した。こんなに集中した1時間は本当に久し振りである。試験が終わった後どっと疲れた。後頭部が重いのである。何時もは使っていない脳の部分を酷使したためであろうか・・・

 しかし、できはまずまずであった。80%以上の正解率で合格である。恐らく90%はできているはずである。合否は40日後に通知される予定である。今から楽しみである。

 東京経済大学からの帰り道、妻と「どうだった・・・」と話し合った。妻はいまいちできがよくなかったようである。二人とも受かっているといいのであるが・・・私だけが受かり、妻が落ちるといまひとつ雰囲気が微妙なものになるかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ